DRONE SCHOOL PORTAL https://www.cfctoday.org 日本最大級のドローン資格・免許専門サイト Fri, 07 Jun 2024 18:35:13 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=6.1.6 https://www.cfctoday.org/wp-content/uploads/2022/03/cropped-shutterstock_593653172-scaled-1-32x32.jpg DRONE SCHOOL PORTAL https://www.cfctoday.org 32 32 ドローンショーとは?仕組み・事例・おすすめの会社を徹底解説! https://www.cfctoday.org/column/drone-show/ Fri, 07 Jun 2024 04:19:04 +0000 https://www.cfctoday.org/?p=9686 最近ではドローンを使って空撮ができるようになり、時代を追うごとにドローンは進化し、新たなモデルが登場しています。

ドローンに興味を持った方の中には、ドローンショーという言葉を聞いたことがあると思いますが、どのような内容か知らない人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ドローンショーの概要や仕組み、事例を紹介します。

ドローンショーを開催するためには発案から開催まで長い期間がかかるため、スケジュールを決めて計画を立てるようにしましょう。

╲ドローンショーに興味があるなら聞こう╱
ドローンショーのお問い合わせはこちら

【本記事でわかること】
・ドローンショーの概要
・ドローンショーの仕組み
・ドローンショーで使われているドローンの種類
・ドローンショーでかかる費用の内訳
・ドローンショーを開催する手順
・ドローンショーを頼む際に気を付けること
・ドローンショーを頼む際におすすめの会社

▼ドローンショーを徹底解説した動画はこちら▼

ドローンショーとは?

ドローンショーは、複数のドローンを飛ばし、様々な演出をすることで技術やアイデアをアピールするイベントです。

ドローンはカメラ以外にLEDライトも搭載でき、それぞれの機体を操作してイルミネーションや花火などのテーマを演出します。

また、LEDライトは色鮮やかなカラーを出せるため、ドローンに搭載することでコンセプトに合わせた演出を上空に描け、遠くからアピールするには最適です。

人間の代わりにLEDライトを搭載したドローンが上空に花や動物などの模様を演出するため、ドローンショーは最先端のエンターテイメントとして注目されています。

ドローンショーの予定に関して知りたい方はこちらのサイトをご覧ください。

ドローンショーの仕組み

東京オリンピックの開会式では、1824台にも及ぶintel(インテル)製の「PREMIUM DRONES」が空中に様々な模様やデザインを映し出しました。

ドローンショーはこのようにドローンを使った演出をすることで、参加者のアイデアや技術をアピールする場を設けています

また、ドローンは人が乗らないことから事故を起こすリスクがなく、コンピューター制御ができるため安全な操縦が可能です。

ドローンショーの仕組みはパイロットが対応しますが、作業は無線で制御するだけなのでシンプルになります。

ちなみにパイロットは、ドローンが正常にGPSを受信しているかをチェックし、同時にバッテリーレベルもチェックして途中でバッテリーが切れないようにすることが必要です。

また、ドローンの動きは専用のアルゴリズムを使ったプログラムを作成し、本番では最適な配置ができるように準備してからドローンを飛行させるという流れになっています。

ドローンショーではどんなドローンが使われている?

ドローンショーに欠かせないドローンですが、何種類の機体があるのか実はあまり知られていません。

【ドローンショーで使われているドローンの種類】
・intel社『Shooting Star』
・国産ドローンショー専用機『unika』
・ドローンショー特化型専用機『TAKE』
・大幅な進化を遂げたドローンショー専用機『EMO』

そこでここでは、ドローンショーで実際に使われているドローンの種類と特徴などを詳しく解説します。

intel社『Shooting Star』

intel社『Shooting Star』の画像

出典:intel社

インテルが開発・製造するドローンショー専用機『Shooting Star』は、エンターテイメント性の高い小型軽量ドローンです。

インテルでは、この機体を「空飛ぶコンピュータ」と表現しており、従来のドローンとは異なる特徴を持っています。

【intel社『Shooting Star』の性能・特徴】
・持ち運びや輸送が容易な小型軽量設計
・高輝度LED搭載
・インテル独自のソフトウェア
・衝突回避システム

2021年東京オリンピック開会式では、1824台のShooting Starが使用され、ギネス記録にも認定されました。

2024年4月現在、Shooting Starは一般販売されていませんが、その技術力はドローンショーの未来を大きく変える可能性を秘めています。

国産ドローンショー専用機『unika』

株式会社ドローンショー・ジャパンが開発した日本初のドローンショー専用機「unika」は、「UNIVERSE」や「UNITE」といった「統合」を意味する言葉と、金沢の頭文字を組み合わせた名称です。

親しみやすい丸みを帯びたデザインで、ドローンへの愛着を深めることを目指しています。

また、国産ドローンショー専用機『unika』は次のような性能や特徴を持っています。

【『unika』の性能・特徴】
・空力に優れた流線型のボディによる、従来機と比べて約3分の1の軽量化
・透明なボディによりLEDの拡散性を高め、鮮明な光のパフォーマンスを可能に
・3系統の通信方式を採用し、安定した飛行と安全性を確保
・『GPS RTKシステム』による、従来比約10倍の精密な飛行

2023年12月時点で、unikaは日本国内で唯一開発されたドローンショー専用機です。

株式会社ドローンショー・ジャパンの公式YouTubeチャンネルでは、unikaに関する詳細な解説動画が公開されていますので、ぜひご覧ください。

ドローンショー特化型専用機『TAKE』

株式会社レッドクリフが販売する屋外ドローンショー専用機「TAKE DRONE」は、従来のドローンとは異なる性能と特徴を備えています。

ドローンショー特化型専用機『TAKE』は、次のような性能や特徴を持っています。

【『TAKE』の性能・特徴】
・700機規模のショーで実際に使用された実績
・RTK技術による正確な飛行を実現
・多彩な動きや発光パターンで、表現力豊かな演出が可能
・軽量ボディと風・寒さへの強さで安全性を確保
・コンパクトに折り畳めるため持ち運びや収納も容易

TAKE DRONEは、ドローンショーの可能性を広げる機体として注目されています。

株式会社レッドクリフは、TAKE DRONEの販売に加え、10日間の講習付きパッケージを提供しています。

また、ドローンショーを新規事業として検討する企業や団体向けに、飛行までのサポートを行います。

予算に合わせて、新品だけでなくメンテナンス済みの機体も用意しているので、費用を抑えながらドローンを購入したい方は株式会社レッドクリフにお問い合わせしましょう。

大幅な進化を遂げたドローンショー専用機『EMO』

株式会社レッドクリフは、ドローンショーの新たな可能性を切り拓く専用機体「EMO」を開発し、幕張メッセで開催された「Inter BEE 2022」で発表しました。

EMOは、従来のドローンショー用機体よりも進化した性能と安全性を兼ね備え、ドローンショーの表現力を新たな次元へと引き上げます。

ドローンショー専用機『EMO』は、従来機種から大幅な進化を遂げ、次のような性能や特徴を持っています。

【『EMO』の性能・特徴】
・ドット抜けゼロを実現する自動再配置システム
・長時間飛行を可能にする高性能バッテリー
・繊細な表現を可能にする高輝度LEDライト
・風圧抵抗強化とプロペラガード標準搭載

これらの改良により、EMOはドローンショーの表現力と安全性を飛躍的に向上させ、より鮮明で美しいショーの実現に成功しています。

EMOの詳細については、株式会社レッドクリフの公式YouTubeチャンネルで公開されている解説動画をご覧ください

ドローンショーの費用


ドローンショーの費用はドローンの台数や演出方法で変わってきますが、東京オリンピック2020の開会式の場合は、推定で1億2,000万円の費用がかかっています。

ただし、新規のドローンショーにかかる費用の内訳は多くの項目があり、同じ要望でも業者によって提示される金額が大きく異なります。

ドローンショーにかかる費用の内訳は、次の通りです。

・アニメーション制作費
・進行管理費
・現場視察費
・現場運営費
・リハーサル費
・各種保険
・許認可申請費

このため、ドローンショーの演出はすぐに終わりますが、アニメーションの制作や人件費など多くの費用がかかるため予想以上に高額な費用がかかります。

ちなみに、100台規模のドローンショーの場合は、業界最安値でおよそ500万円ですが、依頼先によって変動します。

ドローンショーは本番前に場所を確保するため現場を視察し、関係者と打ち合わせてから許可をもらうことが必要です。

また、航空法にもとづく許可を受けてからドローンを飛ばせる場所を確保し、その後アニメーション制作をして完成後にリハーサルします。

ドローンショーにかかる費用は依頼する業者によって異なるため、複数の見積もりを比較してから選ぶことが大事です。

ドローンショーの事例紹介

東京オリンピック2020の開会式の画像出典:ITmedia

ドローンショーの事例で多くの人が印象に残っているイベントは、ドローンを用いたチームのロゴや花火などの演出が行われた東京オリンピック2020の開会式だと思います。

東京オリンピック2020は世界各国から選手が集まり、1824台のドローンが使われ総額1億2,000万円の費用をかけた素晴らしい演出で、人々を勇気付けたショーを開催しました。

出典:PR TIMES

最近では「5Gドローンショー」が金沢城公園で行われ、国の重要文化財に指定された施設を含むエリアで、梅鉢紋や金箔など金沢らしいアニメーションを実施しました。

このアニメーションをバックに金沢城がライトアップされ、集まった観客から多くの歓声や拍手が上がりました。

2022年2月25日には株式会社テレシーが川崎競馬場で「テレシードローンショーin川崎競馬場」を開催し、300機のドローンを使ったイベントを開催しました。

このショーの特徴は、広告とのコラボレーションで、企業ロゴやQRコード、キャンペーン用のハッシュタグが夜空に表示されています。

また、ドローンショーと広告とのコラボレーションは日本初の事例で、アニメーションは上空100メートルに表示され遠くにいる観客にも見えやすいため、高い集客効果が期待できます。

ドローンショーを実施する流れ

新規にドローンショーを実施するためには様々な工程があり、お問い合わせからドローンショー開催まで3ヶ月程度かかります

株式会社ドローンショーの案件お問い合わせの画像出典:株式会社ドローンショー「案件問い合わせ」

まず、ドローンショーを実施する前に場所やアニメーションの内容を決め、業者に問い合わせてからスタートします。

その後、初回のミーティングで利用者と業者の間で情報を共有し、担当者同士が納得できるようにイベント内容を話し合います。

次に、ロケハンで現場に足を運んでから環境を調査してから、ドローンを飛ばせる条件を満たしているか確かめて結果を報告する流れです。

ロケハンの結果に納得したあとは、キックオフミーティングがあり、イベントまでの詳しい業務フローを決めます。

次に、アニメーションを制作しますが、一からアニメーションを作成すると約1ヶ月程度の時間が必要です。

また、ドローンを使うためには航空局への申請が必要で、飛行許可をもらうまで2週間程度かかります。

航空局の許可がおりたあとは練習場でテストフライトして、問題がなければ現場に移動し再び確認する流れです。

最後にリハーサルを実施してから、実際のイベントのスケジュールと同様の工程で練習し、改善すべき点があれば修正します。

以上のように、ドローンショーはイベントの実行を決めてからイベント当日までには時間がかかり、日程が決まった後は集客する必要があります

ドローンショーを実施するまでは様々な工程と、多くの時間を要することを覚えておきましょう。

ドローンショーを頼む前に注意すべき点

新規にドローンショーを開催するためには事前にルールを理解し、違反をせず周囲の迷惑にならないようにすることが重要です。

ドローンを使うときは航空法にもとづいてイベントを開催する必要があり、基本的にイベントや催し物などではドローンの使用が禁止されているため事前に許可を受ける必要があります

ドローンショーは規模が大きいと観客が増えるため、日時や場所を事前に案内し、周囲の迷惑にならないようにしないといけません。

また、新規にドローンショーを開催すると業者との打ち合わせで時間がかかるため、余裕を持ってスケジュールを決めることが重要です。

多くのドローンを使う場合は、バッテリーレベルを確かめ、途中で切れて墜落すると事故につながるおそれもあります。

このため、当日にはドローンのバッテリーレベルを確かめ、GPS任せにしないようにしないといけません。

場所の決め方は私有地では許可されていないため、国土交通省の許可を受けて時間を厳守する必要があります。

最近ではイベント中にドローンが落下して怪我人が出たため、飛行の高さに合わせて立入禁止区画が設定されています。

このため、ドローンショーを開催するときは立入禁止区画に第三者が入らないよう補助員を配置し、安全を確保してからイベントを実施することが大事です。

ドローンショーを頼むならどの会社がおすすめ?

株式会社ドローンショーの画像出典:株式会社ドローンショー

ドローンショーを頼むなら、金沢城公園で5Gドローンショーを開催した「株式会社ドローンショー」がおすすめです。

株式会社ドローンショーは2020年4月に設立された新しい会社ですが、近年では新潟の地酒と夜空のショーイベントを開催しました。

また、低コストで高いクオリティを実現しているため、他社よりも安くて満足できるサービスを提供しています。

株式会社レッドクリフの画像出典:株式会社レッドクリフ

一方で、国内最大500機のドローンショー運営会社である「株式会社レッドクリフ」は、日本国内における本格的な運営会社になりますが、ドローンは海外の業者が先行していることが現状です。

また、株式会社レッドクリフは日本最大のドローンショー運営企業で、ドローンショーを日常のエンターテイメントとして定着させることをコンセプトにしています。

株式会社レッドクリフが行うイベントは、目的に合わせて選べるメリットがあり、屋外イベント、オープニング・記念イベント、スポーツイベント、花火大会が人気です。

100機を使った2Dアニメーションのドローンショーは、800万円からの料金になりますが3Dと比べると物足りなく感じます。

次に、ドローンを300機に増やせば3Dアニメーションになり、2000万円と高額になりますが、遠くからでもロゴやアニメーションが立体的に見えるため観客にアピールしやすいという大きなメリットがあります。

このように、新規にドローンショーを開催したいと考えるなら会社の選び方が重要で、かかる費用だけでなく実績を確かめて決める必要があります。

ドローンショーの開催を計画している人は、各ドローンショー運営会社の見積もりをもらい、費用と担当者で契約する会社を決めましょう。

╲ドローンショーに興味があるなら聞こう╱
ドローンショーのお問い合わせはこちら

]]>
【2024年最新情報】ドローンショー開催予定まとめ https://www.cfctoday.org/column/drone-show-schedule/ Tue, 04 Jun 2024 10:24:38 +0000 https://www.cfctoday.org/?p=15873 2024年のドローンショーイベント情報を求めている方は必見です!「ドローンショーを観たい!」「今日、近所で開催されているドローンショーは?」といった疑問をお持ちの方のために、2024年に開催予定のドローンショーイベント情報をまとめました。

関東や関西など日本国内で開催されるイベントはもちろん、世界各地で開催されるドローンショー、ドローンアート、ドローンイルミネーションなど、ここでしか得られない情報もまとめています。

ドローンショーの開催日や場所、イベント概要などの情報は随時更新・追加していきますので、お住まいの地域で開催されるドローンショーや、気になるイベントを見つけて、ぜひ足を運んでみてください。

╲ドローンショーに興味があるなら聞こう╱
ドローンショーのお問い合わせはこちら

【本記事でわかること】
・2024年に開催予定のドローンショーの概要や日程、開催場所など

▼ドローンショーを徹底解説した動画はこちら▼

 

