【2022年最新】カメラ付きドローンのおすすめ10選!

ドローン 価格 カメラ付き おすすめのアイキャッチ画像

カメラ付きドローンは空撮に最適ですが、近年ではメーカーによって最新の機種がリリースされています。

そのため、どのタイプを選ぶと良いのか分からずに悩んでいる人も多いと思います。

自分自身でドローンを使う場合は、購入しても操作ができないと困るため、レベルに合わせて選ぶことが大切です。

また、ドローンのラインナップは年々増え続け、価格やサイズ、性能が多様化しているため、1つひとつ比較すると時間がかかってしまいます。

そこでこの記事では、2022年最新のおすすめのカメラ付きドローンを紹介し、それぞれの特徴や向いている人の特徴を徹底解説します。

【本記事でわかること】
・おすすめのカメラ付きドローン
・カメラ付きドローンの詳細情報

カメラ付きドローンのおすすめ10選!

カメラ付きのドローンは機体に内蔵したカメラで空撮ができ、自分で用意しなくてもすぐに始めることが可能です。

ドローンは空を自由に飛べて様々な場所に移動でき、内蔵したカメラでピントを合わせると幅広いアングルで撮影できます。

専用ゴーグルを装着して操縦できるタイプもあり、自分自身が空を飛んでいるような感覚を味わえるので、非日常的な空撮を楽しめます。

それではここから、おすすめのカメラ付きドローンを紹介します。

DJI Mini 2

DJI Mini 2の画像

出典:DJI

DJI Mini 2は、初心者向けドローン「DJI Mavic Mini」の後継モデルで、カメラ付きにもかかわらず重さは199gと軽く身軽に動かせる特徴があります。

