JUIDAでドローンの操縦技能証明証を取得するメリットは?

近年ドローンの注目が高まっており、2022年12月には国家資格もスタートしました。

それまでドローンの資格と言えば民間資格のみで、その中でも有名な資格がJUIDAの「操縦技能証明証」です。

実はドローンを操縦する上で、資格は必ずしも必要なものではありません。

しかし操縦技能証明証を取得すると、様々なメリットがあるんです。

その一つが、他の民間資格では得ることのできない、ドローンに関する専門的知識が得られることです。

今後ドローンの操縦を仕事にしたいと考えている企業や個人の方、ドローンのどの資格を取得するか悩まれている方は参考にしてください。

JUIDAの「操縦技能証明証」とは?

JUIDAの正式名称は「一般社団法人日本UAS産業振興協議会」と言い、日本のドローン産業発展に向けて2014年に発足しました。

そのJUIDAが認定している民間資格の操縦技能証明証は、「ドローンを安全に飛行できる知識と、操縦できる技術を持った者である」という証明書です。

専門のスクールにて航空機概論、法規制やルールなどの座学と、実際にドローンを用いたホバリングや水平移動などの実技講習を受けます。

座学と実技をすべて受講後、試験に合格することで操縦技能証明証を取得できます。

ドローン業界に新規参入を考えている企業や団体が、安心して参入できるよう体制を整えている協議会です。

そのJUIDAが認定している証明書なので、ドローン操縦者として一定の能力があると証明できます。

JUIDAの「安全運行管理者証明証」とは?

JUIDAの認定資格である安全運行管理者証明証とは、JUIDAが認定しているドローンスクールで取得できる資格です。

座学講義を受講後に筆記試験に合格すると、ドローンを十分安全に運航できる法律の知識や、飛行業務を安全に管理できる者であることが証明された「安全運行管理者証明書」を取得できます。

安全運行管理者証明証を取得するには、操縦技能証明の受講している必要があります。

安全運行管理者証明証のみの資格取得はできないので注意してください。

JUIDAでドローンの認定資格を取得するメリット

認定資格を取得するメリットは、業務としてドローンを飛ばす際に、安心安全にできるようになることです。

安全運航管理者証明の講義では、「安全」に対する知識や飛行においての安全管理など、演習を通して習得できます。

その他にもドローン操縦に関する正しい知識やスキルの取得、国家資格取得時の講習時間の減免や費用の割引など様々なメリットがあります。

それぞれ詳しくご紹介します。

ドローン操縦のスキルや正しい知識が得られる

JUIDAの資格である操縦技術証明証を取得するためには、大きく3つに分けて下記の内容を受講します。

  1. 安全運航管理の意義
  2. 無人航空機に関わるリスク
  3. リスクに対する安全管理の手法

それぞれの項目に対し、より掘り下げた内容の座学と実技を受講し、最後の試験に合格することで証明書が取得可能です。

認定資格ではあまり知識に関する講習はないため、JUIDA操縦技術証明証は知識を得たという技能証明にも役立ちます。

ドローンを業務として使用する際、JUIDAの操縦技術証明証は、操縦士・安全運行管理者の観点から見てとても有名な証明書です。

そのためこの資格を取得しているだけで、業務として仕事を受けやすいというメリットもあります。

国家資格取得時に講習時間の減免が受けられる

JUIDAの資格である操縦技術証明証を取得していると、国家資格取得時の講習時間が大幅に減免されます。

具体的には以下のようになります。

ライセンス 区分 学科 実地 合計
一等 初心者 18時間 57時間 75時間
経験者 9時間 15時間 24時間
二等 初心者 10時間 12時間 22時間
経験者 4時間 3時間 7時間

引用元:国土交通省

JUIDAの操縦技術証明証を取得している場合、一等・二等ともに経験者に該当します。

そのため講習時間は二等で15時間、一等では51時間も減免されます。

JUIDAの操縦技術証明証は最短2日間から取得できる民間資格のため、総合的に考えても短い時間で国家資格免許が取得できます。

ドローンの国家資格免許の講習費用の割引が期待できる

ドローンの国家資格免許は、登録講習機関での講習が一般的です。

登録講習機関とは、自動車免許を取得するときに利用する自動車学校と同様です。

自動車免許の場合、民間の自動車学校で実地と学科の講習をし、免許センターで試験を受けて合格することで免許取得ができます。

対してドローンの国家資格免許の場合、民間の登録講習機関で学科講習を受けます。

その後オンラインの学科試験に合格すると、学科講習と同様に民間の登録講習機関で、実地講習と実地試験が必要です。

操縦技術証明証を取得している場合は、国家資格免許を取得するための講習時間が最大で51時間と大幅に減ります。そのため講習時間が減免した分の費用は払う必要はなく、金額も大きく割引されることが期待できます

操縦技能証明証の取得にかかる費用

操縦技能証明証を取得するためにかかる費用は、スクールのカリキュラムによって費用が異なります。

JUIDA認定校は全国各地にありますが、その中から3つピックアップし料金やスケジュールなどを比較しました。

スクール名 ドローンスクール
株式会社エムズワークス
ドローンスクール
株式会社フカデン
日本ドローンアカデミー
コース名 操縦技能コース+安全運航管理者コース JUIDA操縦技能コース・JUIDA安全運航管理者コース ドローン操縦士+安全運航管理者コース
スケジュール
(受講日程)
座学1.5日間
実技1.5日間
座学2日間
実技2日間
座学2日間<
実技3日間
費用(税込み) 220,000円 275,000円 297,000円