【ベトナムで2024年6月1日~9月2日に開催】Light to Sky Festival

ベトナムのホイアン市にあるホイアン・メモリーズランドでは、6月1日から9月2日まで「Light to Sky Festival」でドローンショーが開催されます。

本ドローンショーでは、歴史あるホイアンの風景を空に描き出し、訪れる観光客を魅了するイベントが予定されています。

イベント名 Light to Sky Festival
日程 2024年6月1日~9月2日毎晩午後6時半から7時半の1時間
会場 ホイアン・メモリーズランド(Hoi An Memories Land)
主催
ドローンショー担当企業
ドローン機体数
SNS

今回のイベントでは、観光誘致を目的とした、ホイアンでのドローンショーは今回が初の試みとなります。

主催者によると、イベント期間中は毎晩午後6時半から7時半までの1時間、ドローンショーが開催される予定となっています。

また観光客は、各自の願いや祈りを込めて、LEDスカイランタンを空に飛ばせるイベントも開催予定です。

ドローンショーの演目は日替わりで、ホイアン滞在中に毎晩異なるショーを楽しめます。

さらに、15~18世紀に栄えた大越国時代のホイアンの歴史と発展を描いた約1時間のショーも同期間中に開催されるため、是非本ドローンショーを見に行ってほしいと思います。

終了:【神奈川県横浜市で2024年6月2日に開催】第43回 横浜開港祭

国内最大級のドローンショーを企画・運営する株式会社レッドクリフは、2024年6月2日に横浜市臨港パークで開催の「第43回 横浜開港祭」で、過去最大規模となる1000機のドローンによるショーを実施しました。

イベント名 第43回 横浜開港祭
日程 2024年6月2日(日)20:00〜20:20頃の約20分間
会場 臨港パーク(横浜市西区みなとみらい1
主催 株式会社レッドクリフ
ドローンショー担当企業 株式会社レッドクリフ
ドローン機体数 1,000機
SNS Instagram:https://www.instagram.com/redcliff_drone/
X(旧Twitter):https://twitter.com/redcliff_drone
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCEX4sV_UZGkcaKLz_Xawbhg
TikTok:https://www.tiktok.com/@redcliff_drone

2022年の前回開催時には、横浜開港祭史上初の試みとして500機のドローンショーを披露し、SNSでも話題となりました。

今回は、前回の2倍となる1000機のドローンを使用することで、表現力とスケールを大幅に向上させ、20分間にわたる壮大なショーを実現しています。

また、開港記念日を祝うテーマのもと、LED搭載のドローンが「クジラ」や「イルカ」などの海の生き物や船といった、港町・横浜にちなんだアニメーションが夜空を彩りました。

ここからは、SNSに投稿された「第43回 横浜開港祭」に対しての反応を紹介します。


こちらの投稿では、第43回 横浜開港祭で実施されたドローンショーの様子を画像や動画付きでツイートしています。

ツイートに添付されている動画からは、ドローンによる様々なアニメーション演出が行われるたびに「凄くね!」「ヤバい!かわいい!」「みなとみらいだ!」など観客からの大きな歓声が上がり、盛り上がっているのが分かります。

横浜開港祭は、1981年から続く横浜港開港を祝う市民祭です。歴史と伝統を大切にしながら、新たな要素を取り入れ、SDGsの目標達成にも貢献するイベントとして進化を続けています。

今回もドローンショーを採用した背景には、環境への配慮が挙げられ、技術と芸術が融合した新しいエンターテインメントとして、持続可能な社会の実現に貢献します。

本ドローンショーは、横浜ハンマーヘッドパーク方面の上空150m、横幅200mの範囲で展開され、無料で鑑賞可能です。

神奈川県で開催された『第43回 横浜開港祭』では、1,000機による壮大なドローンショーを演出し、訪れた人々に忘れられない感動体験を提供しました。

終了:【千葉県浦安市で2024年6月5日に開催】THE FANTASY BEGINS

東京ディズニーシーに誕生する8番目の新テーマポート「ファンタジースプリングス」は、6月6日(木)にいよいよグランドオープンを迎えます。

その前夜、6月5日(水)には、開業を祝う特別なライブ配信イベント「THE FANTASY BEGINS」が開催されます。

イベント名 THE FANTASY BEGINS
日程 6月5日(水)午後8時30分頃〜※開始時刻は変動する可能性があります
会場 ディズニー内「ファンタジースプリングス
主催 株式会社オリエンタルランド
ドローンショー担当企業 不明(調査中です)
ドローン機体数 1,000機
SNS YouTube:https://www.youtube.com/user/TDRofficialchannel
Instagram:https://www.instagram.com/tokyodisneyresort_official/
X(旧Twitter):https://x.com/TDR_PR
TikTok:https://www.tiktok.com/@tdr_pr

ファンタジースプリングスを舞台にしたこの一夜限りのイベントでは、東京ディズニーリゾート初となる1,000機のドローンによる壮大な演出や、ディズニーの仲間たち、キャストによるパフォーマンスが繰り広げられます。(※一部の演出は事前収録となります。)

ゲストの皆様の心に眠るファンタジーを呼び覚まし、ファンタジースプリングスでの新たな物語の幕開けを祝うこの特別な瞬間は、上記の東京ディズニーリゾート公式YouTubeチャンネルでライブ配信されます。

また、当日はフジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」でも東京ディズニーリゾート特集が放送され、イベントの様子がライブ中継される予定です。


X(旧Twitter)では、THE FANTASY BEGINSが開催される前から、「ドローン1,000機楽しみ!」「ドローン1,000機ってすごい!」などドローンショーに対して盛り上がりを見せるコメントが多数確認できました。

【京都府京都市で2024年6月13日~15日に開催】重要文化財・平安神宮初『京都競馬場Presents 馬宴2024 宝塚記念ドローンショー in 平安神宮』

国内で唯一、ドローンショー専用機「unika」を自社開発・製造し、ドローンショー実績国内トップを誇る株式会社ドローンショー・ジャパンは、JRA京都競馬場が主催する『京都競馬場Presents 馬宴2024 宝塚記念ドローンショー in 平安神宮』において、ドローンショーの演出を担当します。

イベント名 京都競馬場Presents 馬宴2024 宝塚記念ドローンショー in 平安神宮
日程 6月13日(木)~15日(土)1回目19:30〜/2回目20:45〜(各回10分)※雨天または強風の場合、ドローンショーの開始時間の変更または公演を中止する場合があります。公演の中止に関しては、京都競馬場公式X、Instagramにてお知らせします。
会場 岡崎公園(京都市左京区岡崎最勝寺町他
應天門ライトアップ:平安神宮(京都市左京区岡崎西天王町97)※京都市営地下鉄東西線「東山駅」下車、1番出口より徒歩10分
主催 JRA京都競馬場
ドローンショー担当企業 株式会社ドローンショー・ジャパン
ドローン機体数 500機
SNS YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCpNLQLbDRyvucfGWbPoVFTg
Instagram:https://www.instagram.com/droneshowjp/reel/C6sQ2ZYvZOY/
X(旧Twitter):https://x.com/droneshowjp
Facebook:https://www.facebook.com/droneshowjp/?locale=ja_JP

京都を象徴する歴史的建造物・平安神宮を舞台に、ライトアップされた應天門から500機のドローンが夜空に舞い上がり、光のアートを繰り広げます。

10分間のショーでは、馬の蹄から疾走する馬、そしてペガサスへと変化する様子や、スイカ、麦わら帽子、花火といった夏らしいモチーフがドローンによって描かれます。

観覧エリアは平安神宮に隣接する岡崎公園に設置され、どなたでも無料でご覧いただけます。

また、X(旧Twitter)では、宝塚記念ドローンショー in 平安神宮に対してイベント開催前から多くのコメントが寄せられていました。


こちらの投稿では、「宝塚記念よりもドローンショーの方が気になってしまう」というコメントがつぶやかれていました。

今回のドローンショーは、重要文化財・平安神宮初となるので、開催前から多くの期待が寄せられているようです。


こちらの投稿では、ドローンショー開催予定日よりも前から「絶対行く!」というコメントがツイートされていました。

宝塚記念ドローンショー in 平安神宮は、国内実績豊富で有名なドローンショーも担当してきた『株式会社ドローンショー・ジャパン』が担当するということもあり、イベント開催前に楽しみにしている人が多いことが分かります。

ファン投票で出走馬が決まる宝塚記念は、今年は阪神競馬場のリフレッシュ工事のため、6月23日(日)に京都競馬場で開催されます。

この特別なレースを祝し、壮大なドローンショーが京都の夏の夜を彩ります。

【石川県金沢市で2024年7月6日・7月20日に開催】Summer Night Stadium 2024

ツエーゲン金沢は、7月6日(土)AC長野パルセイロ戦と7月20日(土)ヴァンラーレ八戸戦の2試合を、『Summer Night Stadium 2024』として開催します。

『Summer Night Stadium 2024』の目玉として、スタジアムの夜空を彩るドローンショーの開催が決定しました。

イベント名 Summer Night Stadium 2024
日程 第20節:7月6日(土)AC長野パルセイロ戦(18:00キックオフ)
第22節:7月20日(土)ヴァンラーレ八戸戦(18:00キックオフ)
会場 金沢ゴーゴーカレースタジアム(金沢市磯部町ロ75-1
主催 株式会社ツエーゲン金沢
ドローンショー担当企業 株式会社ドローンショー・ジャパン
ドローン機体数 300機
SNS YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCpNLQLbDRyvucfGWbPoVFTg
Instagram:https://www.instagram.com/droneshowjp/reel/C6sQ2ZYvZOY/
X(旧Twitter):https://x.com/droneshowjp
Facebook:https://www.facebook.com/droneshowjp/?locale=ja_JP

※画像はイメージ

ゴーゴーカレースタジアム、そしてツエーゲン金沢にとって初めての試みとなるこのドローンショーでは、約300機のドローンが夜空を舞い、ツエーゲン金沢のエンブレムや「ONE HEART!石川」のロゴなどが浮かび上がる予定となっています。

プロヲタ芸団体「RiverStone」の画像

出典:RiverStone

さらに、ヲタ芸の世界大会でファイナルまで進出した石川発のプロヲタ芸団体「RiverStone」も登場します。

当日は、音に連動して光る「ツエーゲン金沢 ミュージックペンライト」を使った、ツエーゲン金沢の公式応援曲「ツエーゲンのテーマ」に合わせたナイトパフォーマンスが披露されます。

リニューアルされた金沢ゴーゴーカレースタジアムで初めて行われるナイトゲームは、光と音の演出など、特別な盛り上がりを体験できるイベントとなっています。

まとめ

本記事では、2024年6月以降に開催予定のドローンショーの概要や日程、開催場所などを詳しく紹介しました。

株式会社ドローンショー・ジャパンが開催する『京都競馬場Presents 馬宴2024 宝塚記念ドローンショー in 平安神宮』など大きなドローンショーは、6月以降に開催を控えています。

また、どのドローンショーも開催前からSNSで「早く見たい!」「絶対行く!」など、興味を示す人のコメントが寄せられており、ドローンショーというイベントの認知と集客力が結びついていることが分かります。

ドローンショーは現在、『株式会社ドローンショー・ジャパン』と『株式会社レッドクリフ』の2社を軸にしてイベントが開催されています。

ドローンショー開催を考えている方は、この2社から見積もり等を取り決めてほしいと思います。

それ以外のドローンショーを見たいという方は、上記2社のSNSをフォローすることで、最新情報を受け取れるようになっているので参照してください。

╲ドローンショーに興味があるなら聞こう╱
ドローンショーのお問い合わせはこちら

]]>
【2024年最新】ディズニーで開催予定のドローンショーはある?過去事例も紹介 https://www.cfctoday.org/column/drone-show-disney/ Fri, 31 May 2024 08:15:43 +0000 https://www.cfctoday.org/?p=15845 東京ディズニーリゾートは、2023年に開園40周年を迎え、これを記念して各地で特別なドローンショーを実施しました。

このように、ディズニーでは、LEDを搭載した特殊なドローンをプログラムによって制御し、多様な場面で鮮やかなパフォーマンスが魅力のドローンショーが開催されています。

幅広い世代に愛されるディズニーキャラクターが、最新のドローン技術を駆使して夜空に「ミッキー」や「ピーターパン」などのキャラクターを美しく描き、多くの人々に感動を与えました。

また、「東京ディズニーリゾート40周年スペシャルドローンショー」では、全国各地の花火大会で4回に渡ってディズニードローンショーを開催し、SNS等で大きな話題を呼びました。

そこでこの記事では、ディズニーで開催予定のドローンショーや過去事例を動画や画像、リアルな口コミと共に紹介します。

╲ドローンショーに興味があるなら聞こう╱
ドローンショーのお問い合わせはこちら

【本記事でわかること】
・ディズニーで開催予定のドローンショー
・ディズニーで過去に開催されたドローンショーの事例

▼ドローンショーを徹底解説した動画はこちら▼

ディズニーで開催予定のドローンショーは?

ここでは、ディズニーで開催予定のドローンショーの概要や日程、イベント内容などを詳しく紹介します。

【ディズニーで開催予定のドローンショー】
・THE FANTASY BEGINS
・ディズニー・ドリームズ・ザット・ソア ドローンショー

それでは、1つずつ紹介します。

THE FANTASY BEGINS

東京ディズニーシーの8番目の新テーマポート「ファンタジースプリングス」が、6月6日(木)にグランドオープンに先立ち、6月5日(水)の夜に、開業前夜の特別配信イベント『THE FANTASY BEGINS』が実施されます。

本イベントでは、ファンタジースプリングスを舞台に、東京ディズニーリゾート初のドローン1,000機による演出が行われ、ディズニーキャラクターやキャストが出演する一夜限りのライブ配信が行われる予定となっています。※一部の演出は事前に撮影されたものです。

イベント名 THE FANTASY BEGINS
日程 2024年6月5日(水)午後8時30分頃〜※開始時刻は変動する可能性があります
会場 東京ディズニーリゾート
主催 株式会社オリエンタルランド
ドローンショー担当企業 不明
ドローン機体数 1,000機
SNS YouTube:https://www.youtube.com/@TDRofficialchannel
Instagram:https://www.instagram.com/tokyodisneyresort_official/
Facebook:https://www.facebook.com/tdr.jp
LINE:https://page.line.me/987bcqem
TikTok:https://www.tiktok.com/@tdr_pr

このイベントを通じて、ゲストの中にあるファンタジーが目覚め、ファンタジースプリングスでの新たな物語が始まります。

ファンタジースプリングス開業前夜配信イベント「THE FANTASY BEGINS」は、以下YouTube動画から配信予定となっているので、6月5日(水)の午後8時30分頃には配信が開始されます。

ディズニーシー新テーマポートオープンの特別な瞬間を祝うため、東京ディズニーリゾートの公式SNSでライブ配信を行うほか、当日フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」番組内でも東京ディズニーリゾート特集が放送され、本イベントのライブ中継が予定されています。

Disney Dreams That Soar(ディズニー・ドリームズ・ザット・ソア ドローンショー)

フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで、2024年夏に始まるドローンショー「Disney Dreams That Soar Presented by AT&T」が5月24日に開始されました。

