ドローンレンタルのおすすめは?空撮や点検にも使えるのか?

ドローン レンタルのアイキャッチ画像

一昔前まではヘリコプターで空撮するのが一般的でしたが、ドローンの誕生により安価で手軽に空中での撮影ができるようになりました。

ヘリコプターと比較すると圧倒的に安く抑えられますが、個人で利用する方はドローンでも高く感じると思います。

ですが最近、ドローンのレンタルサービスが増えているため、ドローンを購入しなくても空撮できるようになりました。

近年ではシェア文化が強まっている背景もあり、カメラやドローンもレンタルする人が増えています。

そこでこの記事では、ドローンレンタルの特徴や料金、ドローンを貸出している会社を詳しく紹介します。

【本記事でわかること】
・ドローンのレンタルにおすすめな人
・ドローンレンタルで利用できるドローンの種類
・ドローンレンタルの利用料金
・ドローンレンタルできる期間
・国内のドローンレンタルサービスについて

目次
  1. ドローンはレンタルができる?
  2. 国内のドローンレンタルサービスを一挙にご紹介
  3. ドローンレンタルに関するよくある質問と回答

ドローンはレンタルができる?

近年では、ドローンの性能が向上し、値段が高くなっているため購入できていない方もいると思います。

ハイスペックドローンは4K画質で撮影できることもあり、どうしても映像にこだわりたい方は高い価格の上位ドローンを利用する必要があります。

しかし、初心者にとってドローンの操作は難しく、壊してしまうのではないかという不安もあります。

このような不安を解決するのが、空撮したい時だけドローンをレンタルできるドローンのレンタルショップです。

レンタルしたドローンは、基本的に配送されるので、返却時も宅配便を利用できます。

ここからは、ドローンのレンタルに関する疑問や特徴などを紹介します。

免許がなくても飛ばして大丈夫?

航空法の対象となる100g以上のドローンを飛行させる場合は免許がなくても問題ありませんが、2022年の12月からドローンの免許が国家資格になる予定なので、今後は免許が必要になる可能性があります。

個人で保有しているドローンやレンタルでも扱いは同じなので、ドローンを飛ばすのに免許が必要な場合は、レンタルでも免許の提示が必要になります。

たとえば、車の運転には免許が必要ですが、レンタカーでも同様に運転免許証が必要なことと同じです。

このように、今後ドローンの飛行に免許が必要になれば、レンタルのドローンでも免許が必要になる可能性があることを覚えておきましょう。

ドローンのレンタルはどんな人におすすめ?

ここでは、ドローンのレンタルに向いている人を紹介します。

・常に最新モデルを利用したいけど、購入できない人
・何度かドローンを試してみたい人
・一年に数回しか利用しない人
・どの機種にするか迷っている人
・自分で保険に加入するのが面倒な方

空撮を仕事にしている人にはレンタルドローンは向いていませんが、たまに空撮する方やこれからドローンを試してみたい方にはレンタルドローンがおすすめです。

ドローンも毎年最新モデルが登場しているので、一年に数回しか利用しないと損した気持ちになってしまいます。

ですがレンタルドローンを利用すれば、常に最新のドローンを扱えるため、お得にドローンを利用できます。

レンタルドローンでは、豊富な機種を取り扱っているため、購入前にドローンで色々試してみたい方にもおすすめできるサービスとなっています。

どんなドローンがレンタルできるのか?

ドローンのレンタル会社では様々なドローンを用意しており、使用用途によって使い分けられます。

ドローンのレンタル会社で主に取り扱っている商品は、下記の通りです。

・DJIドローン
・トイドローン
・水中ドローン
・点検で使用するハイスペックドローン

もしドローンを飛ばして遊ぶ場合は、「トイドローン」をおすすめします。

トイドローンは頑丈に作られており、航空法に引っかからないよう機体重量が100g未満に抑えられているため、子供から大人まで安心して遊べます。

他にもレースや、家の中で遊びたい方にもトイドローンはおすすめです。

高画質な映像を求めている方は、DJIが販売している中堅のドローンで空撮がおすすめです。

例えば「DJI Mavic Pro」や「PowerEgg X」などのドローンは、高画質でジンバルがついているため、ブレずに高画質できれいな映像が撮影できます。

特にDJIドローンは、テレビ撮影でも利用されるほど高機能なドローンなので、空撮には中堅のドローンを利用しましょう。

点検など仕事でドローンを利用する場合は、ハイスペックモデルのドローンがおすすめです。

ハイスペックモデルのドローンは「望遠に特化」「赤外線搭載」「サーモグラフィ機能」など様々な機能が備わっています。

点検によって利用する機能は異なりますが、レンタルでもハイスペックなドローンを借りられます。

業務用のドローンを取り扱っているレンタル会社は限られていますが、DJIのハイスペックドローンが用意されている会社もあるので利用してみましょう。

ドローンのレンタルはどれくらいの料金?