どのスクールも無人航空機操縦技能証明証・無人航空機安全運航管理者証明証の申請費用は別途かかります。

全体的に受講日数が増えるに従い、金額も増える傾向にあります。

宿泊が必要な場合や交通費は含まれないため、注意してください。

操縦技能証明証の申請方法

操縦技能証明証を申請するにはまず、JUIDA認定スクールで講習を受講後、試験を受け合格する必要があります。

合格した場合、JUIDA個人会員に入会してください。

個人会員には準会員と正会員があります。

JUIDAの議会における議決権が必要な場合は正会員ですが、特に理由がなければ準会員で問題ありません。

JUIDA個人会員は準会員の場合、入会金と年会費が必要です。

入会金はJUIDAスクール受講生の場合免除となるため、年会費は最大5,000円になります。

初年度の年会費は入会申請日により金額が変動するため注意してください。

JUIDA個人会員への入会が完了したら、証明書申請に必要な書類を用意し、JUIDAの申請ページから申請します。

JUIDAにて入金を確認後、申請の翌々月初日に交付、その後JUIDAから証明証とグッズが送付されます。

送られてくるグッズは、ピンバッジ(ケース付き)・証明書2通(操縦技能、安全運航管理者)・証明カード2枚(操縦技能、安全運航管理者)・手帳です。

操縦技能証明証の申請にかかる費用

操縦技能証明証は合格後、証明書を申請することで後日証明書が送られます。

証明書申請にかかる費用を詳しく解説します。

名称 金額
操縦技能証明証+安全運行管理者証明証
スクール費用
20~30万
JUIDA会員費用 5,000円
操縦技能証明証申請費(税込み) 22,000円
安全運行管理者証明証申請費(税込み) 16,500円

スクールやコースによって金額は異なりますが、おおよそ25〜35万円前後になると考えておきましょう。

ちなみに安全運行管理者証明証の申請のみであれば、受講から申請まで全てを入れても7〜12万円前後で済みます。

既に操縦技能証明証を取得している場合は別々の取得となりますが、一般的にはセットで取得する方が多くなっています。

JUIDAの操縦技能証明証に関する良くある質問

JUIDAの操縦技能証明証に関する良くある質問とその解答を解説します。

JUIDAの操縦技能証明証の受講に年齢制限はありますか?

JUIDAの操縦技能証明証の受講の年齢制限はあります。

  • 操縦技能証明証:16歳以上
  • 安全運航管理者証明証:18歳以上

また、未成年者の申請の場合「親権者同意書」及び「親権者との続柄が記載された住民票」の提出が必要です。

安全運航管理者コースだけの受講はできますか?

安全運航管理者証明証は操縦技能証明証を取得していることが前提です。

そのため、操縦技能コースを修了していない場合は安全運航管理者コースを受講できません。

同時に受講できるカリキュラムもあります。

航空法による飛行禁止の場所でなければ、ドローンを飛ばすことは可能ですか?

航空法による飛行禁止されていない場所でも、飛行して良い場所と飛行してはいけない場所があります。

航空法で制限されていない場所であっても

  • 他人の土地建物の上空(民法)
  • 公園(各県市町村の条例)
  • 河原(河川法の制限)

と、場所によってそれぞれ制限があります。

使用したい場所に該当する関係先に、事前に確認しましょう。

まとめ

JUIDAでドローンの操縦技能証明証を取得するメリットは、ドローン操縦のスキルや正しい知識が得られることにあります。
また、国家資格取得時に講習時間が大幅に減免されることも。
そのためドローンの国家資格免許の講習費用の割引が期待できますし、短い時間で取得することも可能です。

操縦技能証明証を持っていた場合、持っていない人と比べると国家資格取得時の講習時間は一等ライセンスでは51時間も減免されます。
操縦技能証明証は最短2日間で取得できますし、国家資格を初心者で取得する場合の講習の金額を考えてみても、大変お得ではないでしょうか。
JUIDAの操縦技能証明証は、ドローンの民間資格としては有名なものでもあり、業務として仕事を受けやすいというメリットもあります。
今後仕事としてドローンの使用を考えている方は、この機会にJUIDAの操縦技能証明証を取得してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 【HolyStone HS720シリーズ】4Kカメラ搭載ミニドローンのスペックまとめ

  2. Holy Stoneのアプリを紹介!設定やダウンロード方法を解説

  3. Holy Stoneってどんなドローンメーカー?概要や特徴を解説

  4. JUIDA認定スクールとは?ドローンスクールの料金相場や選ぶ際のポイントを解説

  5. JUIDAの資格が失効する条件とは?失効の条件や再発行の手順を詳しく解説

  6. Holy stone製ドローンの取扱説明書・操作マニュアルまとめ

お得なキャッシュバック情報はLINEから!
友達追加はこちら
お得なキャッシュバック情報はLINEから
友達追加はこちら