本ドローンショーは、ディズニー・スプリングスで2024年9月2日まで開催されます。

イベント名 Disney Dreams That Soar(ディズニー・ドリームズ・ザット・ソア ドローンショー)
日程 2024年5月24日~2024年9月2日まで
会場 ディズニー・スプリングス
主催 ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート
ドローンショー担当企業 不明
ドローン機体数 800機
SNS

このショーでは800機のドローンが使用されており、登場するビッグ・ベンは実物よりも大きく、デス・スターはエプコットのスペースシップ・アースよりも大迫力のものになります。

また、ミッキーマウスやエルサなど、人気のキャラクターたちが夜空を舞台に繰り広げる光景はとても美しいものになるため、フロリダまたはYouTube動画などを通してディズニー・ドリームズ・ザット・ソア ドローンショーを楽しんでほしいと思います。

ディズニーで開催されたドローンショーの過去事例

ここでは、ディズニーで開催されたドローンショーの過去事例を詳しく紹介します。

【ディズニーで開催されたドローンショーの過去事例】
・東京ディズニーリゾート40周年スペシャルドローンショー
・新ドローンショー「Disney Electrical Sky Parade」

それでは、1つずつ紹介します。

東京ディズニーリゾート40周年スペシャルドローンショー

2023年の夏、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、ディズニー開園40周年を記念して、全国の花火大会で特別なドローンショーを実施しました。

本ドローンショーは、「東京ディズニーリゾート40周年ドリームゴーラウンド」の一環として、初めて実施されたもので、東京ディズニーリゾートのドローンショー初の試みとなりました。

コロナ禍の影響で遠方から東京ディズニーリゾートに訪れることが難しくなっていた状況を踏まえ、遠くに住む人々にも東京ディズニーリゾートの魅力を届けたいという思いが込められていました。

ドローンショーは、静岡県静岡市の安倍川花火大会(7月22日)、北海道小樽市のおたる潮まつり(7月30日)、宮城県石巻市の石巻川開き祭り(8月5日)、鹿児島県鹿児島市のかごしま錦江湾サマーナイト大花火大会(8月19日)の4カ所で開催され、各地で多くの観客を魅了しました。

安倍川花火大会でのディズニー40周年スペシャルドローンショーでは、約700機のドローンが一斉に飛び立ち、ディズニーソングに合わせて「3Dミッキー」や「ピーターパンとウェンディ」などのディズニーキャラクターが夜空に描かれました。

このショーは、キャラクターやロゴが美しく表現され、ドローンの精密な動きと高いクオリティで、多くの人々を魅了するものとなりました。


こちらでは、安倍川花火大会で実施されたディズニー40周年スペシャルドローンショーを見た人が「ディズニーのドローンショーめちゃくちゃ凄かった!」とコメントしているツイートが投稿されていました。

ツイートに添付されている動画を見ると、花火とディズニードローンショーが表現された際に「おーすごい!」などの歓声が上がっていることから、盛り上がっているのが分かります。

今回、地方の花火大会でディズニーのドローンショーが初めて実施され、多くの期待の声が寄せられました。

今後は、さらに進化した形での開催が期待されています。

新ドローンショー「Disney Electrical Sky Parade」

2024年1月8日の夜、ディズニーランド・パリで新しいナイトショー「Disney Symphony of Colours」の一部として、ドローンショー『Disney Electrical Sky Parade』が始まりました。

このショーの様子は公式YouTubeチャンネルで公開されています。

本ドローンショーは、キャッスルの上空でドローンを使ってエレクトリカルパレードを再現したもので、噴水、レーザー、プロジェクションに加え、ドローンとドローンからのパイロ技術を駆使した最新の演出が特徴的です。

ドローンショー『Disney Electrical Sky Parade』は、ヨーロッパでドローンショーを制作している「Dronisos」との協力によって実現されました。

また、X(旧Twitter)では、Disney Electrical Sky Paradeで実施されたドローンショーについて、たくさんの投稿が寄せられていたので一部を紹介します。


こちらの投稿では、ディズニーランド・パリにドローンショーを見に行った観客が「The Disney Electrical Sky Parade was even more amazing than I imagined(ディズニー・エレクトリカル・スカイ・パレードは想像以上に素晴らしかった)」「My favorite part was obviously when my favorite dragon Elliot showed up(一番気に入ったのは、もちろん大好きなドラゴンのエリオットが登場したとき)」とツイートしているのが確認できました。

ツイートに添付されている動画を見ると、音楽と共にお城の奥からピートとドラゴンの「エリオット」が登場するとともに、大きな歓声とスマーフォンを取り出して撮影する人達の様子が分かります。

同社とディズニーランド・パリは、これまでもフランスの革命記念日やDisney D-Light、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVOL.3プレミアなどでドローンショーを共同開催しています。


また、ドローンショー『Disney Electrical Sky Parade』は、2025年1月6日まで延長されることが決定しているため、壮大なディズニードローンショーを見たい方はディズニーランド・パリに行って見てほしいと思います。

まとめ

本記事では、ディズニーでこれから開催予定のドローンショーや過去事例を紹介しました。

ディズニーでは、1年に数回ドローンショーが開催され、日本だけでなくアメリカなどの海外でも同様のショーが実施されています。

2024年6月5日に開催予定のドローンショー『THE FANTASY BEGINS』では、東京ディズニーリゾート初のドローン1,000機による大規模な演出が実施予定なので、お早めのチケット購入をおすすめします。

また、当日ディズニーに行けない方でもYouTube動画を通してドローンショーの様子が確認できるので、是非見てほしいと思います。

╲ドローンショーに興味があるなら聞こう╱
ドローンショーのお問い合わせはこちら

]]>
【2024年最新】ポケモンドローンショーの開催スケジュールと過去の事例を紹介! https://www.cfctoday.org/column/drone-show-pokemon/ Thu, 30 May 2024 10:58:38 +0000 https://www.cfctoday.org/?p=15830 LEDライトを搭載した数百~数千機のドローンを用いて実施されるドローンショーは、事前にプログラミングされた動作で、夜空にアニメキャラクターやQRコード、文字などを自由に表現できます。

ドローンショーは企業の宣伝などに利用されることが多いイメージを持つ方が多いと思いますが、最近では鬼滅の刃やウルトラマンなどアニメキャラクターをドローンショーで描くのが主流になりつつあります。

また、ポケモンキャラクターを夜空に映し出す「ポケモンドローンショー」が不定期で開催されており、子供から大人まで幅広い年齢層に人気があります。

そこでこの記事では、2024年に開催予定のポケモンドローンショーと過去に開催されたポケモンドローンショーの事例を動画付きで詳しく解説します。

【本記事でわかること】
・2024年に開催予定のポケモンドローンショー
・ポケモンドローンショーの過去事例

▼ドローンショーを徹底解説した動画はこちら▼

2024年に開催予定のポケモンドローンショーは?

ポケモンは、株式会社ポケモンが発売する不思議な生き物たちとともに冒険を進めていく、ロールプレイングゲーム(RPG)です。

そんなポケモンをモチーフにしたドローンショーが日本全国各地で開催されています。

ここでは、2024年に開催予定のポケモンドローンショーを紹介します。

2024年5月30日現時点では、ポケモンをモチーフにしたドローンショーの開催は予定されていません。

詳しい情報が解禁され次第、こちらに追記していきます。

ポケモンドローンショーの過去事例

ここでは、ポケモンをモチーフにしたドローンショーの過去事例を紹介します。

【ポケモンドローンショーの過去事例】
・『Pokémon GO』スペシャルドローンショー
・ポケモンWCS(ワールドチャンピオンシップス)2023

それではここから、1つずつ詳しい内容を紹介します。

『Pokémon GO』スペシャルドローンショー

株式会社ポケモンは、2022年8月20日に山形県で開催された「赤川花火プレゼンツ2022」において、「ポケモン GO」の6周年を記念した『ポケモン GO スペシャルドローンショー夏 IN 赤川花火 2022』を実施しました。

本イベントは、日本最大級のドローンショー運営会社である『株式会社レッドクリフ』が700機のドローンを使用したこのショーを実施し、国内企業による最大規模のドローンショーとなりました。※2022年12月2日時点

2022年の夏から秋にかけて、「第56回おたる潮まつり」、「赤川花火プレゼンツ2022」、「第19回こうのす花火大会」、「第35回やつしろ全国花火競技大会」の4つのイベントが開催されています。

スペシャルドローンショーでは、ポケモンGOの馴染み深いBGMがオーケストラアレンジで流れる中、「ピカチュウ」「リザードン」「ナッシー(アローラのすがた)」「ゲンガー」「ホエルオー」「レックウザ」などのポケモンたちが夏の夜空を彩りました。

このドローンショーはサプライズとして上演され、ポケモンたちが空に現れると、約4万人の観客からは驚きと拍手が沸き起こりました。

さらに、このショーは7月24日に北海道の「第56回おたる潮まつり」でも開催され、そのアーカイブ映像がYouTubeで公開されています。

また、X(旧Twitter)では、『Pokémon GO』スペシャルドローンショーを見たユーザーから多くのコメントが寄せられていたので紹介します。


こちらの投稿では、『Pokémon GO』スペシャルドローンショー第19回こうのす花火大会を見た人が「ポケモンGOのドローンショーオリンピックよりも凄い!」と大絶賛しているツイートが確認できました。

ツイートに添付されている動画を確認すると、大迫力のリザードンを表現したアニメーションが演出されると、観客から「おーーー!」「すごい!」など大きな歓声が上がっているのが分かります。

長期間に渡り開催された『Pokémon GO』スペシャルドローンショーは、約4万人の観客を集め、多くの人にドローンショーの魅力と見応えある演出を披露しました。

ポケモンWCS(ワールドチャンピオンシップス)2023

ポケモンは、2023年8月11日から13日にかけて横浜市で開催される「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」などの世界大会に連動して、「ポケモンWCS(ワールドチャンピオンシップス)2023 横浜みなとみらいイベント」を実施しました。

このイベントは、8月8日から14日にかけて横浜市みなとみらいで行われ、ドローンによる演出を含む多彩な催しが展開されました。

ショーは3種類あり、1日に2回行われる「Imagination! Into the Next!!」では、ピカチュウ、ルカリオ、ゲッコウガが登場し、プロジェクションマッピングによる演出が行われました。

また、1日1回の「We Move!!」では、多くのピカチュウが臨港パークに集まり、ドローン演出も行われました。

さらに、8月14日にのみ開催された「Let’s Celebrate! The Pokemon Parade!!」では、大通りでポケモンたちがパレードを行い、ダンスを披露しました。

イベントでは、NHK交響楽団によるゲーム楽曲の演奏イベントや夏祭りも開催され、客船「にっぽん丸」が交流の場として利用されました。


こちらの投稿では、ポケモンWCS(ワールドチャンピオンシップス)2023で実施されたドローンショーの様子を撮影したツイートが投稿されていました。

ツイートに添付されている動画を見ると、音楽に合わせて大きなモンスターボール描かれ、ボールが転がると観客から「おーー!」「すごいっ!」など大きな歓声が上がっているのが伝わります。

今回のショーでは、上空にモンスターボールやピカチュウなどのポケモンが描かれ、ポケモンファンや観客に感動を与えました。

『ポケモンワールドチャンピオンシップス2023 横浜みなとみらいイベント』は、ポケモンが夜空に現れるたびに観客から大きな歓声が上がり、ドローンショーは大成功で幕を閉じました。

まとめ

本記事では、2024年に開催予定のポケモンドローンショーや過去事例を紹介しました。

2024年5月現在、ポケモンドローンショーの開催情報はまだ発表されていません。

しかし、過去には大勢の観客に感動を与えたポケモンドローンショーが行われています。

今回紹介したようなポケモンドローンショーのように、アニメキャラクターや観客の興味を引くドローンショーを実施することは、自社への集客に繋がる可能性があります。

今後もポケモンドローンショーが開催される可能性があるため、詳細情報が発表され次第、追記しますので本サイトをぜひご確認ください。

]]>
ドローンを使ったYoutuber/ドローン動画クリエイターをご紹介 https://www.cfctoday.org/column/syoukai-4/ https://www.cfctoday.org/column/syoukai-4/#respond Tue, 30 Apr 2024 01:01:36 +0000 https://jpdorone.wpx.jp/?p=1120 ドローンと言えば空撮のイメージを持つ人が多いと思います。ドローンはYoutubeの動画ネタとしても相性がとてもいいので、多くのユーチューバーがスペック紹介や、ドローン空撮の動画をYouTube上にアップしています。

今後、ドローン市場の発展に伴い、ますますYouTubeを絡めドローンビジネスシーンでの利用は活発化していくことが予想されます。

ドローンを活用したビジネスを行いたい人や、ドローンを趣味で利用したい人はぜひYouTubeでもドローンの動画を扱った人をチェックしてみましょう。

この記事では、ドローンユーチューバーとして活躍する人や、有名ユーチューバーがアップしているドローンに関する動画などをご紹介します。

▼ドローンYouTubeを動画で詳しく▼

今ドローンユーチューバーで注目なのはこの人!

現在、国内でドローンに関する動画をYouTube(ユーチューブ)上にアップし活動している、“ドローンユーチューバー”で注目なのは「川井浩二(かわいこうじ)」さんです。

【川井浩二プロフィール】
美容師国家資格を得た後、5年間バーテンダーとしてシェイカーを振り、 その後人材派遣会社に務め管理職になり、数字がグーンと上がった期の年末に精神崩壊するかと思うほどイヤな思いをしたことをきっかけに3年間の準備の後、独立し起業しました。 現在はAletheia Inc.の代表取締役としてヘアサロン/映像制作/YouTube(ユーチューブ)コンサル/企業YouTube(ユーチューブ)チャンネル運営代行など多岐にわたる事業を展開中。 YouTube(ユーチューブ)にどっぷりな生活と海外活動を目標に日々楽しんでます!
出展:https://www.youtube.com/channel/UCRvFZvnqmjnyMJ9k1ZVpZzQより

YouTube(ユーチューブ)チャンネル詳細

チャンネル名 川井浩二 / Koji Kawai
ジャンル ドローン
登録者数 4.38万人
合計視聴回数 784.71万
動画1本あたりの再生数 8388
合計動画本数 375

川井さんはドローンをメインに取り扱ったユーチューバーで登録者数も4万人越えしており、ドローンをメインに扱っユーチューバーの中でも存在感を放っています。

▼特に人気な動画

こちらの動画は、Inspire2 vs Phantom4pro vs Mavic proでそれぞれのドローンの通信・飛行距離対決を行っています。スペックの紹介から実際の飛行実験を行い、スペック表通りの飛行を行うのかどうかを検証してくれています。

このほかにも時速150㎞のレースドローンでのハイスピード空撮や、ドローンのスペック紹介・比較を動画でわかりやすく貝瀬している動画が多数あります。

川井浩二チャンネルの画像

出展:川井浩二Youtubeチャンネルより

ドローン好きは登録必須のチャンネルとなりますので、是非登録してみてください。

チャンネル登録はこちら

これからは有名ユーチューバーもドローン紹介動画が増えるかも?

ドローンは世間的にも人気が高まってきており、多くのガジェット系YouTuberなどが取り上げています。また、最近ではヒカキンやはじめしゃちょーといった大御所YouTuberもドローンを取り扱った動画を撮影しており、今後ますますドローンの紹介動画は増えていくと予想されます。

ここからは、実際に有名YouTuberがドローンを取り扱っている動画をご紹介していきます。

カズチャンネル/Kazu Channnelでもドローンをレビューしている!