会社 DJI
価格 59,400円
重量 199g
飛行時間 18分
スマホとの接続 未対応
写真撮影 3840x2160
動画撮影 4K30fps

動画の撮影は4K/30fpsの高画質撮影に対応しているため、空撮したい人におすすめです。

カメラは4倍ズームを採用し、被写体から離れていても鮮明な映像を実現でき、自由自在に調整できます。

DJI Mini 2の価格は参考価格で59,400円で、通販サイトで購入するとセールでお得になるため、練習用ドローンとしても最適です。

写真フォーマットはJPEG・RAWに対応でき、こだわりのカラーグレーディングを実現できます。

撮影モードはドローニー・サークル・ヘリックス・ロケット・ブーメランなどがあり、好みに合わせて選ぶことで、様々な空撮撮影が楽しめます。

飛行性能は最高速度が16m/sと早く風圧抵抗はレベル5になり、様々な環境で使いやすいという特徴があります。

また、「インテリジェント」機能は初心者が扱いやすくなるようにサポートし、カメラ付きドローンの操作に慣れていない場合にも役に立ちます。

DJI Mini 2は、ドローンを使った空撮に慣れていない人にもおすすめで、小型で軽いため、様々な場所で練習をして上達を目指せます。

DJI AIR 2S

DJI AIR 2Sの画像

出典:DJI

DJI AIR 2Sは、1インチCMOSセンサーを搭載したリモコン操作が可能なカメラ付きドローンです。

動画撮影では5.4K/30fpsや4K/60fpsに対応し、595gと小型ながらも高精細な映像を撮影できることが特徴です。

会社 DJI
価格 119,900円
重量 595g
飛行時間 31分
スマホとの接続 未対応
写真撮影 8192x4096
動画撮影 5.4K30fps

DJI AIR 2Sはサイズが小さく持ち運びやすいため、カバンの中に入れて撮影したい場所に持っていくことができます。

また、「ActiveTrack 4.0」の機能を搭載しているため、障害物があっても自動的に避けることが可能です。

さらに、ドローンの前後上下にセンサーがあり、うまく活用して被写体を追跡できます。

動画撮影をするときは3軸ジンバルの性能も備えているため、ブレがない本格的な映像制作がリアルに撮れます。

DJI AIR 2Sはドローン初心者に役に立つ機能が多くて便利ですが、価格が12万円程度のため敷居は高めです。

しかし、色表現は10億を超えるなど画素数が多くなり、空撮をすればその場にいるような雰囲気を伝えやすくなります。

画像キャプチャ形式はJPEGとRAWがあるため、DJI AIR 2Sは写真にこだわっている人におすすめのカメラ付きドローンです。

DJI Mavic 3

Mavic 3の画像

出典:DJI

DJI Mavic 3は、4/3型COMSセンサーを搭載し、最大動画解像度は5.1K/50fpsというDJIブランドのカメラ付き高性能ドローンです。

会社 DJI
価格 239,800円
重量 895g
飛行時間 46分
スマホとの接続 未対応
写真撮影 5280x3956
動画撮影 5K200fps

DJI Mavic 3の28倍ハイブリッドズームは被写体が遠く離れていても鮮明に撮影でき、ダイナミックレンジが広くなります。

また、コントラストの再現性に優れているため、リアルな仕上がりになります。

採用されている「10-bit D-Logカラープロファイル」は映像制作に最適で、カラーグレーディングにこだわりがある人には満足できます。

DJI Mavic 3ではロングバッテリーを採用することで、最大飛行時間は46分と長くなっています

また、前後上下にセンサーがあるため、周囲の障害物を自動的に避けてくれて安心して操作をしやすいです。

飛行時間が長いことでバッテリーを有効活用できるため、撮影チャンスを逃さずに思い通りの映像が撮れます。

また、長く飛行し続けてバッテリーがなくなった場合は自動的に帰還し、最適なルートでホームポイントまで戻るのでドローン初心者の方でも安心して使えます

DJI Mavic 3の価格は、24万円とそれなりに高額になるため初心者には敷居が高いため、カメラ付きドローンの操作にある程度慣れてから購入することをおすすめします。

しかし、今までのドローンと違って様々な場所から鮮明に撮影できることや、遠くまで飛ばせて有意義に使えます。

また、バッテリーがなくなると自動的に帰還するため、初心者から上級者まで安心して利用できます

DJI Mavic Air 2

DJI Mavic Air 2の画像

出典:DJI

DJI Mavic Air 2は、DJIブランド「Mavic Air」の後継モデルで、4K/60fpsの動画が撮影できる特徴があります。

会社 DJI
価格 135,000円
重量 570g
飛行時間 34分
スマホとの接続 未対応
写真撮影 8192x4096
動画撮影 4K60fps

DJI Mavic Air 2は撮影モードに優れているため、従来よりも空撮を楽しみやすいという特徴があります。

また、「ActiveTrack3.0」を搭載した障害物検知機能付きドローンであるため、安心して飛行できます

DJI Mavic Air 2の価格は13万5千円と高めですが、前のモデルよりも多くの改良が加えられています。

コンパクトなサイズですが最先端の機能を搭載し、8Kハイパープラスなどカメラ機能を強化し鮮明な映像を撮影しやすい魅力があります。

クイックショットは複雑な飛行と撮影を自動ででき、被写体が動き回っても捉えやすくリアルに状況を伝えるには最適です。

DJI Mavic Air 2の飛行持続時間は最大で34分間であり、周囲の状況を確認してカメラから直接ライブ配信ができます。

DJI Mavic Air 2は、従来のドローンよりも小型で安全性が高く、飛行に必要な全ての機能を搭載している初心者から上級者におすすめできるドローンです。

DJI FPV

DJI FPVの画像

出典:DJI

DJI FPVは、DJIのファーストパーソンビュードローンで、飛行中のカメラ映像がゴーグルに投影され空を飛んでいるような気分になれることが特徴です。

会社 DJI
価格 120,000円
重量 795g
飛行時間 20分
スマホとの接続 未対応
写真撮影 3840x2160
動画撮影 MOV120fps

【国内正規品】DJI FPVコンボ FPVゴーグル/カメラ付き ドローン 4K/60fps 超広角150° FOV 低遅延のHD動画伝送 6 km 刷新されたSモード 没入感あふれる飛行体験 緊急ブレーキ&ホバリング グレー
DJI

