ドローンの仕事の需要はどれくらい?職種や年収を徹底調査!

ドローンの仕事の需要はどれくらい?職種や年収を徹底調査!

ドローンの仕事は、今や急成長を遂げる新たな職業の一つとして注目されています。

空撮カメラマン、測量点検、農薬散布など、多岐にわたるドローン関連の職種が存在し、需要が年々拡大しています。

では、ドローンに関わる仕事の需要はどれほどあるのか、年収はいくらあるのかと思いませんか。

この記事では、ドローンの仕事の現状将来性、さらには資格取得スキル習得の重要性を解説します。

この記事を読むとわかること
・ドローン産業の成長と仕事の現状
・ドローンの仕事の種類と年収
・ドローンの仕事に就くためのスクールの重要性

ドローンを利用した仕事の需要は増え続けている

現代のテクノロジーの進歩とともに、ドローンを活用した仕事の需要は急速に成長しています。

ドローンは空撮や測量、農業、建設など、多様な業界で幅広く活用されているのです。

その結果、ドローンの市場規模は拡大を続けており、ますます多くの仕事の機会が生まれています。

 ドローンの市場規模は拡大し続けている

ドローンの市場は今や急成長を遂げており、その規模はますます拡大しています。

2021年度の日本国内のドローンビジネス市場規模は前年比25.4%増の2308億円であり、2022年度にはさらに拡大し、3099億円に達する見込みです。

将来的には2027年度には8000億円程度にまで成長すると予測されています。

このような成長率と市場の拡大により、多くの企業や個人がドローンを利用した仕事に参入しています。

空撮、測量、農業、建設など、ドローンの利用領域は広がる一方で、新たなビジネスチャンスが次々と生まれている状況なのです。

この成長トレンドは今後も続くと予想され、ドローンを仕事にする上で絶好の機会となっています。

幅広い活用法が生まれている

ドローンの活用法はますます多様化しています。

例えば、空撮や映像制作、建築や土木の測量、建設現場の点検、農業の効率化、災害調査など、さまざまな業界でドローンの利用が進んでいるのです。

特に空撮や測量などの分野では、ドローンの活用により作業効率が向上し、コスト削減が可能となりました。

このような幅広い活用法は、ドローン関連の仕事の需要を一層高めています。

技術の進歩と革新

ドローンの技術は目覚ましい進化を遂げています。

飛行時間の延長、高精度な制御システム、センサー技術の向上など、日々新しい機能や性能が追加されているからです。

これにより、より安定した飛行や高品質な映像・データ収集が可能となり、さまざまな業務でドローンの利用価値が高まっています。

また、自動飛行やAI技術の組み合わせにより、より効率的で自動化された作業が可能となりました。

上記のように、成長し続ける市場規模幅広い活用方法技術の進歩と革新がドローンを利用した仕事の需要増加の要因となっています。

ドローンを使用した職種や年収は?