カズチャンネルはガジェット商品のレビューなどがメインのYoutube(ユーチューブ)チャンネルです。その他にもライフスタイルを発信する動画が人気で、かなりの再生数を稼いでいます。YouTuberの中でも古参と言われるほど昔から活動しており、大御所YouTuberの1人として多くの若手YouTuberからも慕われています。

YouTube(ユーチューブ)チャンネル詳細

チャンネル名 カズチャンネル/Kazu Channel
ジャンル ガジェット
登録者数 181万人
合計視聴回数 8.15億
動画1本あたりの再生数 27.46万
合計動画本数 2242

▼ドローンを紹介した動画はこちら

動画内では、ドローンの法律やスペックなどにしっかりと触れてレビューもしつつ、なぜ199gだと家の庭で飛ばせるのかなど専門的な知識も交えて解説しています。

また、動画内では実際にドローンを飛ばした映像も公開しており、使用感を動画で確認することが出来ます。

カズチャンネルでは、上記動画で紹介している「Mavic Mini」以外にもドローンの紹介動画がありますので、是非そちらもご覧ください。

チャンネル登録はこちら

元「アシタノワダイ」の「八田エミリHatta Emily」チャンネルでもドローンでVlogを撮影

都市伝説を扱った人気YouTubeチャンネル「アシタノワダイ」の元メンバーの「八田エミリ」さんもドローンでVlogの撮影を行った動画をアップしています。

八田エミリさんと言えば、YouTubeを良くご覧になる方であれば一度は見たことがある「アシタノワダイ」に出演し、その容姿の綺麗さから人気を集めました。「アシタノワダイ」を脱退後は個人チャンネルを立ち上げ、YouTuberとして活動しています。

アシタノワダイを見ていた人の大部分が八田エミリチャンネルの登録者で、動画本数は100本にも満たないにもかかわらず登録者は既に30万人を超えています。いかにアシタノワダイの中でも人気であったかが伺えます。

YouTube(ユーチューブ)チャンネル詳細

チャンネル名 八田エミリHatta Emily
ジャンル ライフスタイル
登録者数 34.1万人
合計視聴回数 2176.98万
動画1本あたりの再生数 19.55万
合計動画本数 95

▼ドローンのVlogはこちら

動画ではドローンがメインかと思いきや、ライフスタイルムービーにドローンを織り交ぜたかたちの動画となっております。動画中盤あたりでMavic Miniというドローンを使った撮影を始めています。

ドローンを海辺で飛ばして、綺麗な撮影を行えていることから、初心者でもある程度の練習をすればVlogを撮影できることがわかります。

チャンネル登録はこちら

]]>
https://www.cfctoday.org/column/syoukai-4/feed/ 0
ドローンで点検するとは?費用やメリットなどを解説 https://www.cfctoday.org/column/drone-inspection/ Tue, 30 Apr 2024 00:38:24 +0000 https://www.cfctoday.org/?p=9839 ドローン業界の技術発展や建設現場のi-Constraction導入が進む中、ドローン点検が注目を集めています。

また、2022年4月1日より建築基準法で定められている法定定期点検を、ドローンによる赤外線調査で代用できるようになりました。

ドローンによる点検は、従来の点検手段と比べて効率が良く、時間や点検費用を抑える省コスト化が進み、人が介入しないことによる安全性の向上を可能にしました。

本記事では、今後さらに発展していくドローン点検について徹底解説します。

【本記事でわかること】
・ドローン点検とは?
・ドローンで点検できるもの
・ドローン点検の事例
・ドローン点検のメリット
・ドローン点検を頼むには?

▼ドローン点検に関して動画で詳しく▼

ドローンの点検市場は規模を拡大している

出典:インプレス総合研究所

上記グラフを見ても分かるとおり、ドローンの点検市場は年々拡大しており、2025年度には約1700億円規模になることが予想されています。

1700億円規模という数字では想像しにくいと思いますが、2019年度のネイルサロン市場規模が約1700億円なので、比較するとこれからドローンがさらに社会に浸透していく様子が浮かぶはずです。

さらに、2022年4月1日より、建物外壁の定期検査をドローン点検で行えるような法改正がありました。

内容としては、従来の打診点検に代わる手段として、安全と効率をより重視した赤外線カメラを搭載したドローンで建物を撮影・分析することが法的な点検で認められたというものです。

安全面や効率化、省コスト化を目的とした法改正と機体スペックの向上により、ドローン点検はますます世の中に広がっていきます。

ドローンの点検はどのように行われるのか?

ドローンによる点検は、主に下記の手段で行われます。

・通常カメラで撮影する目視点検
・マッピング技術と解析をし、3Dモデルを製作する点検
・赤外線カメラを使用する赤外線点検

通常カメラでの目視点検では、ドローンによる空撮で、地上からは見えない損傷箇所を探していきます

使用するドローンも点検対象により変化し、家屋の点検では小型の扱いやすいコンシューマ用ドローンを用いることが多く、送電線などインフラ点検では長距離を飛行できる固定翼ドローンが使用されます。

マッピング技術を駆使し3Dモデルを製作するドローン点検では、大量の撮影データをもとに3Dマップを作成し、解析により損傷箇所を調査するという方法です。

メリットは、点検によるマッピングデータの蓄積により、いつどこが不良になったかわかる点です。

赤外線点検では、建物のあらゆる場所の温度を観測し異常値を探し出すことで、外観では分かりにくい損傷を探し出します

また、暗闇で付ける暗視スコープも赤外線を使用しているため、暗闇でも赤外線点検が可能です。

ドローンで何を点検するのか?

ドローンで点検できるものは家屋やマンションをはじめとして、橋梁や送電線を代表するインフラ点検などさまざまなものが対象となります。

使用するドローンのスペックによって、得意な点検対象・苦手な点検対象があるため、目的に合わせたドローン運用が重要です。

また、屋外だとGPSを利用して安定性のある点検が可能ですが、屋内の点検だとGPSを利用できないことが多く、ビジョンセンサーを活用した点検やマニュアル操縦での点検が行われます。

橋梁をドローンで点検

現在ではドローンの自動飛行で橋梁点検をし、AIで撮影データを解析することで、迅速に橋梁の問題がある箇所を発見する研究が進められています。

橋梁点検で使用するドローンは、GPSが使える環境ではない橋の下に潜っても安全に飛行ができるように、ビジョンセンサーを活用して安定した測位ができる機体が開発されています

また、ドローンに搭載されているカメラは真上を向けるようになっており、橋の下側からの点検を容易に行えます。

日本国内の2m以上の橋梁は約70万カ所あり、そのほとんどが老朽化しているため点検が必要です。

将来的に人の手を使わずに橋梁を自動で点検できるようになれば、大幅な効率化とインフラの保全が可能となります。

トンネルをドローンで点検

橋梁点検と同じく、トンネル内壁をドローンで点検する場合には、非GPS環境であることが問題点として挙げられます。

また、トンネル内は暗所であるため、綺麗に撮影データを取得できるように、使用するドローンにはセンサーサイズの大きなカメラやLEDライトを搭載する積載能力が必要です。

そのため、ビジョンセンサーを活用した大型の機体が現在開発途中で、トンネル内の点検を容易にできるように実用化を目指しています。

家屋やビルのメンテナンスにドローンを活用して点検

前述の建築基準法で定められた定期点検のためにドローン赤外線点検を活用したり、ドローンによる3Dマッピングで建物のデータを取得している事例が多数あります。

また、工務店が家を建てた後のアフターサービスとしてドローン点検を導入する事例もあり、ドローン点検の分野では最も進んでいるのが家屋やマンションの点検になります。

ドローン点検は足場を組まずに時間とコストを節約しながら効率的に点検ができる上に、点検の安全性も向上し、作業に必要な人数も少なくて済みます。

ドローンを活用した点検は、従来の点検方法と比較して、点検する側・点検される側どちらにも大きなメリットがあります。

太陽光パネルをドローンで点検

ドローンは、広大な敷地を短時間で効率よく点検するのに向いています。

そのため、太陽光パネルの点検にもドローンを活用でき、広大な敷地に設置されているパネルの異常を迅速に探し出せるというメリットがあります。

ドローンによる太陽光パネルの点検は、赤外線カメラを搭載したドローンを使用し、ホットスポットを見つけるといったものです。

ホットスポットとは・・・太陽光パネルが熱異常を起こしている箇所のことで、通常の目視では探すのに多大な時間と労力が必要です。

ドローンの登場により、太陽光パネルの点検も今までよりも効率よく行えるようになりました。

気になるドローン点検の費用とは

点検する対象や点検方法によりドローン点検の費用は変動します。

ドローン点検では、簡易的なものからインスペクションに対応したものまで、さまざまな種類があります。

インスペクションとは・・・既存住宅を売却・購入する際の査定などに用いる住宅診断のこと。

しかし、既存の点検方法よりもドローンを用いることで効率化が可能で、安全面・コスト面に優れているため、総じてコストパフォーマンス良く点検が可能です。

家屋やマンションをドローンで目視点検する場合、規模にもよりますが1件5000円〜5万円程度で点検が可能です。

また、無料サービスでドローン点検する業者も存在しており、その多くがドローンを扱うことのできる工務店となっています。

足場を組まずに点検が可能なドローンだからこそ、省コスト・省時間での点検が可能なため、サービスとしてドローン点検を実施できます。

赤外線調査の場合、機体コストが高く撮影データの解析に技術と時間が必要なため、20万円〜70万円ほどの費用が必要です。

簡易的な赤外線点検をサービスで行う業者は多くありませんが、確かに存在はしているようなので、気になる方は調べてみましょう。

ドローンで点検を行うメリットとは

ドローンで点検を行う代表的なメリットは、人の介在が減り安全面が確保できる点と、従来の方法と比べて効率化が可能なため省コストで実施できることです。

現在、さまざまな点検用途に対応するために、それぞれ特化した機能をもつドローンが開発されています。

実際に、市街地での赤外線点検に特化したドローンや屋内の狭所での点検のために開発された、360度撮影が可能なマイクロドローンなどが開発されています。

さまざまなドローンが開発されている背景としては、安全面の強化と点検効率の向上が挙げられます。

そこでここからは、ドローン点検の大きなメリットでもある安全面と効率化について詳しく解説します。

安全面

ドローンを用いて点検作業を進めることで、安全面の強化に繋がります。

家屋点検を例に挙げると、従来は足場を組み人が直接屋根に登り点検する必要がありました。

人が直接屋根に登る点検方法では、足場を組むための費用と時間がかかり、何より作業者が落下する危険性があります。

対してドローンで点検する方法では、足場を組むことなく遠隔操作で損傷箇所を確認できるため、安全な点検が可能となっています。

また、足場を組む方法では直接屋根に登れるため、故意に屋根を壊して修理を請け負う悪質な業者もいるようなので注意しましょう

効率化

ドローン点検の導入で実現できるメリットは、作業の効率化です。

ドローンで簡易な家屋点検をする場合、1軒30分〜1時間程度で点検が完了します。

また、ドローンを活用することで自動飛行のプランを組んで点検を実施でき、足場を組む時間や費用も必要ないため、大幅な時間短縮・少人数化・省コストが可能です。

また、大規模な建物の場合、ドローンを用いた3Dマッピングにより蓄積したデータと点検したデータを照合することで、損傷箇所の迅速な発見が可能となります。

ドローン点検のおすすめの会社は?

ドローンフロンティア出典:ドローン・フロンティア

ドローン点検のおすすめの会社は、東京都に本社を構える株式会社ドローン・フロンティアです。

ドローン点検の全国出張にも対応しており、年間150棟以上の赤外線解析実績を持つドローン・フロンティアは、どんな建物でも安心してドローン点検を依頼できます。

ドローン・フロンティアが行う赤外線調査は、建築基準法12条に基づく調査で、従来の打診点検と同じく法定定期点検にも対応しています。

ドローン・フロンティアの赤外線点検費用は、1000平米以下の場合、相場と同じく約30万円かかります。

従来の打診点検では足場代込みで約100万円の費用が必要になるので、ドローン点検に切り替えることで7割の費用削減が見込めます。

ドローン・フロンティアのドローン赤外線点検にかかる日数は最短半日で、足場を組む方法だと1ヶ月間ほど期間が必要となるので、比較すると大幅な時短になります。

そして、点検スタッフは赤外線診断の公的資格も保持しているため、調査と解析の精度もハイレベルなものとなっています。

また、ドローン・フロンティアではドローン点検を行うスタッフの経験値も高く、総飛行時間が1000時間以上のパイロットも多数在籍しているため安心して調査を任せられます。

ドローン点検の仕事に就きたいなら資格を取得しよう!

ドローン点検の仕事に就くためには、ドローン操縦免許はもちろん、飛行実績と点検の経験・知識が必要です。

ドローン操縦免許がなくても飛行許可を取得することはできますが、クライアントへの説明の際にドローン操縦免許が役立つ場合があります。

そのためドローン操縦免許は、ドローンに関連した仕事をする上で必須の資格と言え、資格取得に伴うドローンの操縦や知識を学べる以上のメリットがあります。

また、2022年内を目標にドローン操縦免許の国家資格化が検討されているため、資格を取得していない場合はドローンを飛ばせない可能性があります。

ドローンの機体登録制度に関して詳細情報を知りたい方は、以下記事を参照してください。

ドローンの機体登録制度は2022年6月20日から!登録方法を解説!

