ドローンの仕事は副業でもできる?具体的な職種やメリット・注意点を解説

ドローンの仕事は副業でもできる?具体的な職種やメリット・注意点を解説

近年イベントや映画撮影・個人旅行でも使われ身近になってきたドローンを、実は副業にできるんです。

自分で飛ばして楽しむだけでなく、今までのスキルや経験を活かし、副業にしてお金を稼げたら一石二鳥と言えます。

この記事では、ドローンでできる具体的な副業内容メリットと注意点、さらに副業を探す方法必要なスキルや資格の習得方法を解説します。

この記事を読むとわかること
・ドローン副業内容とメリット
・ドローン副業を探す方法
・ドローン副業する際の注意点
・ドローン副業のために必要な資格とスキル

▼ドローンの仕事に関して詳しく解説した動画▼

ドローンを使用して副業は可能!


ドローンを使用して副業はもちろん可能です。

ドローンの副業内容としては、「パイロットとしてドローンを操縦する」「空撮映像を販売する」「インストラクターとして指導する」といった方法があります。

ドローン業界はどんどん発展していっていますが、その反面まだまだパイロットが不足していて、ドローン自体の知識がある方も少なく、需要に対して供給が少ない分野といえます。

ただし本業の会社が副業を禁止しているなど、企業によっての規定が異なるため、まずはご自身の勤め先の規定を確認してください。

副業でドローンを仕事にするメリットは?


副業でドローンを仕事にするメリットは、以下3つがあります。

ドローン副業でドローンを仕事にするメリット
・ライバルが少ない
・高収入が狙える
・自分の好きを仕事にできる

ドローン業界は、これからまだまだ発展する可能性があるにもかかわらず、パイロットやドローンについての知識や経験者が圧倒的に少ない業界です。

経験や知識が必要なためすぐに参入するのは難しいですが、その反面ライバルが少なく、その他の副業に比べ月に20万円以上の高収入が狙える分野でもあります。

また、そもそもドローンに携わるきっかけは「ドローンを操縦してみたい」「ドローンが好き」という人が多く、好きなことをそのまま副業にできるのも魅力です。

以上のように、ドローンを副業として仕事にすることには、たくさんのメリットがあると言えます。

ドローンで副業をする場合の具体的な仕事例

ドローンで副業をする場合の具体的な仕事例には、以下3つがあります。

どれもまずはドローン操縦の経験と資格が必要ですが、ドローン操縦に慣れていると仕事にできます。

ドローン副業具体的な仕事例
・空撮
・農薬散布
・インストラクター

具体的な内容を紹介していきます。

空撮

空撮とは、光学カメラを搭載したドローンを操縦し、ドローンにしか撮れない角度や高さから対象物を撮影する仕事です。

ドローン業界が発展する前は、特殊機材や飛行機を使用し高いコストを払ってしか空撮はできませんでした。

しかし現在は、ドローンの技術とカメラ性能もますます進化しているため、操縦技術があればいい映像を撮影できます。

空撮は測量と似ていますが、対象物を測る目的の測量に対し、空撮はダイナミックな映像を撮ることを目的としている点が異なります。

現在は人気の副業として、世界では年間1億円以上稼ぐパイロットもいると言われています。

農薬散布

農薬散布とは、農場への農薬や肥料の散布、またはタネの植え付けにドローンを使用する農作業の仕事です。

現在農業業界は、農家の高齢化による深刻な人手不足と、スマート農業を通した効率のいい農業=SDGs目標への取り組みのため、作業の時短化が求められています。

ドローンを利用した農薬散布は人の手で行うよりも圧倒的に効率がよく、また、ムラもなく散布できメリットが多い仕事です。

また農家さんから直接感謝もされ、自分のドローン技術が人の役に立っているという実感を得ることもできます。

インストラクター

インストラクターは、ドローン資格を取得したプロのパイロットのことです。

インストラクターの仕事と言っても、「ドローンスクール講師」「個人でレッスン」「ドローン企業の講師として講演」など、さまざまな種類があります。

またドローンレンタル業者と契約し、初心者に講習するインストラクターもあります。

インストラクターになるには経験と実績に加え資格も必要ですが、講師という誰でもできない副業のため、高収入が狙えると考えられます。

ドローンの副業を探す方法とは?

ドローンの副業を探す方法には、以下4つがあります。

ドローン副業を探す方法
・求人サイト
・クラウドソーシングサービスに登録する
・スキルサービスマーケットに出品する
・ブログやyoutubeを発信しスカウトを待つ

一般的な求人サイトで「ドローン」と検索をかけると、ドローン関連の仕事がたくさん出てきます。

ただし、ドローン求人は他の職種に比べまだまだ求人数が少ないため、まずは大手求人サイトで検索することをおすすめします。

さらにCMでお馴染みのクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」や「ランサーズ」に登録し、自分の自己紹介=ポートフォリオを作成することで、ドローン副業求人依頼を待つことができます。

