ドローンショーの費用ってどれくらい?相場や最安の会社を紹介!

ドローンショー 費用のアイキャッチ画像

ドローンショーを開催しようと考えている方は、かかる費用やその内訳が気になると思います。

ドローンショー運営会社を事前に調査せずに業者の「業界最安値」などの謳い文句をあてにすると失敗しやすく、予想以上に費用が膨らむケースが多々あります。

新規にドローンショーを開催するためには多くの項目で費用がかかるため、各社見積もりの内容を比較して決めないといけません。

ドローンショーの費用は同じ要望でも会社ごとに金額が異なるため、提案する内容に見合っているか確認する必要があります。

そこでこの記事では、ドローンショーの相場や最安会社の特徴や選び方を解説するので、ドローンショーの開催を検討している方は参考にしてみてください。

【本記事でわかること】
・日本国内にあるドローンショーの会社
・ドローンショーの費用相場
・ドローンショーで最安の会社

ドローンショーとは

ドローンショーの画像

ドローンショーは多数のドローンにLEDライトを搭載し、上空に放ち企業ロゴや花などのデザインを演出するイベントです。

同イベントは、最先端のエンターテイメントとして注目され、遠くからでも伝えたい情報を発信できるという特徴があります。

ドローンショーはお祭りなどのイベントを活性化でき、SNS拡散で認知度が上がるなど費用対効果が高いアピール手段として用いられています。

また、考えたアイデアをデザインにして上空で表現しますが、ドローンは無人機を使用しプログラムで制御しているため、人的損害を受けるリスクがなく安全にアピールできます。

ドローンショーの会社は日本に何社ぐらいあるのか?

国内ドローンショーの画像

現在、日本国内にあるドローンショーの会社は「株式会社ドローンショー」「株式会社レッドクリフ」「有限会社ティーツーアール」の3社のみです。

ドローンの技術は日本国内よりも海外のほうが先行しているため、ドローンショーを開催する会社が多く、日本は歴史が浅いこともあり運営会社が少ないのが現状です。

また、日本国内にドローンショーの会社は3つしかないため、依頼する場合は各社見積もりの内容を比較して納得できる会社を探すことになります。

新規にドローンショーを開催する場合は選択肢が限られるため、要望を伝えてから納得ができる内容を提案してもらえる会社を選ぶ方法が最適です。

しかし今後は、日本国内でドローンショーの需要が高まり、専門の会社も増えることが予想されます。

ドローンショーの費用相場は?

ドローンショーの費用相場は、場所やドローンの台数などで変わりますが、屋外より屋内のほうが安くなります

屋外より屋内の方がドローンショーの費用が安く済む理由は、屋内は屋外よりも狭い範囲でドローンを飛ばせることや、かかる費用の内訳になる項目が少ないためです。

新規にドローンショーを依頼する場合、屋内は100万円からになり、屋外は300万円からが相場になります。

しかし、規模が大きくドローンの数が増えると費用が高くなり、同じ要望でも依頼する会社によって費用が異なるため、比較してから選ぶことが大事です。

ドローンショーはショーの実施以外にも費用が結構かかる

ドローンショーの費用はイベント開催費用以外の項目にも、ロケハンやアニメーションの制作、許認可申請などの費用がかかります。

このため、新規にドローンショーを開催するためには場所を確保し、航空局への許可を受けてリハーサルするまでには人件費などかかる費用の項目が多いことを覚えておきましょう。

また、アニメーションの制作や許認可申請には合計で最短でも2ヶ月を要するため、開催予定日や希望する場所を決めて会社と交渉する必要があります。

ドローンショーの料金プランは、「基本メニュー」と「ドローンメニュー」「オプションメニュー」があり、それぞれの内訳を確かめて依頼することが重要です。

このため、ドローンショーはショーの実施以外にも多くの費用がかかるため、基本料金が安くても合計金額で高くなる場合があります。

ドローンショーの最安の会社はどこか?

新規にドローンショーを依頼するときは最安の会社が理想的ですが、事前に見積もりをしてもらい項目別の費用を確かめることが大事です。

株式会社ドローンショーの画像出典:株式会社ドローンショー

株式会社ドローンショーは、100台規模のドローンを使用したショーでおよそ500万円になり、業界最安値と言えます。

しかし、日本国内にはドローンショーを開催できる会社が3社しかなく、最安の会社はプランごとに見積もりをしてもらわないと判断しにくいのが現状です。

また、ドローンショーを開催するまでにはアニメーション制作以外に場所を確保し、国土交通省に許可を受ける必要があります。

そのほか、進行管理費や現場視察費、現場運営費などもあり、ただ単に基本料金だけで判断すると失敗するリスクが高まります。

このため、「業界最安値」をアピールしている会社は、あくまでも基本料金で判断し、オプション費用などを除外するケースもあります。

新規にドローンショーを依頼するときは会社ごとの見積もり内容を比較し、割高にならないか確かめて決めることが重要です。

また、最安の会社は要望する内容に応じて変わってくるため、一概に決めることが難しくなります。

ドローンショーを運営する会社の事例や実際にかかった料金を比較し、安心して利用できる会社を選びましょう。

関連記事

  1. YouTubeトップページの画像

    ドローンを使ったYoutuber/ドローン動画クリエイターをご紹介

  2. ドローンショーの仕組みはどうなってる?普通のドローンでもできるのか?

  3. ドローンショー 日本のアイキャッチ画像

    ドローンショーを日本で開催するには?法律や事例などを解説

  4. DJI RSC 2公式サイトの画像

    DJI RSC 2を紹介【優れた携帯性とハイパフォーマンスのプロ用カメラジンバル】

  5. 掌の上のドローンの画像

    【2022年最新】ドローンとは何なのか?初心者でもこれを見れば概要が分かる!

  6. ドローンショーを中国で開催するには?法律や事例などを解説

LINEでドローンの無料相談実施中!
友達追加はこちら
LINEで無料相談実施中!
友達追加はこちら