そして、ドローン操縦免許の他に必要となる点検に関する技術・知識の習得のためには、独学で勉強する方法と、仕事をしながら学ぶ方法、ドローンスクールの講座を受講して習得する方法があります。

ドローン点検をはじめとしたドローン関連の仕事に就きたい方は、点検作業に対応したドローンスクールを受講し、知識・技術ともに習得することをおすすめします。

]]>
太陽光パネルの点検はドローンがおすすめ?メリットや費用を解説! https://www.cfctoday.org/column/drone-solar/ Tue, 30 Apr 2024 00:06:04 +0000 https://www.cfctoday.org/?p=9935 ドローンのカメラ等を使用することにより、点検作業の効率化・省コスト化・安全性の強化を図れます。

広大な敷地面積があるソーラーパネルの点検も同じく、ドローンで点検することで効率よく異常箇所を発見でき、人の手の介入が少なくなるため点検費用も比較的安価で済みます。

そんなメリットが多いドローンを使ったソーラーパネルの点検作業ですが、課題もあります。

そこでこの記事では、ドローンを使って太陽光パネルを点検する方法やメリット・デメリット、ドローン点検にかかる費用を徹底解説します。

【本記事でわかること】
・太陽光パネルをドローンで点検する方法
・太陽光パネルのドローン点検のメリット、デメリット
・ドローン点検の費用感
・太陽光パネルのドローン点検でおすすめの会社
・ドローン点検士になるためには

▼ドローン点検に関して動画で詳しく▼

ドローンで太陽光パネルを点検する方法

ドローンで太陽光パネルを点検する流れは、大まかに下記の通りです。

1.点検前準備 ・太陽光発電所の日射量などを調べる
・アプリでドローンの自動航行プログラムを組む
2.点検 ・ドローンを自動航行させ、赤外線カメラでの撮影データを集める
・異常が見つかったポイントでは人の手でより詳しく検査
3.点検後の報告書作成 ・撮影データから報告書を作成
・赤外線カメラの撮影データ解析

太陽光パネルのドローン点検では、専用アプリでの自動航行プログラムを組み、赤外線カメラでの撮影データを収集し、データ解析して報告書を作成します。

赤外線カメラの撮影でわかるのは、太陽光パネルのホットスポットと呼ばれる部分で、このホットスポットがあると、正常な発電ができていないということに繋がり発電効率が落ちてしまいます。

ホットスポットとは・・・パネルの中で異常に熱を持っている部分です。

ドローンは上空から赤外線カメラを使い、効率よくホットスポットを探せるため、点検の効率化と省コスト化につながることから重宝されています。

また、ドローンによる点検は、データの蓄積と過去データとの照合による異常発見もメリットとしてあるため、定期的な点検を得意としています。

太陽光パネルも条件によっては定期点検が義務化されており、下記2項目の条件を満たした場合は太陽光パネルの点検が義務付けられます。

・固定価格買取制度を導入している発電所
・パネルの容量が50kW以上

上記の条件に当てはまる太陽光発電所は、1年に最低2回以上の点検が義務化されています。

さらに、MW規模の発電量をもつメガソーラーでは、常時の点検が義務化されています。

点検の目的としては、太陽光発電システムの火災など事故防止の他に、発電効率が落ちた場合の調査などが挙げられます。

ドローンで太陽光パネルを点検するメリット

ドローンで太陽光パネルを点検するメリットは、下記の通りです。

【メリット】
・点検時間の短縮
・安全面の強化
・点検に必要な人員削減
・点検の精度が高い
・点検コストが従来の点検方法と比較して安い

ドローンによる太陽光パネルの点検は、従来の点検と比べて時間短縮と効率化、安全面の強化が期待できます。

効率化の面では、上空から鳥瞰で点検が可能なため、点検漏れも少なくなり、点検報告書の作成も比較的短時間で完了します。

また、ドローン1機で点検が可能なため、点検に必要な人員削減と安全性が高いといったメリットにも結びつきます。

反対にドローンで太陽光パネルを点検するデメリットや課題は?

ドローンによる太陽光パネル点検のデメリットや課題は、下記の通りです。

【デメリット】
・点検実施可能かどうかが天候に左右される
・点検結果が天候により変動する
【課題】
・点検結果の解析に専門知識が必要
・小型の太陽光発電所だと、ドローン点検の方が高額になる場合がある

ドローンによる点検作業全般に言えることですが、ドローン点検を実施できるかが天候に左右される点が挙げられます。

特に太陽光パネルのドローン点検では、温度を可視化する赤外線点検で作業するため、点検により得られるデータも日射量や気温によって変動します。

ドローンでのパネル点検自体は属人性が比較的低く、技術により得られるデータの差は大きくありませんが、点検報告書作成のための解析は、経験や専門知識が必須となります。

また、ドローン点検は一度に大量のデータを得るのが得意な反面、小型な太陽光発電施設だと、従来の点検方法の方が安く済む場合も少なくありません。

ドローンを用いた太陽光パネルの点検は、敷地面積と費用、ドローン点検の知識を照らし合わせ最適な点検方法を用いるようにしましょう。

太陽光パネルをドローンで点検する費用とは

結論から申し上げますと、ソーラーパネルの点検費用を公開しているサービスが見つからなかったため、詳細な点検費用は不明です。

しかし、目視点検やEL検査といった従来の太陽光パネルの点検方法と比べると、ドローン点検は必要な時間も人数も少なくて済むため、かなり安くなることが予想されます。

太陽光パネルの目視点検とは・・・人の目で汚損・破損がないかを点検する方法のこと。

太陽光パネルのEL検査とは・・・正常な太陽光パネルに電流を流すと発光が発生し、その様子を解析する方法のこと。

また、ドローンによる太陽光パネルの点検は、点検と合わせてその他のメンテナンスや修繕も含んだワンストップで行うサービスも少なくないため、サービス内容により価格がまちまちです。

もちろん、広大な敷地を点検する場合は、スケールメリットにより1kWあたりの点検にかかる費用が安くなります。

そのため、太陽光パネルのドローン点検では、太陽光発電施設ごとに見積もりし、個別に点検費用を調べることをおすすめします。

点検報告書だけが必要なのか、もしくは修繕まで一貫した保守点検を希望するかなど、サービス範囲を決めて業者選びをするのがポイントとなります。

気になる業者が見つかったら、迷わず複数社見積もりを依頼し、比較検討してください。

ドローン点検のおすすめの会社は?

出典:エナジー・ソリューション株式会社

ドローンによる太陽光パネル点検でおすすめの業者は、東京都に本社を構えるエナジー・ソリューション株式会社の「ドローンアイ」というサービスです。

エナジー・ソリューション株式会社のおすすめポイントは、下記の通りになります。

【ドローンアイのおすすめポイント】
・全国出張対応可能
・2GWを超える安心の点検実績
・高精度の点検・分析
・検査・報告書作成のスピードが早い
・検査結果をクラウドで半永久的に見られる

ドローンのソーラーパネル点検では、基本的に高精度・短期間で行うことが可能ですが、ドローンアイはその中でも特に点検精度と報告書提出までのスピードが迅速という特徴があります。

同社は、点検実績も全国各地で豊富にあるため、安心して点検をお願いできます。

また、点検結果もクラウドで半永久的に保存されるため、データの蓄積による発電量の分析や点検報告書の管理コストを抑えられます。

エナジー・ソリューション株式会社は、無料で見積もりの発行が可能なので、ドローンアイのサービスが気になる方は一度見積もりを依頼しましょう。

ドローン点検の仕事に就きたいなら資格を取得しよう!

太陽光パネルのドローン点検は定期的に点検機会が発生するため、比較的安定した仕事ということもあり人気の職業です。

また、ドローン点検全般にも言えますがドローンに関わる仕事をするためには、ドローン免許はほぼ必須と言えます。

なぜなら、ドローン免許を持っていることが、クライアントにドローン飛行技術や知識を説明する際に、有利に働くからです。

現状ではドローン免許を持っていなくても業務用ドローンを飛行させることはできますが、サービスの比較検討の際にドローン免許を持っていない業者よりも免許を所持している業者に依頼します。

また、2022年内を目処にドローン免許を国家資格化することが検討されており、ドローン免許を持っていないとドローンを飛ばせなくなる可能性があります。

そのため、ドローンの仕事に携わるためにドローン免許は必須で、ドローン業務に関する専門知識や技術を学ぶことも必要となってきます。

通常のスクールに併設して、ドローン点検の講座があるドローンスクールも少なくはありません。

ドローン点検の仕事に就きたい方は、まずは実績と講習内容の良いドローンスクールを受講しましょう。

]]>
【2024年最新】ドローンのおすすめ人気ランキングTop10!人気の理由や選び方も解説! https://www.cfctoday.org/column/drones-popularity/ Fri, 26 Apr 2024 05:37:57 +0000 https://www.cfctoday.org/?p=10110 これからドローンを始めてみたいけど、種類がたくさんあるので選ぶのに困ってしまう方もいると思います。

ドローンを開発・製造・販売しているメーカーはたくさんありますが、その中でも更にモデルがたくさんあります。

初心者からするとどれも同じように見えてしまいますが、機体の特徴やスペックを確認すると違いがあることが分かります。

予算などの関係もあると思いますが、気軽に購入できるドローンや、少し値段は上がりますが本格的な空撮撮影が可能なドローンがあります。

今回はカメラが搭載されているドローンを中心に、ドローンの人気ランキング形式で紹介していきます。

【本記事でわかること】
・ドローンの人気ランキングTop10
・ランキングTop10のドローンが人気の理由
・ドローンの選び方5選

当サイトでは、一等・二等無人航空機操縦士のドローン国家資格を取得できる「ドローン免許学校(旧NBドローンスクール)」をおすすめしています。

おすすめのドローンスクールは?
おすすめのスクールを知りたいという問い合わせを多く頂くため、当サイトのおすすめドローンスクールを紹介します。
当サイトのおすすめのドローンスクールは「ドローン免許学校(旧NBドローンスクール)」です!
株式会社スカイリードドローン免許学校は株式会社スカイリードが名古屋を中心に全国展開中のドローンスクールです。
当サイトでも1番おすすめのスクールで、最も受講生をご紹介させて頂いています。
▼ドローン免許学校の情報
ドローン免許学校の概要
どのドローンスクールも教えられる内容には大差はなく、受講する生徒のほとんどが講師の人柄やアフターフォロー(仕事紹介)などでスクールを選択しています。
NBドローンスクール時代からも丁寧な事前説明〜受講〜受講後対応により、多くの方に選ばれています。
無料説明会を聞いてみる

▼ドローン国家資格に関して解説した動画▼

ドローンはレンタルできる?おすすめは『ドロサツ!!』

ドロサツ公式サイトの画像出典:Drosatsu

近年、ドローンの性能向上と価格上昇により、購入へのハードルが高まっているのが現状です。

高性能なドローンは4K画質での撮影が可能であり、映像にこだわりたい方は高価な上位モデルを購入する必要があります。

しかし、初心者にとってドローンの操作は難しく、誤って壊してしまうかもしれないという不安もあると思います。

そこで、必要な時に必要な機体を利用できるドローンのレンタルショップが不安解消の一助となっています。

レンタルドローンは通常配送されるため、返却時も宅配便を利用できる特徴があります。

また、ドローンレンタルサービス会社によっては「保険」「飛行申請許可代行」「オプションレンタル」などのオプションも用意されているので、年に数回しかドローンを飛ばさない人でも安心して利用できます。

本サイトでは、数あるドローンレンタルサービス会社の中でも、1泊2日3,980円~レンタルできる『ドロサツ!!』をおすすめしています。

ドロサツ!!は、DJIドローンの他にも水中ドローンやプロ向けのドローンが用意されているため、個人から法人まで様々な用途に合わせたドローンが選択できます。

ドロサツ「オプションサービス」の画像出典:ドロサツ

他にも豊富なオプションサービスが魅力で、「ドロサツ!! Care」のような補償・保険サービスから予備バッテリーやiPhone・プロペラガードなど様々な必要設備を借りられる特徴があります。

ここで、ドロサツの概要とレンタル内容などを下記表で解説します。

取り扱っているドローンメーカー ・DJI
・QYSEA(水中ドローン)
保険制度 対応
補償制度 対応
飛行許可申請代行 対応
オプション 予備バッテリーのカメラフィルターなど
最低金額 3,980円
最短期間 1泊2日

また、ドロサツ!!ではドローン導入支援やリースなど様々なサポートを実施しています。

ドローンレンタルサービスを利用する方は、レンタルできる機体数とオプションサービスが充実した『ドロサツ!!』を検討してほしいと思います。

ドローンレンタルサービスや本サイトがおすすめする『ドロサツ!!』の詳しい情報は、下記記事でも紹介しているので合わせて確認してください。

ドローンレンタルのおすすめは?空撮や点検にも使えるのか?

ドローンの人気ランキングTOP10

早速ドローンの人気ランキングを1位から順に紹介していきます。

今回のランキングでは、本格的に空撮ができるドローンから、これから気軽に始められるようなドローンまで幅広い層に向けて紹介します。

初心者からベテランまで幅広く対応したランキング形式となっているので、価格面やカメラ性能などを比較してあなたにぴったりのドローンを探してみましょう。

これから紹介するドローンの情報は、公式サイトの情報を元に提供しています。

そのため、公式が発表している価格と販売価格の違いに注意してください。

1位:DJI Air 2S

DJI Air2S出典:DJI

ドローンで最も人気なメーカーであるDJIが販売しているDJI Air 2Sは、たった12万円ほどで5.4K動画を撮影できるコスパのいいドローンです。

参考価格 119,900円
重量 595g
カメラ性能 最大5.4K動画撮影で、センサーサイズは1インチ
最大飛行時間 31分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 120,000m
操作方法 スマホと送信機

DJI Air 2Sのセンサーサイズは1インチを利用しているため、暗い場所でもより多くの光を取り込み、クリアな撮影ができます

一眼レフカメラの上位モデルと同じセンサーサイズを使用しているので、映像クリエイターにぴったりのドローンとなっています。

また、12km離れたところから操作も可能で、なめらかなFPV撮影にも対応しているハイスペックなドローンとして人気があります

2020年以前は同じ金額でもギリギリ4K動画を撮影でき、最大でも6km離れた場所から操作ができました。

12万円でセンサーサイズ1インチのドローンを購入できるのはほとんどないため、高画質にこだわりたい方におすすめの空撮用ドローンです。

DJI Air 2Sの購入はこちらから

2位:DJI Mini 3 Pro

DJI MINI3Pro出典:DJI

DJIの日本版miniシリーズは航空法の対象にならないよう設計されていましたが、航空法の改正によりminiシリーズも対象となりました。

それからminiシリーズは海外のモデルとほぼ同じスペックになり、高機能なドローンとして位置づけられています。

参考価格 106,700円
重量 249g
カメラ性能 4KHDR動画撮影に対応
最大飛行時間 34分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 120,000m
操作方法 スマホと送信機

DJI Mini 3 Proは、4KHDR動画撮影に対応しており、普通の4K動画より鮮明な動画撮影ができるようになりました

動画のHDRとは・・・HDRはHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略で、明暗の差や色彩の細かさがより鮮明に見える技術です。

DJI Air 2Sと比べると金額に大きな差はありませんが、よりコンパクトに設計されており、DJI Mini 3 Proポケットに入れられるほど収納に困らないという利点があります。

撮影する度に荷物がかさばる方や、できるだけ荷物を軽くしたい、そんな方にはDJI Mini 3 Proがおすすめの空撮ドローンとなっています。

DJI Mini 3 Proも12km離れた場所からのFPV撮影にも対応しているので、映像クリエイターが満足するスペックのドローンとしておすすめです。

DJI Mini 3 Proの購入はこちらから

3位:PowerEgg X

PowerEgg Xの画像

出典:PowerVision

PowerEgg Xは、手持ち撮影や三脚に固定することを想定して作られた特徴的なドローンです。

他にも大雨の中でもそのまま飛行できる、個性的なドローンとなっています。

参考価格 100,100円
重量 522g
カメラ性能 最大4K60fps撮影
最大飛行時間 30分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 60,000m
操作方法 スマホと送信機

PowerEgg Xは、動画も最大4K60fpsで撮影できるため、映像クリエイターでも満足できるスペックを持つドローンとなっています。

また、他社ドローンにはない機能が備わっており、一部のユーザーから高い評価を得ています。

【PowerEgg Xのモード】
・AIカメラモード(三脚で固定)
・ハンドルモード(手持ち撮影)
・ドローンモード(空撮)

PowerEgg Xがあれば様々な使い方ができるので、他の機材をそろえる必要はありません。

さらに、ドローンモード以外での撮影はプロペラを必要としない分、3時間以上の撮影にも対応してます。

外部アクセサリを利用すれば川や海に着水できるので、バッテリーがなくなっても沈むことがないため、初めてドローンを飛ばす方でも安心して飛行できます。

厳しい環境下で撮影する方は、PowerEgg Xがおすすめです。

PowerEgg Xの購入はこちらから

4位:ジーフォース SKYHIGH

ジーフォース SKYHIGHの画像出典:G-FORCE

SKYHIGHはわずか2万円程のドローンですが、4Kで静止画が撮影できるドローンとなっています。

参考価格 22,500円
重量 185g
カメラ性能 静止画は4K、動画は2K撮影が可能
最大飛行時間 18分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 約100m
操作方法 スマホと送信機