ドローンのレンタル料金は、レンタルするドローンのスペックや期間によって異なりますが、1万円以下でレンタル可能です。

オプション料金として「保険」「飛行申請許可代行」「オプションレンタル」など様々な種類があるので、レンタル会社によって金額は大きく異なります。

1万円を超えるレンタルドローンも存在しますが、年に数回しかドローンを利用しない場合はレンタルしたほうが割安になります。

ドローンのレンタル会社によって利用料金が変わるため、各会社を比較してからレンタルするようにしましょう。

ドローンのレンタルはどれくらいの期間借りられる?

ドローンのレンタルは1泊2日〜数週間レンタル可能ですが、レンタル会社によっては1泊2日が安かったり、長期間利用したほうが安くなる会社もあります。

ドローンを数ヶ月利用する場合は購入したほうが割安になる場合もあるので、長期でドローンを利用する方は計算して「どのレンタル会社が安いのか」「ドローンを購入したほうが安いのか」も合わせて確認してみましょう。

ドローンのレンタル会社の中には、申し込みを完了させた後に即日発送してくれる会社もあるので、急いでいる方は発送時間も問い合わせてみましょう。

国内のドローンレンタルサービスを一挙にご紹介

ここからは、ドローンをレンタルできる会社を紹介します。

レンタル可能な期間や値段、補償や保険の有無についてまとめているので参考にしてください。

会社によっては飛行許可申請を代行してくれるところもあるので、初心者が100g以上のドローンを飛行させる際は、飛行許可申請代行に対応しているドローンレンタル会社がおすすめです。

それでは、1社ずつドローンレンタルサービスを紹介します。

ドロサツ

ドロサツ公式サイトの画像出典:Drosatsu

ドロサツは、DJIドローンの他に水中ドローンも取り扱っているレンタルショップです。

取り扱っているドローンメーカー ・DJI
・QYSEA(水中ドローン)
保険制度 対応
補償制度 対応
飛行許可申請代行 対応
オプション 予備バッテリーのカメラフィルターなど
最低金額 3,980円
最短期間 1泊2日

同社の一番安いプランは3,980円でレンタルできるので、ドローンをはじめて飛ばしてみたい方におすすめです。

ドローンの機体の種類も豊富で、プロに人気の「DJI Mavic 2 Pro」や初心者におすすめの「DJI Mavic Air2」「DJI Mini 2」などを取り揃えています。

ドロサツは、本格的なドローン撮影をしたい方や空撮を体験したい方におすすめです。

ドローンレンタルネット

ドローンレンタルネット公式サイトの画像出典:ドローンレンタルネット

ドローンレンタルネットは、ドローン以外にスマホジンバルやアクションカムもレンタルできる会社です。

取り扱っているドローンメーカー ・DJI(スマホジンバルも対応)
・QYSEA(水中ドローン)
保険制度 対応
補償制度 対応
飛行許可申請代行 未対応
オプション iPhoneやiPadの貸し出し他多数
最低金額 10,200円
最短期間 1泊2日

ドローンはリアルタイムで映像を送信できる機能がありますが、その映像はiPhoneやiPadなどでも閲覧できます。

もちろんAndroidでもリアルタイムの映像を送信可能ですが、大画面で見る場合はiPadを利用することをおすすめします。

ドローンレンタルネットでは、iPhoneやiPadの貸し出しにも対応しており、Apple製品を保有していない方でもドローンを最大限楽しめるという魅力があります。

飛行許可申請代行には対応してませんが、保険と補償制度には対応しているため、安心してドローンをレンタルできます。

また、他社と比較してレンタル金額はやや高めに設定されていますが、水中ドローンも取り扱っているので、一社で撮影機材を一式揃えられます。

ドローンレンタルネットは、最短当日発送も可能なので、急ぎでドローンをレンタルしたい人におすすめです。

DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタル公式サイトの画像出典:DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタルは、DMM.comが運営しているレンタルショップで、ドローン以外にも家電のレンタルも実施しています。

取り扱っているドローンメーカー ・G-FORCE
・Parrot
・PowerVision(水中ドローン)
保険制度 未対応
補償制度 未対応
飛行許可申請代行 未対応
オプション 予備バッテリー
最低金額 2,900円
最短期間 7泊8日