DJI FPVの重さは795gで持ち運びやすく、価格は12万円と比較的高額な部類に入ります。

動画の撮影は最大で120fpsに対応し、好みに合わせて流れるスピードを調整することも可能です。

撮影モードはS、M、Nの3種類あり、以下のような特徴があり使い分けると便利です。

Nモード・・・初心者におすすめのモード
Mモード・・・自由度が高いFPV体験が可能なモード
Sモード・・・ダイナミックな映像を楽しめるモード

また、緊急ブレーキとホバリング機能もあり、前方や下方に障害検知機能を搭載し、安全性に配慮した初心者でも操作をしやすいドローンです。

操作は専用のリモコンで行うためゲーム感覚で空撮を楽しめ、一人称視点のリアルタイム映像でスリルを味わえます。

さらにDJI03伝送システムを搭載し、クリアな映像を最大で10キロの距離にリアルタイムで送れます

使用する場面は人それぞれですが状況に合わせてモードを切り替え、映像や静止画など好みに合わせた撮影ができます。

DJI FPVは、FPVならではの没入感を楽しみたい人におすすめです。

Holy Stone ドローン HT25

Holy Stone ドローン HT25の画像

出典:amazon

Holy Stone ドローン HT25は、ホーリーストーンのカメラ付きドローンで、本体の重さは100g以下と軽く飛行時間は最大で22分になります。

会社 ホーリー・ストーン
価格 7,980円
重量 57g
飛行時間 11分
スマホとの接続 対応
写真撮影 1920x1080
動画撮影 1280x720p

バッテリーは大容量のモジュールバッテリーが2個付属し、機体がコンパクトであるため様々な場所で使えて便利です。

Holy Stone ドローン HT25ではジェスチャー機能を搭載し、カメラに向かってポーズをとるだけで自動的に撮影してくれます。

ドローンの離陸方法は音声制御や送信機以外に放り投げもあり、砂浜や水辺など地面から離れにくい場所でも有効活用できます

操作はスマートフォンの専用アプリを使用し、角度をうまく調整し自由自在に空撮できるため便利です。

Holy Stone ドローン HT25は、折りたたみ式のためカバンやポケットの中に入れて持ち運べ、撮影したい場所に行って気軽に飛ばせます。

飛行中は自動的に障害物を避けてくれるため、緊急停止や高度維持など好みに合わせてルートを決めやすいです。

また、プラスチック製のプロペラガードもあるので、衝撃を受けても機体を保護してくれるため安心できます。

機能はジェスチャー撮影、軌跡飛行モード、体感操作モードがあり、3DやVR画面などはスマートフォンの専用アプリで機体をコントロールできます。

このため、Holy Stone ドローン HT25は初心者からプロまで幅広く使えるカメラ付きドローンで、様々なシーンで空撮を楽しみたい場合におすすめです。

Holy Stone ドローン HS220

Holy Stone ドローン HS220の画像

出典:Holy Stone

Holy Stone ドローン HS220は、ホーリーストーンのカメラ付きドローンで、プラスチック製で重さは80gと非常に軽いのが特徴です。

会社 ホーリー・ストーン
価格 9,482円
重量 80g
飛行時間 15分
スマホとの接続 対応
写真撮影 Wi-Fiのカメラによる
動画撮影 720pHD

購入はこちらから

カメラは専用のWi-Fiカメラになり、720pHDで自撮りや様々な場所から撮影を楽しめます。

Holy Stone ドローン HS220は、高性能なジャイロを搭載し、自由自在に操れることが特徴です。

簡単にコントロールできる方法は以下の操作で、上昇や下降、前進、後進、左回し、右回し、高度維持、ヘッドレスモード、3D宙返りがあります。

飛行スピードは撮影場所や技術に合わせて4段階の中から選べ、スマートフォンアプリからの遠隔操作にも対応しています。

ヘッドレスモードは前後左右が固定されるため安定した飛行が可能で、地面との距離が1m以内であれば緊急停止も可能です。

フライトモードは折りたたみ式と展開式の二種類があり、アーム可変式で使う場所に応じて好みに合わせて選べます。

ドローンの操作はトラッキングフライトモードにすると指先でもでき、プロペラガードがあり屋内でもしやすく安心です。

Holy Stone ドローン HS220の価格は通常で9500円程度になりますが、アーム可変式で多くの機能があるためコスパが良い商品と言えます。

Holy Stone ドローン HS220は、リアルな仕上がりにこだわっている人向けであるため、初心者はある程度慣れてから利用することをおすすめします。

Holy Stone ドローン HS175

Holy Stone ドローン HS175の画像

出典:amazon

Holy Stone ドローン HS175は、ホーリーストーンのカメラ付きドローンで、4K動画撮影に対応しています。

会社 ホーリー・ストーン
価格 24,000円
重量 198g