SKYHIGHは、操縦士から100mしか離れることはできませんが、初心者が練習のために利用するドローンと考えればとてもコスパがいいと言えます。

同ドローンはジンバルが搭載されていないので、DJIのドローンと比べると手振れが発生しやすくなっていますが、ホバリング機能が搭載されているため、ある程度なめらかな撮影が可能となっています。

カメラの向きは正面から真下にかけて調節ができるので、上空から見下ろした撮影も可能です。

飛行時間も18分と、値段の割にとてもコスパがいいので、これから空撮を練習したい方におすすめです。

しかしSKYHIGHの機体重量は185gと航空法の対象となるので、屋外で飛行させる前にしっかりとルールを把握しておきましょう。

ドローンを飛行させることによる怪我をできるだけ防ぐためにも、購入時についてくるプロペラガードを装着することをおすすめします。

ジーフォース SKYHIGHの購入はこちらから

5位:Holy Stone HS720

Holy Stone HS720の画像出典:Holy Stone

HS720は3万円程度で購入できるドローンですが、4K撮影に対応したり、1,000m離れた場所からの撮影が可能なハイスペックドローンです。

参考価格 32,989円
重量 460g
カメラ性能 最大4K30fps動画撮影対応
最大飛行時間 26分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 1,000m
操作方法 スマホと送信機

Holy Stone HS720は、最大飛行時間が26分と、DJIのドローンに負けない飛行時間が特徴です。

カメラ機能も4Kで撮影できるので、HS720は空撮の練習におすすめできるドローンとなっています。

【Holy Stone HS720のモード】
・ウェイポイントモード→アプリで設定したルートを通る
・ホバリングモード→対象ポイントを中心に回転しながら飛行
・フォローミーモード→対象者を追いかけながら飛行

また、スマホアプリから操作すると上記のような撮影もできるので、初心者でもクオリティの高い撮影が可能です。

HS720は練習用におすすめと紹介しましたが、機体の重量が460gあるので航空法の対象となるドローンということを覚えておきましょう。

飛行させる場合はしっかりルールを把握しておきましょう。

Holy Stone HS720の購入はこちらから

6位:Parrot ANAFI

Parrot ANAFI

出典:Parrot

ANAFIは320gととてもコンパクトなドローンですが、4KHDR対応しているハイスペックなドローンです。

参考価格 85,000円
重量 320g
カメラ性能 4KHDR撮影対応
最大飛行時間 25分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 40,000m
操作方法 スマホと送信機

ANAFIは4KHDR対応しているので映像クリエイターでも十分に満足できるドローンですが、最大の特徴はカメラの向きを真上に変えられる点です。

圧倒的シェアを占めているDJIもカメラを動かせますが、正面か真下のみとなっています。

しかし、ANAFIは真上にカメラを向けられるので、空や山を見上げるような撮影が可能となっています。

また、ANAFI本体は細長い形状をしているので収納しやすく、持ち運びがとても簡単です。

唯一真上に向けられるのが特徴的なANAFIですが、上下180°撮影を求めている方や持ち運びしやすいドローンを探している方におすすめです。

Parrot ANAFIの購入はこちらから

7位:HUBSAN ZINO PRO

HUBSAN ZINO PROの画像出典:Amazon

Hubsan ZINO PROは、5万円程度で購入できる4Kカメラを搭載したドローンです。

参考価格 41,988円
重量 792g
カメラ性能 最大4K30fps撮影
最大飛行時間 39分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 2,000m
操作方法 スマホと送信機

カメラのセンサーにはSony製のものが使われており、温度が高くなっても低ノイズで撮影できる特徴があります。

Sonyのテクノロジーを活用したHubsan ZINO PROでは、もちろん高画質での撮影が可能です。

他のドローンより10分程度長く飛行できるため、電気の使用が限られている環境に適しています。

また、画面に映し出された対象物を追尾する機能もあるので、複雑な動きをする動物や昆虫などを撮影する際におすすめです。

さらにHUBSAN ZINO PROは、充電ケーブルにUSBを使用しているので、モバイルバッテリーを利用すれば外でも充電可能です。

付属の充電アダプターを利用することで、一本のUSBケーブルで4個のバッテリーを充電できるなど、環境に左右されない魅力があります。

HUBSAN ZINO PROの購入はこちらから

8位:YAMAZEN S730

YAMAZEN S730の画像YAMAZEN S730の画像出典:YAMAZEN

S730は1万円以内で購入できる格安のドローンですが、HD撮影やFPVにも対応しています。

参考価格 6,980円
重量 89g
カメラ性能 最大HD撮影
最大飛行時間 8分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 30m
操作方法 スマホと送信機

S730は重量が100g未満ということもあり、航空法の対象外であるため、機体申請しなくても禁止エリアでなければ、屋外で自由に飛行できます。

YAMAZEN S730は格安のドローンの部類に入りますが、HD撮影が可能なので、InstagramやTwitterに投稿するくらいであれば十分な画質が担保されています。

このように航空法の対象外で気軽に飛行可能で、画質も十分にあるため、プレゼントしたい時にもおすすめです。

また、89gとコンパクトなドローンなので、家の中でもドローン飛行を楽しめる魅力があります。

YAMAZEN S730の購入はこちらから

9位:Ryze Tello

Tello出典:Ryze Robotics

Telloは、約1万円で購入できる100g未満のドローンです。

参考価格 12,980円
重量 80g
カメラ性能 最大HD撮影
最大飛行時間 13分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 100m
操作方法 スマホ

Telloの特徴は、プログラミングによって操作できる機能があることです。

もしお子さんがこれからプログラミングの学習を始める場合、ドローンを利用して学ぶと楽しみながら継続できます。

Scratchというプログラミングを利用するので、プログラミングコードが書けなくても誰でもプログラムが組めるという特徴があります。

また、TelloではHD撮影も可能なので、SNSに投稿するきれいな空撮映像を撮影したい方にもおすすめです。

TelloはRyze Tech社製のドローンですが、DJIのノウハウを利用したドローンであるため、DJIストアでも販売されており、人気のトイドローンとして知られています。

さらにTelloはスマホで操作できるので、使い終えたスマホをコントローラーとして有効活用できます。

Ryze Telloの購入はこちらから

10位:Potensic

Potensic ドローン DSDR01Bの画像

出典:Amazon

Potensicは、2万円程度で最大4Kが撮影できるドローンです。

参考価格 17,779円
重量 188g
カメラ性能 静止画は4K、動画は2.7K撮影に対応
最大飛行時間 40分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 200m
操作方法 スマホ

動画撮影は2.7K撮影となってしまいますが、HDよりも画質が綺麗なので、スマホやパソコンで楽しむ分には十分な画質が確保されています。

初めてドローンを触る方は、ドローンの操作は難しいイメージを持つと思いますが、Potensicにはスマホを傾けるだけで操作できる機能があるスマホを傾けるだけで操作できる機能があるので、誰でも直感的に操作ができます。

上位モデルのドローンと比較するとブレが気になってしまいますが、2万円にしては撮影のクオリティがとても高いドローンです。

また、写真は最大4Kで撮影できるため、上空からの景色を高画質な画像で表示可能となっています。

Potensicの購入はこちらから

なぜ前述したドローンが人気なのかを解説!

ドローンを紹介しましたが、今回のドローンを選んだのか、理由を紹介します。

映画やテレビ番組で利用されるようなドローンは少し値段が高いイメージですが、安価で高機能なドローンもたくさん存在します。

多くの方は高画質撮影できるドローンをイメージすると思いますが、SNSや個人で楽しむくらいであれば5万円以内で十分です。

安価なドローンは購入しやすく、故障しても諦めがつきやすいので、安価なドローンが人気になり始めています。

今後ドローンのニーズが高まることがほぼ間違いなくやってきますが、最初はスペックの高いドローンではなく、安価なドローンをおすすめします。

【前述したドローンが人気の理由】
1.初心者でも操作しやすい操作性
2.機体登録の必要ないものが最近では特に人気
3.カメラ性能が高いドローンが人気
4.DJIはドローンメーカーの中でも特に人気!

それではここから、前述で紹介したドローンが人気の理由を紹介します。

人気の理由①:初心者でも操作しやすい操作性

ドローンの操作はとても難しいイメージがありますが、最近のドローンはサポート機能が充実しているので、初心者でも簡単に操作できます。

【ドローンのサポート機能】
・衝突検知機能
・追尾モード
・ホバリング機能
・自動帰還
・事前走行ルート設定

メーカーによって機能は様々ですが、初心者も簡単に操作しやすいように、多くのドローンにはサポート機能が埋め込まれています。

操作は前後左右、上下の2つなので、少し操作すると徐々に慣れてきます。

他にもカメラの向きを変えるなど、最初の操作は単純です。

直感的に操作できるドローンが増えているので、少し説明書を確認すれば誰でも簡単に操作できるように作られています。

人気の理由②:機体登録の必要ないものが最近では特に人気

2022年6月からドローンの機体登録制度が開始され、100g以上のドローンは機体登録の対象となっているため、機体登録対象外の100g未満ドローンが人気になり始めています

また、機体登録が不要なドローンは1万円程度で購入できるなど、安価なことも人気の理由として挙げられます。

わざわざ高いドローンを購入して面倒な申請と制限を恐れて遊ぶより、安いドローンを購入して自由に飛ばす方がいいと感じる方が増えてます。

100gとはいえ完全に自由に飛行できるわけではなく、飛行禁止エリアや周囲の状況をしっかり把握する必要があるので覚えておきましょう。

さらに機体登録が必要ないドローンは、家でも飛ばせられるほどコンパクトに設計されているため、子供でも安心して遊べます。

人気の理由③:カメラ性能が高いドローンが人気

ドローンは映画やドラマ、ロケ撮影でも利用されるほどカメラの性能が向上しており、だれでもプロが撮影したような空撮映像が撮影できるという特徴があります。

気軽に購入できる価格帯でもHD〜2.7Kで撮影できるドローンが誕生しており、スマホやパソコンで十分に楽しめるほど高画質な写真や動画を撮影できます。

多くのドローンはカメラにジンバルが搭載されており、ドローンが急に動いてもほとんどブレない映像が撮影可能となっています。

最近では、SNSに投稿する目的でドローンを購入する人が増え、誰でも気軽に躍動感のあるコンテンツを投稿できます。

人気の理由④:DJIはドローンメーカーの中でも特に人気!

当サイトでは様々な場面を想定したドローンの比較記事を紹介しましたが、その中でも特にDJIが人気を占めています。

【DJI社製ドローンの特徴】
・ジンバルでブレない動画を撮影
・FPV対応でリアルタイムの映像を楽しめる
・高画質のカメラ搭載
・安全機能
・外部アクセサリも充実

DJIはドローン界のApple的な存在で、機能面で迷った場合DJIを選んでおけば間違いありません

前述でも紹介した、「雨の中でも撮影できる」「カメラを上に向ける」など一部の性能は未対応となっていますが、それ以外の機能には対応しているので、迷ったらDJIで問題ないでしょう。

また、DJI社製のドローンはサポート面も充実しており、初心者でも安心して購入できる環境を整えています。

数あるドローンの中で、購入を迷っている方はDJI社のドローンを候補に入れておくことをおすすめします。

ドローンの選び方5選

ここでは、ドローンを選ぶ際にチェックしたいポイントや選び方を紹介します。

【ドローンの選び方】
1.飛行時間の長さ
2.4K対応カメラが搭載されているか
3.自動追尾機能はあるか
4.落下防止機能や障害物検知機能が搭載されているか
5.FPV視点の操縦が可能かどうか

それでは、ドローンの選び方を1つずつ紹介します。

ドローンの選び方①:飛行時間の長さ

ドローンを選ぶ際のポイントとして、飛行時間の長さ、つまりバッテリーの持ちが良いドローンであるかが重要です。

ドローンは、モデルごとに異なる飛行可能時間を持っており、多くのモデルは10〜30分の連続飛行が可能であるため、使用目的に応じて選択することが重要です。

飛行時間が10分程度で十分な場合には、コンパクトなデザインのドローンが便利です。

一方、20〜30分の連続飛行を希望する場合には、サイズが大きめの空撮ドローンを選ぶことがおすすめです。

本格的な空撮を行うためには、バッテリーの持続時間にも注意が必要です。

空撮をメインで行いたい場合は、1バッテリーで30分以上飛行可能なドローンを選ぶことをおすすめします。

一般的な空撮現場では、1か所での撮影が約30分掛かるため、1バッテリーで30分以上飛行できれば、プロが使っても十分な持続時間と言えます。

さまざまな要素や環境によって飛行可能時間が変わることを意識し、バッテリーの持続時間を考慮した上でドローンを選ぶことが重要です。

ドローンの選び方②:4K対応カメラが搭載されているか

カメラ付きのドローンを選ぶ際は、解像度の高さが重要です。

空撮目的でドローンを選ぶ際は、1920×1080のフルHD解像度以上に対応しているモデルがおすすめです。

特に、4K撮影が可能なモデルであれば、高品質な映像を撮影できます。

ただし、高解像度になるほど、データ容量も大きくなるため、スマートフォンやPCの容量不足には注意が必要です。

例えば、4K解像度の映像を1時間撮影すると、約45GBのデータが必要となります。

そのため、4K撮影が可能なドローンを使用する場合は、大容量のmicroSDカードを選ぶようにしましょう。

ドローンの選び方③:自動追尾機能はあるか

ドローンを選ぶ際には、自動追尾機能が搭載されているモデルかどうかをチェックすることも重要です。

自動追尾機能とは・・・動いている被写体を認識し、自動で追尾する機能のことです。

地上を走るラジコンと比べて、飛行するドローンを正確に操縦するには、ある程度の慣れが必要です。

特に空撮を行う際は、被写体と一定の距離を保つ必要があり、より繊細な操作が求められます。

しかし、ドローンには「自動追尾機能」があるため、設定した被写体を自動で認識して追尾できる機能が搭載されています。

被写体のスピードに合わせて自動で追いかけながら撮影できるため、ダイナミックな映像が楽しめるのが魅力です。

自動追尾機能が搭載されていることで、例えば、F1などの高速で走る車や広大なサバンナを走る動物の群れ、海の上を走るモーターボートなど、動きが速く激しいものを常にカメラの画角に入れて撮影できます。

ドローンの選び方④:落下防止機能や障害物検知機能が搭載されているか

ドローンを選ぶ際には、『落下防止機能』や『障害物検知機能』などの安全に運航できる機能が搭載されているモデルを選ぶようにしましょう。

ドローンを操作する際は、周囲に障害物がないかを常に確認し、安全を確保する必要があります。

もし落下したり障害物にぶつかったりすると、ドローンが故障する可能性があるため、注意が必要です。

特に、操作に慣れていない場合は、操縦に集中して周囲の状況を見落とすことがあります。

しかし、一部のドローンには「障害物検知機能」や「落下防止機能」が搭載されているので安全に運用できます。

また、障害物検知機能は、前方だけでなく、前後や上下などをカバーするモデルもあります。

購入する際には、これらの機能が備わっているかを事前に確認しましょう。

ドローンの選び方⑤:FPV視点の操縦が可能かどうか

ドローンを選ぶ際には、FPV視点の操縦が可能かどうかも確認しておくことも重要です。

ドローンから送信された映像をスマートフォンやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)で見ながら操作することを「FPV(ファースト・パーソン・ビュー)」と言います。

