農作業に革命をもたらした農業用ドローンの4つのメリットとは?

農作業に革命をもたらした農業用ドローンの4つのメリットとは?

現在進行形で農業業界に革命をもたらしている「農業用ドローン」。

手作業から産業ヘリ、そしてドローンへと時代が変わる過渡期にさし変わってきています。

では、ドローンを利用することによって農作業にどのような恩恵があるのでしょうか。

4つのメリットをご紹介いたします。

農業用ドローンの4つのメリットについて

農業用ドローンについて、ざっくりと「農薬を散布するもの」とイメージしている人も多いのではないでしょうか。

確かに、現在農業で使われているのは主に農薬散布です。

しかし、農薬散布なら産業ヘリでもできるし、なんなら人力でも可能ですよね。ドローンを使うメリットって一体何なのでしょうか。ここでは、具体的に4つご紹介いたします。

  1. 効率性の上昇
  2. コンパクトサイズならではのメリットの多さ
  3. 産業ヘリのデメリットを全補完できる
  4. 高齢化問題解消にも役立つ

それぞれ、以下に詳しく説明していきます。

(1)ドローンを使えば効率性が格段に向上する

農薬散布にドローンを用いることで、作業効率を大幅にアップさせることができます。

具体的には、一般的な農業用ドローンでは、時速15kmで幅4mを散布することができます。つまり、10aを1分程で散布できるということです。

これは、人が散布するよりも1/5の時間で作業が完了するということに他なりません。

作業時間が短くなれば、当然、生産性の向上につながります。

また、基本的に空を飛んでいるので汚れが付きにくく、作業終了後の洗浄作業もラクチンというのが、地味ですが農家の方を喜ばせるポイントにもなっています。

(2)産業ヘリより小さいことが最大の武器

ドローンが登場する以前は、農業の作業効率を上げるために産業ヘリを使っていました。

ヘリコプターとドローンを想像しただけでお分かりいただけると思うのですが、明らかに大きさが違いますよね。

具体的にどれくらい重量や寸法が違うのか。一般的な産業ヘリとドローンとで比較してみました。

  • 産業ヘリ=【重量】70kg・【全長】3.6m
  • ドローン=【重量】12kg・【全長】1.2m

産業ヘリのイメージ

 

 

 

 

 

もちろん産業ヘリには産業ヘリのメリットがありますが、大きさに関してはより小さいドローンの方が使い勝手が良いと言えるでしょう。大きさに関してドローンが優れている点は、以下の4つです。

  • 軽トラに搭載しやすい

田畑にドローンをもっていく際には軽トラが使われることが多いでしょう。

軽トラが乗せられる最大重量は350㎏です、産業ヘリは70㎏ですので重量に関してはクリアしていますが、全長3.6mもの物体を軽トラに乗せて運ぶのは容易ではありません。

その点、ドローンは重量・全長どちらに関しても持ち運びがしやすいというのがメリットとなっています。

  • コンパクトなので、1人で積み下ろしできる

農業業界は、高齢化が進んでいます。そのため、かねてから人手不足が懸念されています。上記の軽トラに搭載しやすいというメリットともつながっているのですが、そういった点では1人で積み下ろしができるというのも大きな利点と考えることができるでしょう。

  • 小回りが利くので、産業ヘリでは出入りしにくい場所でも農薬を散布することができる

場所によっては山間部に田畑があるなど、産業ヘリでは農薬散布にムラができる場合があります

その点、小回りが利くドローンだとまんべんなく農薬を散布することができます。

  • バッテリーで飛行するので、騒音が少ない

農業は早朝から作業をすることが多く、特に都市部など住宅街が隣接している田畑では産業ヘリは騒音のタネとして忌み嫌われることでしょう。

ドローンはバッテリーで飛行するので騒音も少なく、こうした騒音問題に発展するリスクが低くなります。

(3)産業ヘリのデメリットをすべて解消してくれる

産業ヘリを用いる場合、当然、農家の方々は自分たちでヘリコプターを操縦することができないので、業者に防除を委託することになります。

しかし、産業ヘリの委託には以下のようなデメリットが存在します。

  • 予約をしなければならないので、最適な時期での防除ができない
  • 防除日と雨が重なってしまうと延期になってしまう
  • 急な防除依頼に対してすぐに対応することができない

これらのデメリットは、すべて農業用ドローンを用いることで解決することができます。

(4)農業界の高齢化問題に待ったをかけられる可能性も

先述したように、農業業界は高齢化が進んでおり、高齢の方は防除作業を非常に辛いと思っているはずです。そのため、ドローンの導入は防除作業を捗らせるために有効なツールとなります。

しかし、繊細な操縦が求められるため、高齢者の方に一から技術を習得してもらうのも酷な話ではないでしょうか。

そのような現状に直面し、若い生産者が自身の圃場だけでなく近隣の圃場にも一緒に農薬を散布することで、地域一体になって農業を支えているというのが現状です。

農薬散布ドローンの機体は決して安くはありません。

しかし、農薬散布ドローンを活用することで、農薬散布委託費用や作業効率化による人件費削減など、さまざまな費用削減に貢献しています。

加えて、高齢化の進む業界を救うという観点からも、農薬散布ドローンが広がれば明るい未来が見えてくるかもしれません。

まとめ

  • 人が散布するよりも1/5の時間で作業が完了する効率の良さ
  • 小さいことで非常に使い勝手が良い
  • 産業ヘリのデメリットをすべて補える
  • 高齢化問題に待ったをかけ、経費削減にも役立つ

これからの農業業界の将来を左右しかねない、農業用ドローンの躍進には今後も目が離せない。

  • コメント: 0

関連記事

  1. OsmoPocketの画像

    自撮り特化のDJI製カメラOsmoPocketとは

  2. ドローンで点検するとは?費用やメリットなどを解説

  3. 無人航空機 登録

    ドローンの機体登録制度は2022年6月20日から!登録方法を解説!

  4. 農薬散布するなら産業ヘリとドローン、どっちがいい!?

    ドローン測量は航空レーザー測量より優秀?それぞれのメリット・デメリットを比較してみた

  5. ドローン 保険のアイキャッチ画像

    ドローンの保険は加入必須?おすすめの保険とポイントをご紹介!

  6. ドローン おすすめのアイキャッチ画像

    【2022年最新】おすすめのドローンを用途別にご紹介!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
LINEでドローンの無料相談実施中!
友達追加はこちら
LINEで無料相談実施中!
友達追加はこちら