ドローン空撮の仕事とは?空撮を仕事にする方法や必要な資格を解説!

ドローン空撮の仕事とは?空撮を仕事にする方法や必要な資格を解説!

ドローンといえば、ほとんどの人がまず思いつくのが空撮だと思います。

空撮は趣味やビジネスなど幅広い場面で活躍しており、とても人気の高い職業です。

では一体空撮パイロットになるためには、どうしたら良いのでしょうか。

今回は空撮ドローンの仕事に就くための方法や、就職の際に取得しておくと良い資格を紹介します。

とても将来性のある職業ですので、これからドローン空撮の職に就きたい人はぜひ最後まで読んで下さい。

この記事はこんな人におすすめです
・ドローン空撮に就職を考えている人
・ドローン空撮技術のスキルアップをめぜしている人
・ドローン空撮の仕事に必要な資格が知りたい人

ドローン空撮の仕事とは?

ドローン空撮の代表的な仕事といえば、YouTubeやプロモーションビデオなどの動画撮影が思いつくと思います。

ドローンでしか撮影できないような距離で、美しい風景や迫力のある映像が制作可能です。

また身近な場面では、土木や建設業界などで測量・安全管理のために活用されています。

空中から静止画や動画・データなど撮影するため、職種によっては専門的な資格の取得が必要です。

ドローンの資格や免許と合わせて撮影の知識や技術を学ぶことで、クライアントの要望に合う魅力的な作品が撮れるでしょう。

空撮は今後さらに需要が高まり、これから空撮パイロットの増加が見込まれます。

ドローン空撮の仕事の種類

ドローン空撮の仕事は多岐にわたりますが、具体的にどんな職種があるのでしょうか。

ドローン空撮の仕事の種類
・TV・映画・プロモーションビデオ
・空撮のコンテンツ販売
・測量・点検

空撮の職種によっては、特別な知識や技術が必要です。

次で詳しく解説していきましょう。

TV・映画・プロモーションビデオ

TV・映画・プロモーションビデオで使用する、写真や映像をドローンで撮影します。

MV撮影やHP映像撮影、最近ではウェディング業界での撮影も増えています。

今まではクレーンで撮影していましたが、ドローンが普及したことで時間とコストの削減に成功。

より効率よく撮影ができるようになりました。

人気がある職種のため、特別な資格や技術がないと受注が難しい場合もあります。

また迫力あるシーンや高所などの撮影は、ハイクオリティーな映像が求められるため、高度な操縦技術が必要です。

就職希望の人は、スクールに通って資格取得を目指してみましょう。

空撮のコンテンツ販売

空撮のコンテンツ販売は、サイトで空撮映像・画像などの作品が販売可能です。

コンテンツ販売
・ストックフォトサービス
・VR素材映像

ストックフォトサービスは、販売サイトに登録するだけで簡単に売買できます。

しかし利用者が多いため、目にとまる作品を提供できるかがカギになってきます。

VR素材映像は、仮想現実と呼ばれる技術です。

360°のリアルな映像をVR専用ゴーグルで体験できるため近年需要が高まっています。

コンテンツ販売は、クライアントのイメージや世界観に合う作品制作ができるかが重要です。

ドローンの技術だけでなく、写真撮影スキルも求められます。

資格取得やスキルアップを目指し、他者との差別化を高めましょう。

測量・点検

測量・点検は主に、土木や建築関係で広くドローンが活用されています。

【測量のドローン活用】
・ドローンに搭載されたカメラで撮影範囲
・重複させた写真を複数枚撮影
・つなぎ合わせて地形情報を調査
・ソフトウェア解析、3Dモデリング
【点検のドローン活用】
・トンネルや水道管などのインフラの点検
・屋根や太陽光パネルなどの点検
・人が入れない場所や地下鉄内などで活躍

ドローン撮影は、大幅にコストや時間削減が可能です。

また人が入れない場所で活躍するため、安全面でも安心です。

ただし仕事内容によって、高い操縦技術や知識が必要となります。

民間資格や国家ライセンスが求められるため、ドローンスクールなどで資格を取得しましょう。

ドローン空撮を仕事にするのに資格は必要?

ドローン空撮の仕事は、必ず資格が必要ではありません。

しかし民間資格や国家資格を持っていた方が、企業からの仕事獲得に有利な場合があります。

空撮で所有しておくと良い資格
・ドローン民間資格
・DPCA商業撮影撮影操縦士
・DPCA FPV撮影操縦士
・「測量士」もしくは「測量士補」

資格を持っていると、クライアントに専門知識や安全にドローン操縦できる信頼性が示せます。

測量業務は国家資格を取得している者しか測量できないため「測量士」もしくは「測量士補」の資格を取得しておきましょう。

TVや映画業界などの大企業では、ハイクオリティーな映像が求められるため、非常に高度な知識と技術が必要です。

そのため民間資格や国家資格を取得することで、空撮技術や映像制作に関する知識が深まります。

空撮のプロフェッショナルとして、スキルを高めることが大切です。

ドローン空撮を始めるのに必要なものは?