DMMいろいろレンタルでは、トイドローンをメインに貸し出ししています。

同社でレンタルできるトイドローンは、G-FORCE(ジーフォース)のドローンがメインになります。

G-FORCEは、カメラがついてないドローンやカメラがついても低画質なドローンなので、金額的にはとても安く抑えられます。

ドローンの本体料金が安いこともあり、2,900円〜とレンタル料金もかなり安く抑えられます。

DMMいろいろレンタルで取り扱っているドローンの多くは、飛行許可申請が必要ない100g未満なので、誰でも安心して飛ばせるという魅力があります。

DMMいろいろレンタルは、ドローンで遊んでみたい方や家で子供とドローンで遊ぶ方におすすめです。

モノカリ

モノカリ公式サイトの画像出典:モノカリ

モノカリは、家電やパソコンをレンタルしているレンタル会社ですが、ドローンのレンタルにも対応してます。

取り扱っているドローンメーカー DJI
保険制度 未対応
補償制度 対応
飛行許可申請代行 未対応
オプション 未対応
最低金額 3,500円
最短期間 2泊3日

モノカリは、DJIドローンを最低3,500円からレンタルできる会社で、空撮の練習をしたい場合におすすめです。

一番レンタル料金の安いドローンは機体重量が80gで航空法に触れないTelloで、写真は5MP(2592×1936)、動画はHD720p30で撮影できるなど、100g未満のドローンの中では圧倒的なスペックを持っています。

SNSにアップロードするレベルの空撮であれば十分過ぎる画質なので、気軽にドローンを飛ばしてSNSにアップしたい方はモノカリでドローンをレンタルすることをおすすめします。

ドロレン

ドロレン公式サイトの画像出典:ドロレン

ドロレンは、小売り事業を展開している企業で、ドローンのレンタルサービスも展開してます。

取り扱っているドローンメーカー DJI
保険制度 未対応
補償制度 対応
飛行許可申請代行 未対応
オプション 未対応
最低金額 12,800円
最短期間 2泊3日

ドロレンで取り扱っているドローンは、「PHANTOM3 STANDARD」「PHANTOM3 PROFESSIONAL」「PHANTOM4」と、PHANTOMシリーズのみのレンタルとなってます。

他のレンタルショップと比べるとPHANTOMシリーズのレンタル料金が安いため、安価でPHANTOMのドローンを利用したい方におすすめです。

セキド

セキド公式サイトの画像出典:セキド

セキドはドローンのオンラインショップを運営している会社ですが、レンタルサービスも実施しています。

取り扱っているドローンメーカー DJI
保険制度 対応
補償制度 対応
飛行許可申請代行 対応
オプション 未対応
最低金額 19,800円
最短期間 2泊3日

セキドでレンタルに対応しているドローンは、DJIのPHANTOM4 PROのみですが、空撮を目的としている方におすすめです。

PHANTOMはテレビや映画の撮影でも利用されるほどカメラのスペックが高く、カメラのセンサーサイズも上位モデルの一眼レフと同じレベルを利用してます。

注文はお問い合わせフォームからできるので、個人の要望を細かく伝えられる魅力があります。

また、ドローンのレンタルは最長6泊7日ですが、それ以上の貸し出しも相談可能です。

利用するドローンがPHANTOMと決まって、長期利用する方は、セキドのドローンレンタルがおすすめです。

ドローンレンタルセンター

ドローンレンタルセンター公式サイトの画像出典:ドローンレンタルセンター

ドローンレンタルセンターは、「空中」「陸上」「水中」に対応したドローンを取り扱っているドローンレンタル会社です。

他にもジンバルやドローン周辺アクセサリーなど、様々な製品のレンタルに対応してます。

取り扱っているドローンメーカー ・DJI
・Youcan Robot(水中ドローン)
保険制度 対応
補償制度 対応
飛行許可申請代行 対応
オプション ドローンの撮影請負・調査点検
最低金額 5,900円
最短期間 2泊3日

ドローンレンタルセンターはDJIシリーズのドローンを取り扱っており、PHANTOM以外にもMavicシリーズも取り扱っています。

他にもプロフェッショナル向けの「Inspire」や「Matrice」も取り扱っているので、企業のような大きい組織でもレンタル可能です。

また、産業用のドローンも取り扱っており、「MATRICE 30T」のように過酷な環境でも利用できるドローンもレンタルしているという特徴があります。

ドローンレンタルセンターは個人利用のみならず、企業でも利用できるドローンをレンタルしています。

ACEレンタル

ACEレンタル公式サイトの画像出典:ACEレンタル

ACEレンタルは、DJIドローン以外にもParrotのドローンも取り扱っているレンタル会社です。

取り扱っているドローンメーカー ・DJI
・Parrot
保険制度 未対応
補償制度 未対応
飛行許可申請代行 未対応
オプション 未対応
最低金額 16,500円
最短期間 1泊2日