この方法では、臨場感のある1人称視点での飛行を楽しめるメリットがあります。

また、リアルタイムで映像を確認できるため、正確な飛行が求められる場面でも役立ちます。

特に、ドローンレースではFPVでの操縦が必要とされるため、ドローンレースに参加を検討している方にはおすすめの機能です。

まとめ

この記事では、人気のドローンを紹介しましたが、気になるドローンを見つけられたでしょうか。

特に大きなこだわりがない方は、DJI社製のドローンがおすすめです。

映像クリエイターや趣味でドローンを利用している方も多いので、困った時ネットで情報を見つけやすいというメリットがあります。

また、高機能なのに安価のドローンもあるので、値段と機能面を比較して自分にぴったりのドローンを見つけましょう。

おすすめのドローンレンタルサービスは?
「短期・長期でドローンをレンタルしたい!」「高価なドローンを試してみたい!」という方は、『ドローンレンタルサービス』がおすすめです!
当サイトがおすすめするドローンレンタルサービス会社は「ドロサツ!!」です!
ドロサツ!!バナードロサツ!!は株式会社drone supply & controlが東京都中央区で運営しているドローンレンタルサービスです。
当サイトでも1番おすすめのドローンレンタルサービスで、1泊2日月額3,980円~レンタル可能です。
▼ドロサツ!!の情報
ドロサツ!!の情報ドロサツは、DJIドローンの他に水中ドローンも取り扱っているレンタルショップです。
レンタル実績も豊富で、多くのユーザーに選ばれています。
ドローンレンタルはこちらから

]]>
【2024年最新】100g未満でおすすめの小型ドローンをご紹介! https://www.cfctoday.org/column/drone-small/ Fri, 26 Apr 2024 04:01:14 +0000 https://www.cfctoday.org/?p=10128 ドローンの法整備が着々と進む中、航空法に触れずに室内で飛ばせる小型のドローンの需要が増えています。

ドローンは屋外でも申請を出せば飛行できますが、公園や地域のルールによりドローンを飛行できない場合もあるので、購入したのにあまりドローンで楽しめないことがあります。

そのため、屋外で自由に飛行できるような小型ドローンが、今とても人気になっています。

子供から大人まで小型ドローンを楽しめますが、種類が豊富にあるので選ぶのが難しいと思います。

そこでこの記事では、屋内で遊べるドローンを中心におすすめの小型ドローンを紹介します。

【本記事でわかること】
・小型ドローンのメリット、デメリット
・100g未満の小型ドローンで遵守しなければならない法規則
・おすすめの小型ドローン

おすすめのドローンレンタルサービスは?
「短期・長期でドローンをレンタルしたい!」「高価なドローンを試してみたい!」という方は、『ドローンレンタルサービス』がおすすめです!
当サイトがおすすめするドローンレンタルサービス会社は「ドロサツ!!」です!
ドロサツ!!バナードロサツ!!は株式会社drone supply & controlが東京都中央区で運営しているドローンレンタルサービスです。
当サイトでも1番おすすめのドローンレンタルサービスで、1泊2日月額3,980円~レンタル可能です。
▼ドロサツ!!の情報
ドロサツ!!の情報ドロサツは、DJIドローンの他に水中ドローンも取り扱っているレンタルショップです。
レンタル実績も豊富で、多くのユーザーに選ばれています。
ドローンレンタルはこちらから

▼ドローン国家資格に関して解説した動画▼

ドローンを飛ばすなら資格が必要になることも、おすすめのスクールはどこ?

ドローンの購入を考えており調べる中で免許が必要と知り、おすすめのスクールを知りたいという問い合わせが殺到しておりますのでご紹介いたします。

おすすめのドローンスクールは株式会社スカイリードが運営する「ドローン免許学校」と言うスクールです!元々IAUと言う民間資格でNBドローンスクールというスクールを名古屋を拠点にして全国出張対応で運営していたスクールです。

株式会社スカイリード

当サイトでも1番オススメのスクールとなっており、1番受講生をご紹介させていただいております。

どのドローンスクールもそこまで教えられる内容には大差はないので、受講される方のほとんどが講師の人柄やアフターフォロー(仕事紹介)などでスクールを選択しており、NBドローンスクール時代から多くの方に選ばれていた理由も丁寧な事前説明〜受講〜受講後対応にあります。

▼ドローン免許学校の情報

法人名 株式会社スカイリード
登録講習機関コード 0310
事務所コード T0310001
事務所名 ドローン免許学校
受講金額(未定のため要問い合わせ)
  • 1等初学者:未定
  • 1等経験者:50万円ほど
  • 2等初学者:35万円ほど
  • 2等経験者:16万円ほど(※)
    ※NBドローンスクール卒業生は7万円ほど
全国出張対応 沖縄・北海道以外可能

無料説明会を聞いてみる

ドローンはレンタルできる?おすすめは『ドロサツ!!』

ドロサツ公式サイトの画像出典:Drosatsu

近年、ドローンの性能向上と価格上昇により、購入へのハードルが高まっているのが現状です。

高性能なドローンは4K画質での撮影が可能であり、映像にこだわりたい方は高価な上位モデルを購入する必要があります。

しかし、初心者にとってドローンの操作は難しく、誤って壊してしまうかもしれないという不安もあると思います。

そこで、必要な時に必要な機体を利用できるドローンのレンタルショップが不安解消の一助となっています。

レンタルドローンは通常配送されるため、返却時も宅配便を利用できる特徴があります。

また、ドローンレンタルサービス会社によっては「保険」「飛行申請許可代行」「オプションレンタル」などのオプションも用意されているので、年に数回しかドローンを飛ばさない人でも安心して利用できます。

本サイトでは、数あるドローンレンタルサービス会社の中でも、1泊2日3,980円~レンタルできる『ドロサツ!!』をおすすめしています。

ドロサツ!!は、DJIドローンの他にも水中ドローンやプロ向けのドローンが用意されているため、個人から法人まで様々な用途に合わせたドローンが選択できます。

ドロサツ「オプションサービス」の画像出典:ドロサツ

他にも豊富なオプションサービスが魅力で、「ドロサツ!! Care」のような補償・保険サービスから予備バッテリーやiPhone・プロペラガードなど様々な必要設備を借りられる特徴があります。

ここで、ドロサツの概要とレンタル内容などを下記表で解説します。

取り扱っているドローンメーカー ・DJI
・QYSEA(水中ドローン)
保険制度 対応
補償制度 対応
飛行許可申請代行 対応
オプション 予備バッテリーのカメラフィルターなど
最低金額 3,980円
最短期間 1泊2日

また、ドロサツ!!ではドローン導入支援やリースなど様々なサポートを実施しています。

ドローンレンタルサービスを利用する方は、レンタルできる機体数とオプションサービスが充実した『ドロサツ!!』を検討してほしいと思います。

ドローンレンタルサービスや本サイトがおすすめする『ドロサツ!!』の詳しい情報は、下記記事でも紹介しているので合わせて確認してください。

ドローンレンタルのおすすめは?空撮や点検にも使えるのか?

小型ドローンのメリット・デメリット

初めに、小型ドローンのメリットとデメリットを紹介します。

大きく分けてドローンには、遊ぶために利用される「小型のドローン」、空撮や点検などに対応した「中型のドローン」、配送や農薬散布に対応した「大型のドローン」に分けられます

今回は小型ドローンが中型・大型のドローンと比べて優れている部分や、逆に不利な点も紹介します。

小型ドローンのメリット

小型ドローンのメリットは次の通りです。

1.家でも飛行できる
2.怪我のリスクが最小限
3.安い
4.操作が簡単
5.航空法に含まれない

小型ドローンは室内で飛行させることを想定して製造されているので、安全な設計のものが作られてます。

そのため、怪我のリスクも最小限に抑えられているので、安心して子供にプレゼントできます

また、小型ドローンは金額が安いので、万が一壊れてしまっても買い直しができるメリットがあります。

さらに、小型ドローンは子供や初心者が操作することが多いことから、操作方法が単純に作られているため誰でも簡単にドローンを飛行できます。

小型ドローンの最大のメリットは、航空法に含まれないので、国土交通省に飛行申請を出さずに野外で飛行できる点です。

しかし、小型ドローンも飛行禁止エリアなどが決められているので注意しましょう。

2022年8月現時点で航空法に含まれないドローンは100g未満が対象となっているので、ネットショップなどでトイドローンと表示されているものを購入しても、100g以上であれば航空法に含まれてしまいます。

航空法適用外のトイドローンを購入する場合は、重量が100g未満のドローンを購入するようにしましょう。

小型ドローンのデメリット

小型ドローンのデメリットは次の通りです。

1.少しうるさい
2.風の影響を受けやすい
3.バッテリーが短い
4.画素数が物足りない
5.操作距離が短い

小型ドローンが空中を飛ぶためにはプロペラが回転する必要があるため、プロペラが回る音で多少の騒音問題に発展する恐れがあります

普段の生活に大きな影響はなさそうですが、仕事で集中したい時やお昼寝の時にはうるさいと感じる方も少なくありません。

小型ドローンを飛行させる場合は、夜間は控え、トラブルにならないように配慮しましょう。

小型ドローンは本体がとても小さいので、風の影響を受けやすい問題や、バッテリーがコンパクトになり長時間飛行が難しいといった影響があります。

小型ドローンの多くは複数バッテリーが用意されているので、飛行中に他のバッテリーを充電しておけば長く遊べます。

また、小型ドローンに搭載されたカメラは空撮用ではなく、あくまでも空撮映像を楽しむためのカメラなので、写真や動画の質にはあまり期待できません。

ですが、子供が遊ぶくらいであればスペック的に全然問題ないカメラを搭載している機体がほとんどなので安心してください。

小型ドローンは長くて50m程度しか離れられないので、広い敷地で飛ばすと操作ができなくなってしまう恐れもあります。

広大な敷地で小型ドローンを飛ばす際は、操作可能距離をあらかじめ覚え、操作ができる距離を保って飛ばしましょう。

100g未満の小型ドローンで遵守するべき3つの法規則

100g未満の小型ドローンは、航空法の適用外であるため、自宅や倉庫など室内であれば基本自由に飛行させられます。

しかし、100g未満の小型ドローンでも遵守しなければ法規制の対象になり、最悪の場合逮捕されてしまう可能性があります。

そこでここでは、100g未満の小型ドローンで遵守するべき3つの法規則を詳しく解説します。

【遵守するべき3つの法規則】
・小型無人機等飛行禁止法
・都道府県で定められている条例
・土地所有者、施設管理者による規則

それでは1つずつ解説します。

小型無人機等飛行禁止法

小型無人機等飛行禁止法の概要の画像出典:警視庁

100g未満の小型ドローンで遵守するべき法規則の1つ目は、小型無人機等飛行禁止法です。

小型無人機等飛行禁止法は、国の重要施設やその周辺上空におけるドローンの飛行を禁止する法律です。

航空法が100g以上のドローンを対象とするのに対し、小型無人航空機飛行禁止法は100g未満も含めて全てのドローンを規制対象としています。

法律で定められた飛行禁止の重要施設には、国の重要な施設(国会議事堂、内閣総理大臣官邸、最高裁判所、皇居等)、政党事務所、外国公館等、防衛関係施設、空港、原子力事業所があります。

また、G20国際会議などの大規模イベントでは、会場周辺にもこの法律が適用され、ドローンの飛行が禁止されることがあるので覚えておいてください。

小型無人機等飛行禁止法について詳しく知りたい方は、警視庁「小型無人機等飛行禁止法関係」をご参照ください。

都道府県で定められている条例

100g未満の小型ドローンで遵守するべき法規則の2つ目は、都道府県で定められている条例です。

航空法の適用外となる100g未満の小型ドローンを飛ばす場合でも、都道府県で制定された条例も確認する必要があります

条例によっては、法律で禁止されていなくても特定の場所でのドローン飛行が制限されている場合があるので注意が必要です。

例えば、東京都が管理する都市公園の設置、管理、利用等について定めた条例である『東京都公園条例第16条第10号』では、都立公園における無人飛行機(ドローンなど)の飛行に関して、公園利用者の安全に配慮する必要があることから原則として禁止しています。

ただし、知事が都立管理のために無人飛行機(ドローンなど)が必要であると認めた場合に関しては、都立公園の使用が認められることがあります。

もし外でドローンを飛ばす場合は、このような条例に反していないかをチェックしてから飛ばすようにしましょう。

土地所有者・施設管理者による規則

100g未満の小型ドローンで遵守するべき法規則の3つ目は、土地所有者・施設管理者による規則です。

法律や条例に関係なく、土地所有者や施設管理者がドローンの飛行を禁止している場合は、飛ばすことはできません

したがって、ドローンを飛ばす際には、法律と条例を確認した上で飛行場所の管理者または所有者に問い合わせるようにしましょう。

おすすめの小型ドローン10選

小型ドローンのメリットとデメリットを紹介しましたが、ドローンの中でも様々な種類の物があります。

【小型ドローンの種類】
・写真が撮れる
・対戦できる
・小回りが利く

遊ぶ用途によって選ぶドローンも変わってくるので、ドローンを購入する目的を明確にし、自分に合ったドローンを選んでください。

それではここから、おすすめの小型ドローンを詳しく紹介します。

Ryze Tello

Tello出典:Ryze Robotics

Ryze Telloは小型ドローンの中で特に有名なドローンで、DJIのシステムを採用してます。

参考価格 12,980円
重量 80g
カメラ性能 最大HD撮影
最大飛行時間 13分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 100m
操作方法 スマホ

Ryze Telloは本体重量が80gととてもコンパクトで、プロペラガードが搭載されているため、子供でも安心して遊べるドローンです。

DJIのシステムを利用しているので、ホバリングや操作不能になった場合の自動着陸機能など、安全面もしっかり対策されています。

ジンバルは搭載されてませんが、スマホにも対応している電子式映像ブレ機能があるため、ある程度空撮のブレも軽減できます。

また、Ryze Telloはハイスペックなドローンであるにもかかわらず、わずか12,980円で購入できるとてもコスパの良いドローンです。

子供だけでなく大人でも練習するにはちょうどよいサイズ感とスペックが備わっているので、幅広い年齢層におすすめできます。

さらにRyze Telloには、プログラミングでドローンを操作できる機能もあるので、これからプログラミングをやってみたい子供がいる場合、遊びながらプログラミングを学べる絶好のチャンスです。

Holyton HT30

Holyton HT30の画像出典:Amazon

HolytonのHT30は、扇風機や換気扇のような形をした特徴的なドローンです。

参考価格 4,390円
重量 41g
カメラ性能 なし
最大飛行時間 12分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 40m
操作方法 送信機

多くのドローンは本体からアームが伸びて、アームの先端にプロペラがついているのが一般的です。

しかし、HT30は正方形の形をしたドローンで、プロペラが内部にあるのでとても安全な仕様になってます。

また、投げると自動で飛行する機能や、ホバリングモードもあるので、操作しなくても楽しめる仕様となっています。

さらにHolyton HT30は、安全が確認できないと認識すると自動で着陸する機能や、高度を保つ機能も搭載されているので、初心者でも安心してドローンの操作ができます。

