【DJIのドローンを操縦しよう!】DJI Flyアプリを徹底解説

DJI Flyアプリの画像

”DJI”といえば、ドローンに携わっている人なら誰でも知っていて馴染のある「最大手ドローンメーカー」です。

そんな最大手であるDJIは数多くの民生用ドローンを「製造・販売」しています。

DJIでは、DJI製のドローン飛行体験を更に素晴らしいものにするべく、「DJIアプリ」を開発・リリースしています。

本記事では、数あるDJIアプリの中でもドローンの飛行から編集・シェアまで全てのことができる「DJI Flyアプリ」をご紹介します

DJI Flyアプリとは?

DJI Flyアプリの画像

出展元:「DJIより」

DJI Flyアプリは、Mavic Miniの発売と同時にリリースされた「DJIドローン操縦用アプリケーション」です。

DJI Flyアプリは、DJIの人気ドローン「Mavic Ari」を更に進化させた最新機種「Mavic Ari2」にも対応しているということで、数あるDJIアプリケーションの中でも「比較的利用者数が多い」アプリになります。

DJI Flyアプリ自体は、「AppleStore(アップルストア)」や「Google Playストア」で「無料」でインストールすることができます。

DJI Flyアプリに対応したドローンを持っていて、まだダウンロードをしていない方は以下よりダウンロードできます。

DJI Fly

DJI Fly
開発元:DJI
無料
posted withアプリーチ

DJI Flyアプリの特徴を紹介

DJI Flyアプリには「数多くの特徴」があり、 多彩な機能を搭載しているので「初心者でも簡単にドローンを飛行させることができる」という魅力があります。

またドローンで撮影した映像を「手軽に編集し」、映像をアップロードすることで「世界中の空撮フォトグラファーと交流」することができます。

以下で、DJI Flyアプリの特徴を詳しくご紹介します

多彩な機能を搭載した飛行のパートナー

DJI Flyアプリ特徴「多彩な機能を搭載した飛行のパートナー」の画像

出展元:「DJIより」

DJI Flyアプリは、DJIのドローンを使うユーザーの飛行体験を「素晴らしいものにする」ために開発されたアプリケーションです。

「ドローンを全く操縦したことがない」「ドローン初心者なんです!」という人でも「簡単にドローンを飛行させる」ことができ、驚くほど綺麗な映像を撮影することができます。

その撮影した映像を「簡単に編集」でき、手軽にシェアすることができます。

また、アプリのインターフェースは、シンプルで直感的です。

包括的な「飛行チュートリアル機能」や「分かりやすい編集機能」により、「機体を箱から出してすぐに使える」という特徴があり、ワクワクするような非日常的な映像を誰でも簡単に撮影できます。