他にもACEレンタルでは、車やその他撮影機材のレンタルも実施しているので、本格的な撮影をする方におすすめです。

また、ハイエースの貸し出しも対応しているので大規模の撮影も可能となっています。

さらに、長期間ドローンをレンタルする場合は、借りる日数に応じて割引が適用されるなどの嬉しいサービスが付きます。

ACEレンタルは、テレビ番組の撮影実績もあるなど信頼性も高い会社となっているので、本格的な空撮をしたい方におすすめできます。

ドローンソリューションラボ

ドローンソリューションラボ公式サイトの画像出典:ドローンソリューションラボ

ドローンソリューションラボは、Parrotと上位モデルのDJIドローンをレンタルしているレンタル会社です。

取り扱っているドローンメーカー ・DJI
・Parrot
保険制度 対応
補償制度 対応
飛行許可申請代行 未対応
オプション 未対応
最低金額 15,000円
最短期間 2泊3日

DJIのドローンはPHANTOMシリーズの他に、プロフェッショナル向けのInspireシリーズも取り扱っています。

他にもドローン撮影サービスも対応しているので、ドローン飛行をプロに任せたい方におすすめです。

Sky Seeker

Sky Seeker公式サイトの画像出典:Sky Seeker

Sky Seekerは、法人向けのドローンをレンタルするサービスを展開している会社です。

取り扱っているドローンメーカー ・DJI
・KMT
保険制度 対応
補償制度 対応
飛行許可申請代行 未対応
オプション 予備バッテリー
最低金額 7,200円
最短期間 1泊2日

点検向けのドローン「Matrice」や物資輸送に特化した「QSシリーズ」もレンタルしてます。

また、Mavicシリーズも取り扱っており、個人単位でのレンタルも対応してます。

法人に特化したドローンを貸出しているので、どの用途でも対応できるレンタルショップとしておすすめです。

ドローンレンタルに関するよくある質問と回答

ここからは、ドローンレンタルに関するよくある質問とその回答を紹介します。

Q:レンタルドローンは保険対象ですか?

A:取り扱っている全ドローンに対して、賠償責任保険と機体保険を適用しています。
※バッテリーや備品類は除く

Q:2022年6月から適用される無人航空機の機体登録について対応は必要ですか?

A:弊社にて機体登録手続きを行っておりますので、お客様側でのお手続きは不要です。

Q:事前の飛行申請は可能ですか?

A:国土交通省の許可・承認申請が必要な場合は事前にお問い合わせください。申請に必要な情報(機体シリアル番号やその他必要資料)をご提供いたします。

Q:レンタル中に事故が起こった場合はどうすればいいですか?

A:事故が発生した場合は、すぐに弊社までご連絡ください。弊社はドローン保険に加入していますので、事故の内容によっては保険が適用されます。

Q:注文後のキャンセルは可能ですか?

A:レンタル品発送日の15:00までであればキャンセル可能です。

Q:個人でもレンタルできますか?

A:可能です。お見積もりフォームの企業名欄に「個人」とご入力ください。

Q:レンタル期間は延長できますか?

A:可能です。前日までにご連絡下さい。延長料金の御見積をお送り致します。

Q:1週間以上のレンタルは可能ですか?

A:可能です。弊社のレンタルサービスは1日〜年単位でのご利用も可能です。

Q:ドローンをレンタルせずにバッテリーのみのレンタルもできますか?

A:可能ですが、オプション品の場合別途送料が発生します。

Q:クレジットカード決済は対応していますか?

A:対応しております。対応ブランドや支払方法はこちらで確認いただけます。

Q:請求書払いは可能ですか?

A:法人のお客様のみ可能です。お申込の当月末締め翌月末払いで請求書を発行いたします。

Q:ドローン飛行の代行は可能ですか?

A:代行サービスも対応中です。

Q:運送会社営業所への発送は可能ですか?

A:可能です。

Q:沖縄県や北海道など、離島への配送は可能ですか?

A:離島への配送につきましては一度ご相談下さい。

Q:ホームページにないドローンはレンタルできますか?

A:ご希望の商品によっては用意できる場合もございます。お問い合わせページよりご相談下さい。

関連記事

  1. ドローン資格 比較のアイキャッチ画像

    ドローン資格の特徴・価格の違いを徹底比較!

  2. ドローンショー 日本のアイキャッチ画像

    ドローンショーを日本で開催するには?法律や事例などを解説

  3. 農薬散布するなら産業ヘリとドローン、どっちがいい!?

    農業業界の救世主になるか!?おすすめの農薬散布ドローン4選

  4. 【DJI カメラ】DJIのOSMOシリーズ、ジンバルが注目されるのは理由とは

  5. ドローン 価格 カメラ付き おすすめのアイキャッチ画像

    【2022年最新】カメラ付きドローンのおすすめ10選!

  6. ドローンで点検するとは?費用やメリットなどを解説

LINEでドローンの無料相談実施中!
友達追加はこちら
LINEで無料相談実施中!
友達追加はこちら