ドローンの仕事は需要がない?需要が少ない理由と今後の展望を解説!

ドローンの仕事は需要がない?需要が少ない理由と今後の展望を解説!

ドローンの国家資格制度が始まり、ドローンに関する話題を見ない日がないほど日々ドローンの市場は大きくなってきています。

それに伴い「ドローンを仕事にしたい」と思う人も増えてきているでしょう。

しかし、ドローンに関する仕事は現状需要があるのか、気になる方も多くいます。

「ドローンに関する仕事に就きたいけど、実際に需要はあるの?」

「今後のドローンビジネスの展望が知りたい!」

そこでこの記事では、ドローンビジネスの現状と、今後のドローンビジネスの広がりについて、詳しく解説していきたいと思います。

▼ドローン国家資格を取得するメリットの動画▼

ドローンの仕事は需要が少ないと言われる3つの理由

ドローンの技術が進歩を続け、その四条が拡大していく一方で「ドローンの仕事は需要が少ない」と言われることもしばしばあります。

ではなぜドローンに関する仕事の需要は少ないと言われているのでしょうか。

ここからはその理由を具体的に3つ挙げ、それぞれについて詳しく解説していきます。

ドローン技術の普及と競争の増加

近年、ドローン技術は急速に進歩しており、その普及率も高まっています。

このため、多くの人々がドローン関連の仕事に興味を持ち、大企業から個人まで多様な規模の企業が市場へ参入している状況です。

その結果、需要に比べて供給が増え、競争が激化し求人数が限られる傾向があります。

法律や規制面の制約

ドローンを商業目的で使用する場合、国や地域の法律や規制に従う必要があります。

これには特定の飛行制限や許可手続き、プライバシー保護などが含まれ、遵守していかなければなりません。

しかし、ドローンを用いて仕事をする場合、これらの法律や規制を予めきちんと学び習得しておく必要があります。

また、飛行申請などに関しても、その手続きを自ら行わなければなりません。

外注することで申請を代わりに行ってもらうこともできますが、それなりの費用が発生してきます。

そしてこれらの制約は、ドローンを使用した仕事の展開に制限をもたらす場合があります。

特に都市部や人口密集地域では、飛行ルールやセキュリティ上の制約がより厳しくなる傾向があります。

産業の特殊性と需要の限定性

ドローンはさまざまな業界で活用されていますが、一部の業界や特定の用途に特化した需要が主要となっています。

たとえば、農業や測量、建設業界ではドローンが広く使用されていますが、他の産業や業種では、現状需要が限られる場合もあり、まだまだニッチな職業と思われることもあるのが現状です。

特定のスキルや知識が必要な職種のため、需要と供給のバランスが取りにくくなる可能性があります。

ドローンを活用した具体的な仕事例

それではドローンを使用した仕事には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

ここからはドローンを使用した商業のうち、以下の職業について詳しく解説していきます。

ドローン空撮
ドローン測量
ドローンによる点検業務
農薬散布
ドローンスクール講師

1つずつ詳しく解説していきます。

ドローン空撮

ドローン空撮は、ドローンを使用して空中から映像や写真を撮影する仕事です。

ドローンの普及により、空撮業務はさまざまな分野で活用されています。

ドローンを用いてダイナミックで迫力ある空中からの映像や写真を撮影し、映画、テレビ、MVなどの映像制作に活用されます。

美しい風景や建築物、イベントなどを撮影する際に、ドローン空撮の専門家が必要です。

ドローン測量

ドローン測量は、ドローンを使用して特定の土地の広さや高さ、起伏などを測定する仕事です。

土木工事や建築、都市計画から地図作りまで、さまざまな分野で測量は欠かせない作業です。

従来の測量方法では2人1組で測量機器を使い、100坪程度の土地でも丸1日以上かかることがありました。

しかし現在では、ドローンを測量に活用することで、時間や手間を大幅に短縮しようとする試みが行われています。

ドローン測量の技術は、従来の測量方法と比べて効率的かつ高精度な測量が可能であり、建設現場や土木工事など、さまざまな分野で重要な役割を果たしています。

今後の技術の進化によりさらなる発展が期待される分野でもあります。

ドローンによる点検業務

ドローンによる点検業務は、近年多くの業界で注目されており、特に建設業界では点検作業へのドローンの活用が急速に進んでいます。

ドローン点検は、屋根やマンションの外壁、橋や煙突、風力発電施設などの高所から、道路や鉄道まで幅広い場所で用いられている状況です。

その理由として、ドローンによる点検作業は「安価で安全に効率的な点検が可能」なため、建設業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の切り札として期待されています。