現在、クラウドソーシングサービスは認知度がかなり向上し有名企業も利用しているので、高額案件に採用される場合も多くあります。

また、「ココナラ」などのスキルマーケットに自分の実績を出品し、依頼を待つこともできます。

スキルマーケットは自分の経験や実績が誰かのニーズになるため、ドローンの操縦技術だけでなく「ドローンについての悩み相談」や「申請方法のレクチャー」など、これまでの経験がすべて副業として成り立ちます。

スキルマーケットも登録は無料のため、自身のできることをすぐに登録することをおすすめします。

ブログやYouTubeを始めることもドローン副業を探す方法です。

自身の知識やスキルを発信できるだけでなく、ブログの文章やYoutube動画には自身の人柄も現れるため、依頼者も頼みやすくなります。

以上のようにドローンの副業を探すには、さまざまな方法がありますが、まずは動き出さないことには始まりません。

インターネットでまずは検索をかけたり、サイト登録するなど、ぜひ具体的な行動してみてください。

ドローン関連の仕事を副業で行う際の注意点

ドローン関連の仕事を副業で行う際の注意点には、以下3つがあります。

ドローン副業する際の注意点
・スキルや資格が必要
・法律やルールを理解する
・すぐに稼げない可能性がある

1つずつ解説します。

スキルや資格が必要

ドローンの副業にはスキルや資格が必要です。

ドローンの知識はもちろんのこと、クライアントの求める仕事内容に適したスキルがなければ依頼の仕事を完了できません。

また、ドローンスクールインストラクターなどは、スクールが規定している講習や資格取得がインストラクターとして働く条件になっている場合があります。

いずれにせよ、募集案件をしっかり確認し、必要なスキルや資格を取得するようにしてください。

法律やルールを理解する

ドローン飛行には、守べき法律やルールが細かく制定されています。

主に「道路交通法」「民法」「小型無人機等飛行禁止法」「自然公園法」「自治体の条例」などが、よく確認しなければいけない法律です。

副業として個人で仕事をするからこそ、自身でもしっかり法律やルールを把握しておかないと、予測しない損害賠償請求などされる可能性もあります。

ドローン副業を始める前に、しっかり法律やルールの勉強も行うようにしてください。

すぐに稼げない可能性がある

ドローン市場はまだまだ発展途上で人手不足とはいえ、副業を始めてすぐに稼げるわけではありません。

まずは採用され実績を積み、雇用主との信頼関係を築いていくことで、単価アップや継続案件が望めます。

また、ドローンは最新機種が毎年アップデートされ、法律やルールも常に変化していくため、継続的な勉強が必要になります。

すぐに副業の稼ぎとして結果は出なくても、努力し勉強したことは自分のスキルにつながるため、焦らず自分に合ったドローン副業を探すようにしてください。

ドローンの副業する際に必要なスキルや資格は?

ドローンの副業する際に必要なスキルや資格で、特に取得しておくとおすすめなのは、以下の2つです。

ドローン副業する際に必要なスキルや資格
・一等無人航空機操縦士
・二等無人航空機操縦士

どちらも2022年12月からスタートした国家資格で、どちらかの資格を取得することで、航空法の規制対象となる無人航空機の飛行=特定飛行のための書類提出の一部申請が省略されるメリットがあります。

さらに一等無人航空機操縦士を取得すると、第三者の上空を目視外かつ補助者なしで飛行することが可能になり、許可申請を出す手間がさらに省けます。

また国家資格を取得していると、ポートフォリオを作り自身の実績をアピールする上でもかなりの高ポイントになり、他社との差別化ができ採用されやすくなるメリットもあります。

ドローンでの副業を目指す場合は、ぜひこの2種類の国家資格取得も考えてみてください。

まとめ

ドローンの仕事は副業として、とてもおすすめです。

仕事内容は主に「インストラクター」「空撮」「農薬散布」など、さまざまな種類があります。

もちろん経験やスキルが必要で、できれば一等無人航空機操縦士か二等無人航空機操縦士の国家資格取得が望ましいですが、ライバルも少なく人手不足の業界のため高収入が狙える副業です。

副業の探し方も、求人サイトで検索・クラウドソーシングやスキルサービスマーケットへの登録など色々な方法があり、求人のチャンスもたくさんあります。

ぜひこの記事を参考に、自身に合うドローン副業を探してみてください。

関連記事

  1. JUIDA認定資格の申請方法は?認定証の手続きや申請にかかる費用を解説

  2. ドローン関連の仕事の求人情報はどこで探す?求人サイトおすすめ5選!

    ドローン関連の仕事の求人情報はどこで探す?求人サイトおすすめ5選!

  3. 【HolyStone HS720シリーズ】4Kカメラ搭載ミニドローンのスペックまとめ

  4. HS210Proの画像

    【HolyStone HS210シリーズ】多機能ミニドローンのスペックまとめ

  5. JUIDAでドローンの操縦技能証明証を取得するメリットは?

  6. ドローンを仕事に!必要なスキルやドローンビジネスの将来性を解説!

おすすめのドローンスクールはこちら
無料説明会はこちらから
おすすめのドローンスクールはこちら
無料説明会はこちらから