さまざまな業界で幅広く活用されるドローンですが、ドローンを使った仕事も活躍できる分野に広がりを見せています。

その中で、今後成長の見込まれる以下の5つの職種の仕事の需要や年収を紹介します。

・空撮カメラマン
・ドローン技師
・測量点検
・農薬散布
・ドローンスクール講師

空撮カメラマンの仕事内容と年収

空撮カメラマンは、ドローンを使って美しい映像や写真を撮影するプロフェッショナルです。

風景、建築物、イベントなど様々なシーンで活躍し、クライアントのニーズに応じた映像を制作します。

空撮カメラマンは、ドローンの操縦に加えて、撮影技術も必要です。

空撮カメラマンの年収は、どれくらい稼げるのでしょうか。

個人でフリーランスとして働くのか、ドローンの空撮映像を制作する会社に属して働くのか、雇用形態によって大きく異なる部分です。

経験やプロジェクトの規模によって異なりますが、会社勤め場合、平均的な年収は350万円から500万円程です。

フリーランスの場合、生活を支える金額に満たない可能性もあれば、有名な空撮カメラマンとなればかなりの年収が期待できる可能性もあります。

ドローン技師の仕事内容と年収

ドローン技師は、ドローンの制作、メンテナンス、修理、改良などを担当する専門家です。

動作確認やトラブルシューティングも行い、ドローンの安全な運用をサポートします。

ドローンのソフトウェアやハードウェア、アプリケーションの専門的な知識が必要です。

また、ドローンの用途に応じた知識も必要となります。

農薬散布で使用するのであれば、農薬に関する基礎知識や散布方法など理解しておく必要があります。

ドローン技師の年収は、企画や制作に携わる仕事では年収が高く、500万円から700万円程度とドローンの仕事の中で高収入な分野です。

測量点検の仕事内容と年収

ドローンの測量点検は、ドローンを使って建物や土地の点検や調査する仕事です。

精密な測量データの収集や解析を通じて、地形や施設の詳細な情報を提供します。

従来は、人が測定機器を持って歩くか、ヘリコプターなどを使って上空から撮影して測量点検していました。

ドローンを使うことで、時間や手間、費用を大きく削減できるためニーズが高まっている分野です。

ドローン測量点検の仕事は、土木や建築、そして測量そのものに関する知識が必要となります。

ドローン測量の職に就くために絶対に必要な資格はありませんが、測量士や測量士補の国家資格は必須と言えるでしょう。

測量点検の平均的な年収は330万円から520万円程です。

ドローン測量点検の仕事は、ゼネコンや建設会社の内部の人間が仕事の一環として担当することが多くなりつつあります。

農薬散布の仕事内容と年収

農薬散布の仕事では、ドローンを使って農作物に必要な農薬や肥料を効率的に散布します。

従来の方法では測量点検と同様に、人が機器を持って農薬を散布しながら歩くか、ヘリコプターなどを使って上空から農薬を散布していました。

農産業では、慢性的な人手不足や作業者の高齢化などの課題を抱えているため、作業時間の短縮や作業負担が軽くできるドローンの導入に大きな期待が寄せられています。

農業用ドローンで農薬散布する仕事では、農薬の知識に加えて、ドローンの機種に合わせた技術認定が必須となります。

複数の機種を扱う場合は、それぞれの機種ごとに講習を受ける必要がありますので注意しましょう。

農薬散布の年収は、平均的な年収は320万円から510万円程です

ドローンによる農薬散布は請負で仕事を受注できますが、農薬散布の時期は夏季に集中するためほかのビジネスとの兼業になるでしょう。

ドローンスクール講師の仕事内容と年収

ドローンスクール講師は、ドローンの操作や飛行技術を指導する役割を担います。

初心者やプロの操縦士に向けて、主に以下について教えます。

  • ドローンを安全に操縦するための技術
  • ドローンに関する法律や必要になる申請などの基礎知識

ドローンの目覚ましい技術の進歩に対応する必要があり、技術や知識のブラッシュアップが不可欠です。

ドローンスクールで働く場合は、そのスクールが認定を受けている団体のインストラクター資格の取得が必要です。

講師の立場として、受講生が取りたい資格は自身も資格取得しておくと信頼度が上がりますので、スクールがどのような内容を教えているのか調べておくとよいでしょう。

ドローンスクールで講師をした場合の年収は、300万円から400万円程度が相場です。

ドローンを仕事にするにはスクールに通って資格を取得するのが近道!

ドローン産業の成長に伴い、ドローンを仕事にする人が増えてきました。

このように競争が激化する環境では、ドローンの資格を取得することは専門性や権威性を得るために重要な一歩となります。

ドローンを仕事にするには、スクールに通ってドローンに関する知識やスキルを習得することが近道です。

スクールに通うことのメリット
・専門的な知識とスキルが身につけられる
・資格取得で自身のスキルと能力を証明できる
・仕事を獲得する上で資格が有利になる
・業界のネットワークやコミュニティができる

スクールでは、安全な飛行方法、航空規制、映像制作、測量技術など、多岐にわたる技術と知識をセットで学習できます

資格取得プログラムは、綿密なカリキュラムや実践的なトレーニングを通じて、プロフェッショナルなドローン操縦士や専門家としてのスキルを磨くための理想的な環境があります。

一方で、「ドローンスクールに通って資格を取得すればドローンを使った仕事に就ける」わけではありません。

それでもスクールをおすすめする理由は、ドローンスクールでの学習と資格取得は、自身のキャリアの成長と仕事の獲得につながる重要な第一歩となるからです。

競争の激しいドローン産業で差別化を図るために、スクールでの学習は必要不可欠な要素となります。

自分がどの分野に就職したいかを明確にして、目標に沿ったカリキュラムがあるドローンスクールを選ぶことが重要です。

ドローンの仕事の需要はどれくらい?職種や年収を徹底調査! まとめ

ドローンを活用した仕事の需要は、テクノロジーの進化とともに拡大を続けています。

今回取り上げた5つのドローンを使った仕事は、ドローン技術の普及と需要の増加に伴い、成長の見込まれる分野です。

それぞれの年収は以下の通りです。

職種 年収
空撮カメラマン 350万円から500万円程度
ドローン技師 500万円から700万円程度
測量点検 330万円から520万円程度
農薬散布 320万円から510万円程度
ドローンスクール講師 300万円から400万円程度

ドローンを使った仕事をする場合、職種ごとの専門的な技能に加えて、ドローンを操縦する技術と知識が必要になります。

そのため、ドローンスクールで、実技を通してドローンに関する知識やスキルを習得することが近道です。

ドローンの仕事に興味を持ったら、まずはドローンスクールに通ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. Holy Stoneのドローンを徹底解説!おすすめの機種も紹介

  2. JUIDA認定資格の申請方法は?認定証の手続きや申請にかかる費用を解説

  3. HS210Proの画像

    【HolyStone HS210シリーズ】多機能ミニドローンのスペックまとめ

  4. 【HolyStone HS720シリーズ】4Kカメラ搭載ミニドローンのスペックまとめ

  5. JUIDA認定スクールとは?ドローンスクールの料金相場や選ぶ際のポイントを解説

  6. ドローンの仕事は副業でもできる?具体的な職種やメリット・注意点を解説

    ドローンの仕事は副業でもできる?具体的な職種やメリット・注意点を解説

おすすめのドローンスクールはこちら
無料説明会はこちらから
おすすめのドローンスクールはこちら
無料説明会はこちらから