ドローンを飛ばすには無線免許が必要なのか?資格の申請方法も解説

ドローンに関心を抱いている方の中には、「個人でドローンを飛ばしたい」という方や「仕事の関係でドローンを使用する」という方がいると思います。

ドローンについてリサーチしていくうちに「ドローン無線免許」「ドローン資格取得」などの言葉を聞き、ドローンを飛ばすには、「無線免許が必須」と思う方が少なくありません。

そこでこちらの記事では、『ドローンを飛ばすには無線免許が必要なのか?』について徹底解説します。

ドローンを飛ばすには無線免許が必要?

掌の上のドローンの画像

2022年4月現在では一般的なドローンを航空させるだけでしたら無線免許は必要ありません。

基本的にはどなたでも飛行させることができます。

では、どのような場合に必要になるのでしょうか?

ここからは、無線免許の概要や無線免許が必要なケースを詳しく解説します。

逆にどんな時に無線免許が必要?

どのような場合に無線免許が必要なのか、結論から申し上げますとドローンの種類によって異なります。

特に電波の周波数によっては無線免許が必要な場合があります。

産業用ドローンや高画質録画ができるドローンなどを飛行させる場合は一般のドローンと周波数が異なるため、無線免許が必要です。

ではドローンで使用されている無線設備はどのようなものなのでしょうか。今から詳しく解説します。

ドローンに使用される無線設備とは

 

ドローンには、小電力データ通信システムの一部が主に使用されています。

ドローンに使われている主な無線通信システムは、総務省で取り決められています。

詳しくは総務省の「ドローン等に用いられる無線設備についてを参考にしてください。

 

ドローンの無線免許を取得する方法は?

雲の上のドローンの画像

ここではドローンの無線免許を取得する方法を3つ紹介していきます。

1.国家試験を受験する

いずれも年間3回国家試験があります。合格率も割合的には高く、勉強をしっかりと行えば一発で合格される方が大多数です。

ご自分で勉強されるのが得意な方にはオススメの取得方法です。

詳しくは以下のサイトを参考にしてください。

公益財団法人日本無線協会 

2.「養成課程講習会を受講する」

講習や修了試験を2日受講すれば資格を取得できる方法になります。

基本的には毎月開かれており、自主勉強が苦手な方やできる限り早く取得したい方にはオススメの取得方法になります。

詳しくは以下のサイトを参考にしてください。

一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD)

QCQ企画

トライアロー

3.「eラーニング」

インターネットを活用した講習となります。

時間のない方や自由に学習をしたい方にオススメの取得方法です。

修了試験は全国にある試験センター(CBTS)にて受験する必要があります。

無線免許を取得したら開局申請をしよう!

 

無線免許を取得したら、必ず開局申請をしましょう。。

開局申請をしないと対象のドローンを飛行させることはできません。

趣味でドローンを飛行させるサラリーマンの方や事業でドローンを飛行させる方に関わらず開局申請をする必要があります。

開局申請には書類で申請する方法や電波利用電子申請をする方法、代理申請などの方法があります。

詳しくは電波利用ホームページ  電波利用電子申請届出システムLite を参考にしてください。

しっかりとドローン開局申請をして、安心安全にドローンを飛ばしましょう

  • コメント: 0

関連記事

  1. ドローン検定・免許の難易度や合格率は?試験対策も解説!

  2. ドローン 免許 仕事のアイキャッチ画像

    ドローンの仕事は免許(国家資格)が必要?仕事の種類や年収も紹介

  3. ドローン 配達のアイキャッチ画像

    日本でドローン配達は実現可能?いつ実現する?

  4. 大阪でのドローン飛行は規制が山盛り!?思う存分飛ばすなら練習場一択

    大阪でのドローン飛行は規制が山盛り!?思う存分飛ばすなら練習場一択

  5. ドローンショーのアイキャッチ画像

    ドローンショーとは?仕組み・事例・おすすめの会社を徹底解説!

  6. ドローンショー 費用のアイキャッチ画像

    ドローンショーの費用ってどれくらい?相場や最安の会社を紹介!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
おすすめのドローンスクールはこちら
無料説明会はこちらから
おすすめのドローンスクールはこちら
無料説明会はこちらから