飛行時間 66分
スマホとの接続 対応
写真撮影 4096x3072
動画撮影 4K

カメラは広い視野を撮影でき90度の角度調整も可能で、広い範囲で鮮明な映像を撮影してくれます。

このため、様々な目的や用途で使えるため、ドローンにこだわりがある人にはおすすめです。

飛行時間はバッテリー1個あたりで20分で、3個付属していて60分と長く楽しめます。

ドローンは機体にGPSを搭載しているため、リアルタイムに位置を確認できます。

また、送信機で指示した方向に移動してくれるので、周囲の状況が分かりやすく安全です。

専用ケースは機体やバッテリー、プロペラを収納できるため、持ち運びや保管をしやすいメリットがあります。

Holy Stone ドローン HS220の販売価格は2万4千円ですが、折りたたみ式で4Kカメラを搭載しています。

また、GPS機能もあるため使いやすいため、Holy Stone ドローン HS220はコスパが良いドローンであることが分かります。

Holy Stone ドローン HS700E

Holy Stone ドローン HS700Eの画像

出典:amazon

Holy Stone ドローン HS700Eは、ホーリーストーンのカメラ付きドローンで、4K動画撮影に対応しています。

会社 ホーリー・ストーン
価格 42,889円
重量 198g
飛行時間 60分
スマホとの接続 未対応
写真撮影 3840x2160
動画撮影 HD

カメラは広い視野を撮影でき、90度の角度調整も可能で鮮明な映像が撮影できるため、様々な目的で使えるドローンにこだわる人にはおすすめです。

飛行時間はバッテリー1個あたりで20分になり、3個付属していて60分と長く楽しめます。

ドローンの位置はGPSを搭載しているためリアルタイムで確認でき、送信機で指示した方向に移動してくれるので周囲の状況が分かりやすい特徴があります。

専用ケースは機体やバッテリー、プロペラを収納できるため、持ち運びや保管をしやすくなります。

販売価格は定価で2万4千円になりますが、折りたたみ式で4Kカメラを搭載し、GPS機能もあることを考慮するとコスパが良いドローンということが分かります。

Potensic ドローン DSDR01B

Potensic ドローン DSDR01Bの画像

出典:Amazon

Potensic ドローン DSDR01Bは、Potensicのカメラ付きドローンで、鳥のような機体の下部分に「SONYセンサー内蔵&4KUltraHDカメラ」を搭載しているのが特徴です。

会社 Potensic
価格 23,990円
重量 765g
飛行時間 31分間
スマホとの接続 対応
写真撮影 3840x2160
動画撮影 2.7K30fps

動画撮影は4Kで自働露出補正機能を搭載しているため、白飛びを減らした高画質撮影ができます。

また、カメラのレンズの角度は調整が可能で、FOVが78度で上下は90度と広範囲です。

価格は23,990円でUSB充電ケーブルやドローンバッテリー、予備のプロペラセットがあり、多くの機能がついています。

通常のトイドローンなら充電時間が6時間になりますが、2時間で充電が完了するためスムーズで使いやすいことが特徴です。

フライトモードは用途や場所に合わせて選ぶだけでドローンが自動で撮影を始め、操作をしやすく初心者から経験者までおすすめできます。

操作は伸縮式リモコンでゲーム機のコントローラーのようなもので、すべてのジョイスティックが上部の収納ボックスに格納されドローンに取り付けて使いやすいです。

Potensic ドローン DSDR01Bの設計はオールインワンでシンプルな構造で、プロペラをわずか10秒で設置できることが特徴です。

また、300km以内のエリアでは二度と校正する必要がなく、手間を省けるため初心者向けのドローンと言えます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ファイル名: 【2020年最新】ドローンを購入することが出来るお店、または売っている場所.jpg

    ドローンを購入することが出来るお店・ドローンが売っている場所を紹介【ドンキホーテ】

  2. 【2022年最新】ドローンの人気ランキング紹介!人気の理由も解説!

  3. ドローン検定・免許の難易度や合格率は?試験対策も解説!

  4. DJI RSC 2公式サイトの画像

    DJI RSC 2を紹介【優れた携帯性とハイパフォーマンスのプロ用カメラジンバル】

  5. 黒い箱の上に乗るドローンの写真

    【楽天市場×ドローン】楽天で購入できるドローンを紹介!

  6. 【2022年最新】ドローン国家資格・免許制度の最新情報まとめ!民間資格との違いも解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
お得なキャッシュバック情報はLINEから!
友達追加はこちら
お得なキャッシュバック情報はLINEから
友達追加はこちら