今後は、性能や技術の向上、法や制度の整備といった課題をクリアしつつ、より広範囲でのドローン点検の活用が進んでいくでしょう。

農薬散布

ドローンによる農薬散布とは、農業においてドローンを利用して農作物に農薬を散布する作業のことを指します。

日本の農作物は高温多湿な気候下で栽培されており、このような環境では病害虫の発生がより多くなります。

そのため、農薬散布は農作物を守り、生産を安定させるために重要な作業となっているのです。

ドローンでの農薬散布では、病害虫による被害を防ぐための除草作業や、農作物の成長を促進するための成長促進剤の散布などが行われます。

従来の農薬散布は人が手動で行うことが一般的でした。

しかしこの方法では、大規模な農地や広範囲な敷地の場合、大きな労力と時間がかかるため、農家の高齢化や人手不足といった課題がありました。

しかし、ドローンを活用することで農薬散布作業が効率化され、課題を解決する可能性が広がっています。

ドローンスクール講師

ドローンスクールの講師は、ドローンの操作方法や操縦技術について、学生や受講者に実技指導を行います。

安全な飛行や正確な操縦方法を伝授し、ドローンの操縦技能を向上させる仕事です。

また、ドローンの原理や仕組み、航空技法、法律に関する知識など、ドローンに関連するさまざまな知識を座学にて教えます。

ドローンの普及が進む中で、ドローンスクールの需要も増加しており、ドローンインストラクターとしての仕事は今後ますます重要な役割を果たしていくでしょう。

ドローンを操縦し、関連する法律や技術に詳しい講師が増えることで、より安全で効率的なドローン活用が実現されることが期待されています。

ドローンに関する仕事は今後増加傾向にある

冒頭で、ドローンビジネスの現状として、需要が少ない理由を解説しました。

では今後もドローンに関する仕事の需要は少ないままなのでしょうか。

実は今後ドローンに関するしごとは増加傾向にあると言われています。

ではなぜ今後ドローンビジネスの需要が増えていくのか、ここからはその理由を詳しく解説していきます。

ドローンビジネス市場の成長

ドローンビジネス市場は年々拡大しており、その成長が需要の増加を牽引しています。

2021年度の日本国内のドローンビジネス市場規模は前年比25.4%増の2308億円であり、2022年度には前年比34.3%増の3099億円に拡大し、2027年度には7933億円に達する見込みです。

この成長により、新たなビジネスチャンスが生まれ、ドローンを使用した仕事の需要が増加するでしょう。

さまざまな業界での活用拡大

ドローンはさまざまな業界で活用される可能性があります。

例えば、空撮、建築や土木の測量、建設現場の点検、農薬の散布、警備やセキュリティなどが挙げられるでしょう。

これらの業界において、ドローンの利用により効率化やコスト削減が図られるため、需要が増加する傾向があります。

特に、建設や農業などの分野では、ドローンの活用が進んでおり、今後さらなる需要の増加が期待されます。

技術の進歩と新たな用途の開拓

ドローンを使用した仕事の需要が今後ますます増加していく理由の一つは、技術の進歩と新たな用途の開拓です。

近年、ドローンの技術は急速に進歩しており、より高度で安定した飛行が可能になりました。

飛行制御技術の向上やセンサー技術の発展により、ドローンはより正確な操作が可能となっています。

また、バッテリー技術の進歩により、飛行時間が延長され長距離の飛行や長時間の作業が可能となりました。

これらの技術の進歩により、より多様な業務にドローンを活用することが期待されています。

さらに、ドローンの新たな用途も開拓されつつあります。

例えば、医療分野では、ドローンを使った医薬品や臓器の輸送が実現しました。

ドローンを利用することで、交通渋滞の影響を受けずに迅速かつ安全に医療物資を届けることが可能です。

また、環境調査や災害対応においてもドローンの活用が進んでいます。

ドローンを使って遠隔地や危険な場所において状況を把握し、必要な対策を迅速に行えます。

さらに、AI(人工知能)の活用により、ドローンの自動運行や画像解析も可能になりました。

AIによる自動運行技術を活用することで、ドローンの飛行ルートや目標物の検出などが自動的に行われます。

また、画像解析により、ドローンが撮影した映像から情報を抽出し、異常検知や効率的な作業計画の立案が可能となりました。

これにより、より効率的かつ正確な業務が実現できる状況が整いつつあります。

以上のように、技術の進歩と新たな用途の開拓により、ドローンを使用した仕事の需要は増加していると言えるでしょう。

まとめ

この記事ではドローンの仕事の需要の有無について詳しく解説しました。

現状、ドローンの需要が少ないと言われている主な理由は、以下の3つです。

・ドローン技術の普及と競争の増加
・法律や規制面の制約
・産業の特殊性と需要の限定性

ドローンの技術が日々進歩していく一方、それに伴い競争の激しさも増してきています。

また、まだまだ法律や規制面など、実務に対して完全には整備が出来ていないのも実情です。

ですが、基本的にドローンに関する仕事は、現在増加傾向にあります。

・ドローンビジネス市場の成長
・さまざまな業界での活用拡大
・技術の進歩と新たな用途の開拓

ドローンビジネスの市場は拡大の一途を辿っており、その需要は確実に増えています。

これには既存の空撮や農薬散布といったドローンビジネスだけでなく、ドローンを利用した新たなビジネスや業態が増えていることにも起因していると言えるでしょう。

まだまだ成長を続けるドローン市場を見越して「ドローンを仕事にする」という選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. JUIDA認定資格の申請方法は?認定証の手続きや申請にかかる費用を解説

  2. ドローン農薬散布を仕事にする!年収例や仕事を獲得する方法を解説

    ドローン農薬散布を仕事にする!年収例や仕事を獲得する方法を解説

  3. 【HolyStone HS720シリーズ】4Kカメラ搭載ミニドローンのスペックまとめ

  4. ドローンの仕事は副業でもできる?具体的な職種やメリット・注意点を解説

    ドローンの仕事は副業でもできる?具体的な職種やメリット・注意点を解説

  5. HS210Proの画像

    【HolyStone HS210シリーズ】多機能ミニドローンのスペックまとめ

  6. ドローンの仕事の需要はどれくらい?職種や年収を徹底調査!

    ドローンの仕事の需要はどれくらい?職種や年収を徹底調査!

おすすめのドローンスクールはこちら
無料説明会はこちらから
おすすめのドローンスクールはこちら
無料説明会はこちらから