ドローン空撮を始める際に必要なツールを紹介します。

必要なツール
・ドローン機体
・パソコン
・編集ソフト
・ドローン保険

ドローンは趣味で活用する場合、費用はある程度抑えられます。

しかし仕事として使うのであれば、初期費用は意外に多くかかります。

高性能なドローン機体や高品質な空撮映像を撮影するためには、惜しみなく投資することが大切です。

クライアントが求める魅力的な空撮を提供できるよう、しっかり準備しておきましょう。

ドローン機体

ドローン空撮の機体は、職種によって必要な機能が違います。

依頼内容によっては、高性能で高価格な機体が必要な場合も。

なぜならドローンの性能や機能により、作品の完成度が大きく変わるからです。

高性能なドローンは、天候などにかかわらず安定した映像が撮れます。

長時間撮影のための予備バッテリーや、映像を確認するためのタブレットなども必要です。

空撮の仕事を目指すならば、職種にあったドローン機体で撮影に挑みましょう。

パソコン

空撮したデータの管理や編集作業では、ある程度ハイスペックなパソコンが必要です。

スペックが低いと、高画質な動画を扱う作業などで効率が悪くなります。

一般的に15万円以上のパソコンは、快適に作業するためのスペックをほぼ満たしています。

高品質な高画質動画をスムーズに処理するためにも、高いパフォーマンスを持つパソコンを選びましょう。

編集ソフト

空撮の仕事は、映像を撮影するだけでなく編集するソフトも必要です。

映像編集におすすめのソフトを3つ紹介します。

adobe premiere Pro(プレミアプロ) 業界で最も使われており高品質な作品が作成可能
Final Cut Pro(ファイナルカット・プロ) YouTuberなどに人気でMacのみ使用可能
DaVinci Resolve Studio(ダヴィンチ・リゾルヴスタジオ) ハリウッドで圧倒的なシェア率

それぞれ特長があり、価格や機能も違います。

しっかり比較し、職種に合ったものを選びましょう。

ドローン保険

ドローン操縦するパイロットに加入して欲しいのが、ドローン保険です。

なぜならドローンで1番多い事故が、ヒューマンエラーと言われているからです。

加入は任意ですが、リスクの観点から加入を推奨します。

DJI公認ドローンを購入した場合、特典として賠償責任保険が一年間無償で付与される保険もあります。

保険料は約7,000円〜25,000円で設定されており、必要な保証が選択可能です。

万が一に備えるためにも、保険加入は重要だと言えます。

ドローン空撮を仕事にするには?

ドローン空撮カメラマンになるための雇用形態は、大きく分けて2つあります。

それはフリーランスとして独立するか、企業に雇用されるかです。

フリーランスは、SNSや動画サイトで作品を投稿し自己PRしていきましょう。

企業雇用は、ドローンビジネスを扱っている企業に就職し、ドローンカメラマンとして活躍を目指します。

空撮カメラマンになるためには
・SNSや動画サイトで作品を投稿する
・他者との差別化をはかる
・クライアントの要望に応えるためスキルを磨く
・高品質な映像を提供し信頼を得る
・ドローンスクールなどで資格を取得する

フリーランスも企業雇用も、クライアントからの受注が成功のカギとなります。

またドローンや映像関係の資格を取得することは、スキルアップにもつながるでしょう。

制作した作品をポートフォリオとして持っておき、積極的にアピールしていくことが大切です。

ドローン空撮の仕事の給料はどれくらい?

気になるドローン空撮の収入はどのくらいなのか、見ていきましょう。

空撮の収入は、雇用形態や依頼内容・件数によって大きく変動します。

【空撮の職種別平均年収】
・一般的な空撮カメラマン:350万円〜500万円
・ディレクターやプロデューサー:400万円〜700万円
【雇用形態別平均年収】
・フリーランス:200万円〜
・企業雇用:300万〜600万円

フリーランスの場合、受注できなければ収入がゼロの可能性も。

一方映画やTVなどの制作では、高度な技術・知識が必要なため、平均年収は高い傾向にあります。

ドローン・映像関係のスキルを身につけ、実践経験を築いていくことで収入アップが可能です。

ドローン空撮を仕事にする方法や必要な資格を解説まとめ

空撮を仕事にするためには、フリーランスとして独立するか、企業に雇用されるかの2つの選択ができます。

どちらの雇用形態でも、空撮はドローン操縦のスキルにくわえて、撮影や映像制作のスキルが求められます。

空撮で所有しておくと良い資格
・ドローン民間資格
・DPCA商業撮影撮影操縦士
・DPCA FPV撮影操縦士
・「測量士」もしくは「測量士補」

空撮では必ず資格が必要ではありませんが、資格を持っていた方が仕事獲得に有利です。

クライアントから信頼を得るためにも、ドローンスクールで資格を取得しビジネスチャンスを広げましょう。

関連記事

  1. Holy Stoneのドローンを徹底解説!おすすめの機種も紹介

  2. ドローンの仕事は需要がない?需要が少ない理由と今後の展望を解説!

    ドローンの仕事は需要がない?需要が少ない理由と今後の展望を解説!

  3. ドローン関連の仕事の求人情報はどこで探す?求人サイトおすすめ5選!

    ドローン関連の仕事の求人情報はどこで探す?求人サイトおすすめ5選!

  4. ドローン農薬散布を仕事にする!年収例や仕事を獲得する方法を解説

    ドローン農薬散布を仕事にする!年収例や仕事を獲得する方法を解説

  5. HS210Proの画像

    【HolyStone HS210シリーズ】多機能ミニドローンのスペックまとめ

  6. ドローンを利用した仕事とは?職種別の年収例やおすすめの資格を紹介

    ドローンを利用した仕事とは?職種別の年収例やおすすめの資格を紹介

おすすめのドローンスクールはこちら
無料説明会はこちらから
おすすめのドローンスクールはこちら
無料説明会はこちらから