以下で、DJI Flyアプリで使える「3つの機能」をご紹介します

1.飛行ステータス
2.カメラ設定
3.編集機能

1.飛行ステータス

DJI Flyアプリ特徴「飛行ステータス」の動画

出展元:「DJIより」

DJI Flyアプリを使えば、常に最新の情報にアクセスできます。

また、飛行中に以下のようなパラメーターが表示されます。

【飛行中に表示される情報】
・信号強度
・飛行モード
・高度
・距離
・バッテリー残量

2.カメラ設定

DJI Flyアプリ特徴「カメラ設定」の動画

出展元:「DJIより」

DJI Flyアプリで使える「カメラ設定」は、DJI Flyのインターフェースの「洗練さ」と「効率性」を兼ね備えています。

構図や撮影を確認するための表示部分がこれまでより「広く」利用できます。

また画面を1回タップすることで、「カメラパラメータ」を簡単に調節でき、「撮影モードの切り替え」「画面のジンバル角度調整」もできます。

3.編集機能

DJI Flyアプリ特徴「編集機能」の画像

出展元:「DJIより」

DJI Flyアプリを使えば、撮影した映像を「撮影」「編集」「共有」を全てアプリ内で完結させることができます。

アプリで映像を「直接エクスポート」したり、「削除」したりできるので、誰でも簡単にストレージの管理ができます。

プロレベルの映像撮影が可能に

プロレベルの映像撮影が可能にの画像

DJI Flyアプリでは、「複数のテンプレート」や様々な「バックミュージック」「特殊効果」などを使用して、素早く簡単に編集することができます。

また、直感的に操作可能な「タイムライン」を使えば、柔軟かつ正確な「映像編集」ができます。

さらに、編集画面が「縦向き」「横向き」に対応しているので「画面の向きの切り替え」が簡単にできます。

このようにDJI Flyアプリを使えば、思い通りの方法で「撮影・編集」が実現できます。

以下で、DJI Flyアプリの撮影・編集をご紹介します

1.クリエイターテンプレート
2.マルチトラック動画編集
3.素早い画面切り替え

1.クリエイターテンプレート

DJI Flyアプリ撮影・編集「クリエイターテンプレート」の動画

出展元:「DJIより」

DJI Flyアプリで撮影した映像を編集する際に、プロのクリエイターが設計した「クリエイターテンプレートを映像に適用する」ことができます。

撮影した映像をテンプレートに適用させるだけなので、映像編集に詳しくない初心者の方でもプロのような映像編集ができます。

また、驚くほど簡単な操作で編集が完了し、「素早く共有できる」という魅力があります。

2.マルチトラック動画編集

DJI Flyアプリ撮影・編集「マルチトラック動画編集」の動画

出展元:「DJIより」

DJI Flyアプリでは、直感的で使いやすい「タイムライン」で、撮影した映像に挿入する「音楽」や「エフェクト」「画素数」などを誰でも簡単に適用することができます。

これによって、「柔軟で他人被りしにくい映像」を編集できます。

3.素早い画面切り替え

DJI Flyアプリ撮影・編集「素早い画面切り替え」の動画

出展元:「DJIより」

ドローンで撮影した映像を編集できるDJI Flyアプリの「編集画面」では、画面の「縦向き」「横向き」をすぐに切り替えて編集できます。

横向きのまま編集をすると「タイムライン」を広く見れるので、動画編集に適しています。

スマホを縦・横向きにするだけでOKなので、とても簡単にできます。

近くの人気撮影スポットを探せる

DJI Flyアプリ「近くの人気撮影スポットを探す」の画像

出展元:「DJIより」

DJI Flyアプリを使えば、空撮した写真や動画を共有できる世界最大規模の空撮写真・映像作家のコミュニティー「SkyPixel」へ直接アクセスできます。

SkyPixelでは、以下のようなことができます。

【SkyPixelでできること】
・他の人の撮影を閲覧
・自分自身の作品を共有
・近くの地域の人気空撮スポットを探す

※フライスポット機能によって表示される全ての飛行場所は、SkyPixelユーザーが自発的に共有されたロケーションタグに基づいています。
※DJIはユーザーの同意なしにユーザーデータの収集または共有を行うことはないので安心してください。
※飛行する場所については、常に現地で適用される規則を確認し従ってください。

シェアしよう

DJI Flyアプリ「シェアしよう」の画像

出展元:「DJIより」

DJIのドローンを使って撮影した映像を編集した作品は、「SkyPixel」にアップロードし、「世界中のフォトグラファー」と交流できます。

「センスのある空撮映像」「躍動感があり、見応えがある空撮映像」など「世界中の人が共有している映像」を楽しむことができます。

また、タップするだけで自分の作品を「高解像度」で全世界に披露したりすることもできます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ドローン飛行禁止の画像

    日本のドローン規制は何がある?破ったらどうなる?

  2. ドローン 保険のアイキャッチ画像

    【2022年最新】ドローンの保険は加入必須?おすすめの保険とポイントをご紹介!

  3. 【DJI カメラ】DJIのOSMOシリーズ、ジンバルが注目されるのは理由とは

  4. ドローン資格 講習のアイキャッチ画像

    ドローン操縦資格が取得可能な講習をご紹介

  5. OsmoPocketの画像

    自撮り特化のDJI製カメラOsmoPocketとは

  6. ドローンとその他ガジェットの画像

    【2022年最新】ドローンのビジネス活用事例とドローンでできること

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
LINEでドローンの無料相談実施中!
友達追加はこちら
LINEで無料相談実施中!
友達追加はこちら