バッテリーは取り外し可能なスティック状の形をしており、初めから2個付属しているので充電しながらの飛行もおすすめです。

HT30の前方にはLEDライトが搭載されており、暗い部屋でも照らしながら遊べます。

飛行中にドローン本体を1回転させられるため、HT30だけで様々な遊び方が楽しめます。

Holyton HT20

Holyton HT20の画像出典:Amazon

Holyton HT20は一般的なドローンの形をしていますが、初めからプロペラガードがあるので子供でも安心して遊べるドローンです。

参考価格 4,890円
重量 31g
カメラ性能 なし
最大飛行時間 21分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 50m
操作方法 送信機

Holyton HT20は本体に赤外線センサーが搭載されているので、触ろうとするとドローンが自動で離れる機能が搭載されてます。

HT20は、上に投げると自動で飛んでくれる機能やブーメランモード、ホバリングモードもあるので様々な楽しみ方ができます。

コントローラーからは速度の調節ができるので、自分の操作レベルに合わせた飛行ができるので安心です。

また、赤外線センサーを活用して壁や物との衝突を防ぐ障害物回避モードも設定できます

ドローンを操作するだけでなく、体も動かして遊びたい方はHolyton HT20がおすすめです。

また、前方にLEDライトが搭載されているので、暗い場所やドローンの前方が分かりやすくなります。

バッテリーは3個付属しているので、飛行させながら他のバッテリーを充電できるので、長時間遊べるドローンとなっています。

Holyton HT25

Holyton HT25の画像出典:Amazon

Holyton HT25はDJIのAirやMiniに形が似ており、小型ドローンの中でも特にカッコイイ形をしています。

参考価格 8,280円
重量 57g
カメラ性能 最大FHD撮影
最大飛行時間 22分
ホバリング機能 なし
最大操作距離 30m
操作方法 スマホと送信機

Holyton HT25は1万円以内で購入できる小型のドローンですが、最大フルハイビジョンで撮影できる高スペックなドローンとなっています。

他にもFPVに対応しているので、送信機に取り付けたスマホからドローンの映像をリアルタイムで確認できます。

スマホで描いた道を飛行する機能や、ジェスチャー機能もあるので色々な楽しみ方があります。

また、コントローラーの操作が難しいと感じる方は「体感モード」を利用することで、スマホを傾けた方向に進んでくれる機能があります

Holyton HT25は小型ドローンの中でも特に画質がきれいなので、これから空撮の練習を考えている方におすすめのドローンです。

Holy Stone D23

Holy Stone D23の画像出典:HolyStone

Holy Stone D23はプロペラガードが光り、暗い部屋でも楽しめるドローンです。

参考価格 8,029円
重量 53g
カメラ性能 最大HD撮影
最大飛行時間 14分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 50m
操作方法 スマホと送信機

Holy Stone D23の送信機から発光パターンを変更できるので、様々な表情のドローンが楽しめます。

Holy Stone D23は他のドローンとは違い、LEDライトが青や緑など様々なパターンがあるので、遠くから見ても派手に光っているように見えます。

また、カメラが搭載されており、FPVにも対応しているのでスマホからリアルタイムで映像を確認できる機能も楽しみの1つです。

ドローンの素材は衝突をできるだけ軽減できるABS樹脂を利用しているので、子供でも安心して遊べるドローン設計となっています。

さらに、ブーメランモードに変更してドローンを投げると、自動で手元に戻ってくる機能も搭載されてます。

飛行スピードを調節できるので、飛行に自信がない方でも安心して利用できます。

Holy Stone D23では様々な遊び方が可能で、他のドローンにはない暗い部屋で楽しめる小型のドローンという魅力があります。

Holy Stone D23の購入はこちらから

Holy Stone HT06

Holy Stone  HT06の画像出典:HolyStone

Holy Stone HT06は、球体のような形をしている個性的なドローンです。

参考価格 5,808円
重量 76g
カメラ性能 なし
最大飛行時間 6分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 50m
操作方法 送信機

球体の中にドローンがあるので、プロペラに指が巻き込まれてしまう事故をなくせるメリットがあります。

また、球体は光るので、暗闇の中で光らせて飛行させても楽しめます。

ですが球体のような形をしているので、今ドローンがどの方向を向いているのか把握するのが少し難しいというデメリットもあります。

ヘッドレスモードが搭載されているので、前後左右が分からない時はヘッドレスモードを利用しましょう

Holy Stone HT06には、他のドローンにも搭載されてるホバリングモードの他に、サーフィンモードや、トリプルリープ機能があります。

ボールのような形をしているので、友達とドローンに触れずにキャッチボールのような遊び方ができるという特徴もあります。

Holy Stone HT06は、他のドローンと比べると個性的なドローンという部類になるので、他にはないドローンを楽しみたい方におすすめです。

Holy Stone HT06の購入はこちらから

Holy Stone HS177

Holy Stone  HS177の画像出典:HolyStone

Holy Stone HS177は、赤外線を活用して相手と対戦できるドローンです。

参考価格 8,239円
重量 66g
カメラ性能 なし
最大飛行時間 9分
ホバリング機能 なし
最大操作距離 記載なし
操作方法 送信機

多くのドローンは撮影したり飛行させたりする物が多いですが、HS177は赤外線を利用して相手と戦える機能が搭載されてます。

ルールは相手のドローンに赤外線を4回当てると動かなくなるという単純なルールですが、空中で戦える唯一のドローンとなっています。

ドローン本体には赤外線の送信部分と受信部分があり、コントローラーから赤外線を送信するボタンがあります。

送信して相手のドローンに当てればダメージがカウントされ、攻撃を受けたドローンは左右に揺れたり旋回するなど、攻撃が当たったことが分かるような仕組みになっています。

対戦型のドローンは大人でも熱中できるほど楽しめるので、自宅で遊ぶ時やキャンプした時などに盛り上がることは間違いありません。

また、Holy Stone HS177は約9分間の飛行が可能なので、一度の充電で何度も対戦できます

Holy Stone HS177は、ドローンの単純な飛行やカメラ撮影に飽きた人やドローンを用いたゲームをしたい方におすすめです。

Holy Stone HT02G

Holy Stone HT02Gの画像出典:HolyStone

Holy Stone HT02Gは、送信機にドローンを収納できるほどコンパクトな設計のトイドローンです。

参考価格 3,949円
重量 19g
カメラ性能 なし
最大飛行時間 21分
ホバリング機能 なし
最大操作距離 30m
操作方法 送信機

Holy Stone HT02Gは、重量も19gと少しの風で流されてしまうくらい小さなドローンなので、室内で思い切り遊べます。

かなり小さいトイドローンなので、例えば洗濯物の間を通り抜けたり、いすやテーブルの足を潜り抜けるような遊び方もできます。

操作に慣れてくるとダイソンの扇風機の中を通過するなど、潜り抜ける遊びを楽しめます。

Holy Stone HT02Gは速度を調節できるので、自分の操作スキルに合わせたスピードでフライトできるので、特にドローン初心者におすすめの機体となっています。

Holy Stone HT02Gの購入はこちらから

Holy Stone HS340

Holy Stone HS340のAmazon画像出典:Amazon

Holy Stone HS340は、DJI製のドローンに形が似ているスタイリッシュなドローンです。

参考価格 7,678円
重量 50g
カメラ性能 最大HD撮影
最大飛行時間 22分
ホバリング機能 あり
最大操作距離 40m
操作方法 スマホと送信機

Holy Stone HS340はスマホと同期可能で、FPVにも対応しているのでドローンの映像をリアルタイムで楽しめます。

他にもジェスチャー機能にも対応しているので、操作ができなくてもクオリティの高い動画を撮影可能です。

バッテリーは2個しかありませんが、22分のフライトに対応しているので長時間撮影もできます。

また、ホバリングモードやヘッドレスモードなど事前にアプリで設定したルートを走行する機能も対応してます。

操作しながらの撮影が難しい場合でも簡単に撮影できるので、誰かに撮影してもらったような動画を撮影できます。

Potensic A20

Potensic A20の画像出典:Amazon

Potensic A20は、初心者でも簡単に操作ができるように作られています。

参考価格 3,780円
重量 23g
カメラ性能 なし
最大飛行時間 15分
ホバリング機能 なし
最大操作距離 15m
操作方法 送信機

Potensic A20ではヘッドレスモードと呼ばれる機能を搭載していますが、ヘッドレスモードを利用すると操縦者から見た方向で操作ができます

直進する時はドローンの頭の部分を先頭に進み、後進する時はドローンのおしりを先頭に進みます。

ドローンの操作に慣れてないと向きが変わってしまい、そのたび操作を変えなくてはいけません。

しかし、ヘッドレスモードを利用すればドローンの向きを気にすることなく操縦できるので、操縦に自信のない方でも安心して遊べます。

まとめ

この記事では、子供でも安心して遊べるおすすめの小型ドローンを紹介しました。

小型のドローンは撮影やレース、対戦など様々な用途に適した物が販売されているので、気になる方は是非遊んでみてください。

多くの小型ドローンは1万円以下で購入できる安価なものばかりなので、壊れたり紛失しても諦めがつきます。

また、小型ドローンは子供の遊び道具としては安い方なので、子供にプレゼントするおもちゃで悩んでいる方にもおすすめできます。

おすすめのドローンスクールは?
おすすめのスクールを知りたいという問い合わせを多く頂くため、当サイトのおすすめドローンスクールを紹介します。
当サイトのおすすめのドローンスクールは「ドローン免許学校(旧NBドローンスクール)」です!
株式会社スカイリードドローン免許学校は株式会社スカイリードが名古屋を中心に全国展開中のドローンスクールです。
当サイトでも1番おすすめのスクールで、最も受講生をご紹介させて頂いています。
▼ドローン免許学校の情報
ドローン免許学校の概要
どのドローンスクールも教えられる内容には大差はなく、受講する生徒のほとんどが講師の人柄やアフターフォロー(仕事紹介)などでスクールを選択しています。
NBドローンスクール時代からも丁寧な事前説明〜受講〜受講後対応により、多くの方に選ばれています。
無料説明会を聞いてみる

]]>
農薬散布だけではない!ドローンを使った7つの農作業効率化メソッドとは https://www.cfctoday.org/column/dorone-seven-method/ https://www.cfctoday.org/column/dorone-seven-method/#respond Thu, 18 Apr 2024 06:20:21 +0000 https://wegoted.com/?p=4038 農作業における農業用ドローンの活用ニーズは、年々高まってきています。

農業の現場において、高齢化や人手不足が大きな問題となっているなか、それらを解決するばかりか、農作物の品質向上や収穫量上昇にドローンがひと役買ってくれるのです。

そこで、農林水産省が新たに策定した、「農業用ドローン普及計画」について詳しく説明していきます。ここでは、計画のなかにある7つの分野についてご紹介します。

農業関係者の方は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

▼ドローン農薬散布の仕事について詳しく▼

農業用ドローン普及のために「農業用ドローン普及計画」が策定

2019年3月、農林水産省はさらなる農業用ドローンの普及を目的として、「農業用ドローン普及計画」を策定しました。

農業用ドローン普及計画の主題は、「2022年度までに、農業用ドローンを水田を中心とした土地利用型農業の作付面積の半分以上に普及させるほか、野菜や果樹、中山間地域における先進的な経営体へ導入する」というものです。

計画のなかでは、農業用ドローンの活用が特に期待される7つの分野を設定しています。

(1)ドローンを使った農薬散布について

農作業において農薬の散布は必要不可欠です。

今までは産業ヘリを用いて農薬の空中散布を行っていましたが、産業ヘリの代替としてドローンを用いた農薬散布を行ないます。

ドローンは、産業ヘリと比較して非常に安価です。さらに、コンパクトで扱いやすいというメリットがあります。

農業用ドローンを使った農薬散布によって、労働負担の軽減や作業効率の向上、コストの大幅な削減が期待できます。

さらに、産業ヘリでは成しえなかったピンポイントでの農薬散布にも、ドローンはひと役買ってくれます。病虫害の発生など、農薬の散布が必要に迫られたとき、効率的に防除作業を行うことができるため、収量や品質の向上にも貢献してくれます。

なお計画では、2022年までにドローンによる散布面積を100万haまで拡大することを目標に掲げています。

(2)ドローンを使った肥料散布について

農業用ドローンを用いて肥料の散布を行います。

肥料散布に使用されるドローンは、農薬散布に用いられるドローンと同じ機体で賄うことができます。

中山間地域のような不整型な場所でも、小回りの利くドローンであればより精密な散布が可能となり、農業用ドローンを使った農薬散布と同様の効果が期待されています。

(3)ドローンを使用した播種について

ローンに搭載した散布装置を使って、鉄コーティング種子などの散播を行います

空中からの播種は産業ヘリを利用して行われるのが一般的でしたが、ドローンに代えることでコストや労働力の削減が実現します。

ドローンによる播種はまだ一般化していませんが、一部地域ではすでに取り入れられており、着々と成果を出しているようです。

北海道旭川市にある「一般社団法人シンプルライフ協会」の実験によると、1000㎡の水田にドローンで播種した作物を栽培したところ、従来とまったく変わらない収穫高を記録したそうです。

(4)ドローンを使った農作物の受粉について

農業用ドローンに搭載した散布装置から、花粉を混ぜた溶液の散布を行います。

これによって、リンゴやナシといった人工授粉が欠かせない作物に効率的な受粉作業が行えるようになり、作業の省力化が可能となります。

「マルショウ紫波」が実際に農業用ドローンを使った受精を行ったところ、以前は4人で1時間以上かかっていた受粉作業がわずか15分で完了。受粉の効果にも何ら問題はなく、人工授粉と比べて収穫量も品質もやや上回る結果となったようです。

(5)ドローンを使用して農産物等を運搬について

農業の現場では、高齢化や担い手の不足が顕著となり、大きな問題となっています。そのため、収穫物の運搬作業は大きな課題となっていました。

そこで、ドローンにコンテナを取り付け、運搬に用いることで農業資材運搬における省力化を目指しています。

ただし、農産物の運搬には、特化した性能が求められます。風害や鳥害などまだまだ課題はたくさんありますが、メーカー各社は開発・実証を重ねている段階です。

(6)空撮して行う圃場センシングについて

ドローンで空撮することによって農作物の生育状況や病害虫の発生箇所を確認することができます今までは人工衛星を使って行われていましたがドローンを活用すれば人工衛星よりも容易に情報を取得することができます

農作物の状況を逐一チェックすることができるので適切な管理を促すことが可能となり品質の向上につながります。

(7)ドローンを使った鳥獣被害対策

鳥や獣といった動物の被害に悩まされている農家の方々は数多くいらっしゃいます。

このような鳥獣被害への対策として、赤外線カメラを搭載したドローンで空撮を行います。

ドローンを用いて鳥獣の生息実態を把握したり、リアルタイムな見回りを行ったりすることによって、作業の効率化を図ることができます。

まとめ

  • 農林水産省はさらなる農業用ドローンの普及を目的として、「農業用ドローン普及計画」を策定
  • 7つの分野すべてにおいて農業従事者の労働力減、生産性増に貢献している
  • 今後、農業用ドローンは農業の発展に必要不可欠な存在となるかもしれない

これからさらにどのような進展があるのか、農林水産省の新たな動きをしっかりとウォッチしておきましょう。

]]>
https://www.cfctoday.org/column/dorone-seven-method/feed/ 0